セックスの満足度を上げるにはどうしたらいい?



マッチングアプリ ランキング

気持ちいいセックス・・・男女にギャップがある!?

「気持ちいいセックス」と聞いて、どんなイメージを持たれるでしょうか?

実はセックスにおける「気持ちいい」に関しては、男女で感じ方の差があるんです。

このギャップを埋めないと、双方が満足するようなセックスにはなりません。

自分もセックスを楽しみながらパートナーの女性にも気持ちいいと感じてもらうには、どうしたらいいのでしょうか?

男性は長く深い「ピストン運動」を好む

まず男性が思う気持ちいいセックスについてです。男性が陰茎がこすれることで性的な快感を得ます。

なので大きくグラインドするようなピストンをしがち。

セックスで挿入したあとも、振り幅の大きいピストンを繰り返すことが多いです。

そうすればペニスがしっかり擦れて、気持ちいいセックスになるからです。

ただ女性は大きいグラインドのセックス=気持ちいいセックスとは感じていません。

長く深いピストン運動が好きなのは、男性にとってだけです。

女性が好きなセックスは小刻みな振動

セックス

女性の体の中にはさまざまな性感帯があります。

クリトリスやGスポット、ポルチオなどがこれに当たります。

こういった性感帯は、小刻みに刺激されると、女性の性的快感につながるといいます。

なので男性は女性を気持ちよくさせたいのであれば、セックスにおいて小刻みなセックスをするべきです。

ペニスを小刻みに出し入れすることで、女性の体の中の性感帯はこまめに刺激されてより気持ちよくなれるといいます。

男性は独りよがりになってはいけない

男女で「気持ちいいセックス」に差がある以上、お互いを思い合って刺激し合うということが必要となってきます。

とくにセックスにおいて男性が独りよがりになってしまう傾向があるので、注意してください。

長く深いピストンよりも、小刻みに刺激を与えてあげるようなセックスをすれば女性を絶頂に導くことができるでしょう。

今までの自分のセックスを一度見直してみてください。

気持ちよくなるためのおすすめ体位とポイント

さてここからは具体的な体位の話をしていきましょう。

それぞれの体位でもっと気持ちいいセックスをするためには、どのようなポイントを抑えればいいのでしょうか?

さまざまな体位で気をつけたいポイントをまとめました。

いろいろな体位に挑戦して、気持ちいいセックスを目指していきましょう。

定番の正常位

正常位はセックスの体位の基本、ほとんどのカップルまたは夫婦が実践している体位かと思います。

正常位で挿入したら、男性は両手を女性の顔の横のあたりについて腰を振っていきましょう。

そうすると安定したピストンができるはずです。

引くときには体全体ではなく、腰だけを動かすのがポイントです。

正常位では、男女がお互いに見つめ合いながらセックスができるというのが利点。

なのでピストンしながら「気持ちいい?」「好きだよ」など、女性に声を投げかけてあげるといいでしょう。

女性も無言でセックスするよりも、こうしてコミュニケーションをとりながらする方が安心します。

騎乗位

カップル セックス

女性が主体になることが多い騎乗位。

基本的には女性の動きにお任せしていい体位ですが、男性は女性の動きに合わせて腰を手で持ち上げてあげるといいでしょう。

女性の動きの補助のようになって、より気持ちいいセックスができるはずです。

騎乗位は女性の負担が大きくなってしまう体位です。

なので男性は他の体位以上に、女性を気遣ってあげましょう。

疲れていないか、無理していないか、ちゃんと確認してあげてくださいね。

バック

より深い挿入ができるバックも、気持ちいいセックスには欠かせません。

この体位は女性のGスポットという性感帯に当たりやすいので、より女性が快感を得やすい体位とも言われています。

女性を満足させたいのであれば、バックのテクニックを磨くことがおすすめ。

気持ちいいバックセックスができるようになりましょう。

他の体位に比べて、バックは男性が腰を激しく振れば振るほど女性にも快感が伝わりやすいと言われています。

なので男性も遠慮なく腰を振ってピストンしてOKです。

ただ初めから激しくすると女性を傷つけてしまう可能性があるので、徐々にピストンの強度を強めていくようにしてくださいね。

対面座位

セックス

対面座位は女性が好きな体位として有名です。

大きくグラインドしたりピストンしたりすることはできませんが、お互い向かい合ってセックスができるので親愛度が高まります。

この体位も正常位と同じく、女性と会話しながら楽しむのがおすすめです。

セックスしながらキスができるのもいいですね!

座位のいいところは他にもあります。ペニスが小さい男性でも、深く挿入できるので女性の満足度が上がるのが座位のメリット。

他の体位では得られない快感を得ることができるでしょう。

側位

なかなか実践する方が少ない測位ですが、気持ちいいセックスをするためにはぜひ取り入れて欲しい体位です。

側位は男女が寝転がりながら挿入できるという体位で、体への負荷が少ないのが特徴です。

女性が上になっている足を少し前に出すと、男性はペニスを挿入しやすくなります。

ピストンに集中しすぎず、女性の胸を揉んであげたり耳を愛撫したりすると気持ちいいセックスができるでしょう。

女性からすると犯されている雰囲気も出るので、Mっけがある女性にとっては興奮しやすい体位です。

女性が好きな体位は?

カップル デート

女性が好きな体位は正常位や座位だと言われています。

もちろん個人個人で好みはあると思いますが、女性は男性とより密着しながらできるセックスが好きな傾向があるのです。

女性にとって気持ちいいセックスを目指すなら、正常位や座位を多く取り入れていくことをおすすめします。

「スローセックス」を実践しよう

男性でも一度は耳にしたことがあるでしょう。

スローセックスとは、挿入よりも愛撫や言葉責めに重きを置いたセックスです。

女性が気持ちいいと感じるセックスがこのスローセックス・・・まだ実践したことがないという男性はぜひ試してみましょう。

スローセックスで脳内から気持ちよく

挿入までの時間がとにかく長いのがスローセックスの特徴です。

愛撫や言葉責めに重点を置いているので、挿入をゴールとしていないのがこのセックスの持ち味。

女性の体を愛撫するときも、手のひらのくぼみをつかって円を描くようなイメージで丹念に行っていきましょう。

部屋の雰囲気づくりもスローセックスにおいては大切。

アロマキャンドルを焚いたり、ジャズをBGMで流すとよりセックスの雰囲気が高まっていきますよ。

女性の脳内興奮にもつながりやすでし。

女性にを焦らすことが気持ちいいセックスにつながる

女性が「じれったい!」と感じれば感じるほど、スローセックスは気持ちいいセックスになっていきます。

挿入をじらして、挿入したあともピストンをせずにしばらく静止状態を続けるのがポイントです。

女性の方から男性を欲しがるようになるまで、焦らしてあげましょう。

この静止状態を取り入れると女性の感度がぐっと増すそうです。ぜひ普段のセックスにも取り入れてください♪

男性の努力次第でセックスの質は上がる

気持ちいいセックスを実践するには、コツを掴んだり動きになれたりする必要があります。

努力次第でセックスはどんどんクオリティが上がっていきますし、男性の意欲次第で女性を気持ちいいセックスに導くことができます。

今回ご紹介したテクニックをふんだんに取り入れて、ぜひ自分もパートナーも気持ちいいと思えるセックスを目指していきましょう!