セックスレスになる原因って?対処法は!?



マッチングアプリ ランキング

どこからがセックスレスのボーダー?

最近パートナーとのセックスの回数が減っているなと感じている方はいませんか?

日本人はただでさえパートナーとのセックス回数が少ない国、それだけでなく年齢を重ねるごとにさらに頻度が減る傾向があるとも言われています。

そもそもセックスレスのボーダーというのはどこにあるのでしょうか。

一般的には1ヶ月全く性的なふれあいがないことをセックスですということが多いそうです。

ただこれはカップルや夫婦によって感覚が異なるものだと思います。

1ヶ月全くセックスをしていなくても特に不満がないという人も少なくないでしょう。

なので明確なセックスレスのボーダーというのは実は決まっていないのです。

ただ目安は1ヶ月、というのを頭の片隅に入れておいてください。

なぜセックスレスで悩む人が多いのか

セックスレスで悩んでいるのは男性だけではありません。

女性でもセックスレスで悩んでいる方は大勢います。

どうして男女ともにセックスレスで悩む人が多いのでしょうか?

それはなかなかパートナーに言いづらい悩みだからというのが関係しています。

「セックスがしたい」というのは人間が持つべき真っ当な欲求のはずなのですが…

これを口に出したり相手に打ち明けるのは、はしたないというイメージがどこかにあります。

悩みを持つこともそれを分かっているので、なかなか相手に打ち明けられなくなってしまうのです。

これがセックスレスがいつまでも解決しない悩みになってしまう所以だといいます。

セックスレスだと何がいけないの?

セックスレスをそのまま問題として放置してしまうと、カップル間や夫婦間で様々なトラブルに発展してしまいます。

セックスがしたいという欲求をそのままにして蓋をするという状況は、イライラやストレスをためる要因になるのです。

このイライラがパートナーに向いてしまって、あらぬ喧嘩が起こるなんてことも珍しくありません。

セックスレスが原因で関係がギクシャクしてしまうことは必然とも言えるでしょう。

最悪な場合破局や離婚などにも発展してしまいますので、心当たりがある方は早めにセックスレスの解消を目指しましょう。

どうしてセックスレスになってしまうのか…原因は?

それではどうしてセックスレスになってしまうのか、詳しい原因を知っていきましょう。

レスの原因はひとつではありません、色々な要素が複雑に絡み合っていることもあります。

セックスレスの方は自分がどの原因に該当するのか今一度考えてみてください。

セックスレスの原因①肉体的な疲労

仕事や家事育児などで肉体的な疲労がたまっていると、なかなかセックスにまで気が回らなくなってしまいます。

例えば夫婦共働きの家庭で奥さんに著しく家事や育児の負担がかかっている場合、 旦那さんがいくら夜の営みを求めても奥さんは快く応じてくれないでしょう。

体が疲れているとそもそもセックスをする体力がありませんし、セックスよりも体を休めることを優先したい…という心理が働くのでどうしてもセックスに意欲的になれないのです。

肉体的な疲労はレスを誘発します。

セックスレスの原因②ストレス

肉体的な疲労だけでなく精神的な負担も、セックスレスを引き起こす原因になります。

仕事の人間関係がうまくいっていない・仕事で過度なプレッシャーがかかっているなど、家庭以外のストレスがセックスレスにつながることが多々あるようです。

男性のセックスレスはストレスが原因なことが多いです。

彼女や奥さんが誘ってもなかなか男性が応じてくれない場合は、仕事などで精神的なストレスを背負いすぎているかもしれません。

心に不安要素を抱えていると、セックスに対して消極的になる傾向があるのです。

セックスレスの原因③性的な興奮の欠如

セックスパートナーが長年同じだとマンネリ感を感じてしまう人もいます。

マンネリが続くとセックスにおいて刺激を感じることが少なくなり、行為をめんどくさく感じるということが増えていきます。

こういったセックスレスの原因もあるということを覚えておいてください。

皮肉な話ですが中には浮気相手ができたことによってパートナーとの夜の営みが復活したということもあるようです。

これは浮気相手とのセックスによって、パートナーにまた新鮮味を感じるようになるから。

やはり人間は学習する生き物ですから、長らく同じ相手と性行為していると飽きが生じることもあるのでです。

どうしたらセックスレスを解消できるの!?

セックスレスはそのままにしておくと大変危険。なのでできるだけ早く対処し、解消するのがおすすめです!

どうしたらセックスレスを解消できるのでしょうか。

いくつか方法をご紹介しますので、是非実践してください。

相手の疲労やストレスを解消してあげる

自分が求めているのになかなか相手がセックスに応じてくれない時は相手の疲労やストレスを解消することをまず目指しましょう。

肉体的疲労や精神的ストレスが溜まった状態だと、あなたにどれだけ魅力があってもなかなかセックスしようという気になれません。

落ち込む前にまず相手の疲労やストレスを解消するお手伝いをしてあげてください。

一緒に住んでいる方は、相手の家事の分担を減らすというのもいいかもしれません。

仕事で生じるストレスは関与することができませんが、生じたストレスの解消を促すことはあなたにもできます。

一緒に体を動かしたり、温泉に入ったりするのがおすすめです。

マッサージしてあげるのもいいでしょう、コミュニケーションにもつながりますね。

場所や雰囲気を変えてみる

いつも生活している家だと、新鮮味がなくなかなかセックスしようという気持ちが湧いてきません。

セックスレスになっている夫婦やカップルは思い切って外でのセックスを楽しんでみてはいかがでしょうか?

外と言っても野外のことではありません(笑)

ラブホテルや旅館など家以外の場所でセックスをするのです。

場所や雰囲気を変えるだけでぐっと新鮮みが増して性欲がはかどることが多いと言います。

時間に余裕のある方は是非こういった方法もトライしてみるのがいいでしょう。

週末を利用してセックスレス打破を決めてください!

話し合うというのも方法としておすすめ

セックスレスというのは片方が思い詰めるほど悩むということが多いです。

例えば夫婦間でも旦那さんが悶々とセックスレスについて悩んでいる、しかし一方で奥さんは全くセックスレスについて不満がない。

こうなると旦那さんだけがどんどん悩みのドツボにはまってしまいます。

セックスレスはなかなか相手に打ち明け辛い悩みですが、そのままにしていても解消しません。

思い切って相手にセックスレスで悩んでいるということを伝えましょう!

そこで初めてパートナーが悩んでいるということに気づいてくれるかもしれません。

まずは悩みを共有するということが大事、解決への第一歩になることでしょう。

相手にも何か夜の営みができない理由があるのかもしれませんよね。

それを知れば二人でセックスレスについて話し合い理解を深めることができるはずです。

セックスレスが放置しないで!早めの解決を!

セックスレスで悩んでいる時はとにかく早めにアクションを起こしましょう。

何年もセックスレスの状態が続いているとだんだん悩んでること自体に疲れてきて諦めの気持ちが生じてしまいます。

そうなるともう解決が難しくなってしまうでしょう。

そのなる前に何か解決のアクションをしていくことが重要です。

諦めて性欲が枯れ果ててしまう前に、しっかり対策すべきなのです!頑張りましょう!