処女は重い!?バージン女性が重いと思われてしまう原因とは

一度もセックスをしたことがない女性のことを処女と言います。
最近は初体験する年齢の平均というのもぐんぐん上がっていて、30代でもバージンと言う女性が珍しくありません。

そんな中で男性は徐々に対してどのような感情を抱いているのか…。
やはり多くの男性が処女重いという認識だそうです。

どうして徐々に対して重いという感情を持ってしまうのか、その原因について考えていきましょう。


精力剤 ランキング

処女が重いと思われてしまう理由①面倒くさい女だと疑われる

10代20代と年齢を重ねていく上で、自然にパートナーを見つけセックスするというのは当たり前だと思われています
いい歳して異性との交際経験が全くなく、セックスをしたことがないという女性に対して、男性は不自然さを感じてしまうのです。

10代の処女と30代の処女では男性からの目は全く異なります。
そこそこの年齢でセックスの経験がないということは、面倒くさくて地雷女なのではないか…。

そういったネガティブな感情が男性の中に芽生えてしまいます。
男性と交際経験がないということは男性から今ので魅力的に思われたことがない、そんな女性がいい女だわけがない。

悲しいですがこのように考える男性も少なくないのです。

処女が重いと思われてしまう理由②自分が初めての相手という責任感

女性の初めてのセックスの相手が自分というのは、男性にとって大きなプレッシャーになるようです。
相手に痛みを与えてしまったらどうしよう、相手が不快に思ったらどうしよう、といった様々な感情が男性の頭の中を駆け巡ります。

どれだけ相手のことを好きになったとしても処女だということが分かればこういった不安な気持ちが押し寄せてしまうのです。
自分がヴァージンをもらうという責任感を、受け止めきれない男性が多い…。

これも下が重いと思われてしまう原因のうちの一つ。
女性からするとそんなに責任を感じなくてもいいのにと思ってしまいますが、男性は処女に対して言われもないプレッシャーを抱いてしまうのです。

処女が重いと思われてしまう理由③処女とセックスするのがめんどくさい

処女ということはセックスするのが初めて、初めての女性に対しては色々な配慮をしなくてはなりません。
女性自身が自分の体についてまだまだ理解が浅く、一緒に開発していく必要があります。

もちろんそれに対して意欲的な男性もいるかもしれませんが、多くの男性がそれを面倒くさいと感じるのです。
非処女であれば自分の気持ちいいポイントも分かっていますし、セックスを楽しむ余裕もあるでしょう。

しかし処女だとそういった要素が全くなく、楽しいセックスができないかもしれない…。
これが男性の中にある処女への正直な気持ちです。

徐々に対して重いと感じてしまう男性の多くが、面倒くさくセックスを楽しめないと感じています。

処女が重いと思われてしまう理由④のちのち粘着されそう

女性からすると処女を失うということはそこまで大きなことではありませんが、なぜか男性は大事と捉えてしまうことが多いです。
「処女をあげたんだから私のことを一生大事にして!」と相手から言われるんじゃないか…そんな疑念に捕らわれてしまうような人も少なくありません。

セックスしたあとに粘着質になる女性はほとんどいないと思いますが、なぜか「処女=セックス後に粘着してきそう」というイメージが付いて回っています。
変に粘着してきそうということを察知して、処女を避けるような男性もいるのです。

処女が重いと思われてしまう理由⑤色気を感じない

初めてのセックスだといっぱいいっぱいになってしまって、なかなか色気を出せないというのが徐々に対する男性のイメージです。
せっかくセックスをしているのに女性の色気を感じることができないのはつまらない、でも初めてのセックスだし相手を楽しませなければならない。

そういった煩わしいことが山積みになり、男性が処女に対して重いという感情を持ってしまうのです。
処女が色気を出せないというのはホラのような気もしますが、男性の中にはこういった固定観念にとらわれている人が少なくありません。

色気ムンムンのセクシーな非処女の方が男性にとっては魅力的なのでしょう…。

処女でも重いと感じさせないようなセックスができる?

処女が重いというのは男性の勝手なイメージや固定観念から来ている幻想、そのように主張している女性も多いです。
重い処女もいるかもしれませんが、全ての処女が重いわけではありません。

男性から重いと思われたくない女性は、できるだけそう思われないような対策をとっていきましょう。

男性に処女が重いと思われないようにする方法①身なりをきっちり整える

いかにも男性経験がありませんというような垢抜けないルックスでは、なかなか男性をその気にさせることができません。
やはり色気を感じることができなければ、処女とセックスしようという気持ちにはなかなかならないのが男性の性。

重いと思われないためにはできるだけルックスを磨いて、ムードを高められるようにしましょう。
相手の男性も「こんなにルックスがきちんとしているのに処女なの?」と思い、処女=今までモテなかったからという考えを改めてくれるかもしれません。

身だしなみを整えれば、セックスしたあとに粘着するような女には到底見えないでしょう。
たとえ処女だとしても重いと感じる要素はなくなります。

男性に処女が重いと思われないようにする方法②ノリをよくする

男性と円滑なコミュニケーションをとることができれば重い処女とは思われないでしょう。
お酒の場で楽しく会話をする、ある程度下ネタにも寛大、などの要素があれば処女でも男性からのアプローチを受けることができます。

処女だとなんとなく恋愛の話がNGという空気が出てしまいますが…できればそういった雰囲気も一蹴できるように努力しましょう。
今まで好きになった男性の話や、実らなかった恋愛の話など、処女でもきちんと恋愛の話ができるというところを見せてください。

そうすれば例え処女であっても暗い重々しい雰囲気にはならないはずです。

男性に処女が重いと思われないようにする方法③処女でいることを恥じていない

自分が処女だということにコンプレックスを持ってしまうとそれを男性に設置されてしまいます。
自分は処女だから…男性経験がないから…と、ネガティブになるのはやめましょう。

処女だということに誇りを持って、恥ずかしいという気持ちを捨てることができれば重い女になることもありません。
「結婚するまでバージンは守りたい」と胸を張っているような処女であれば、男性も重いという感情を抱かないはずです。実際に海外ではそういう女性が多いと聞きます。

日本の女性も自分の処女を恥じることなく、胸を張ってバージョンだと言えるようになれればベストです。

無理に処女を捨てなくてもいい…

ある程度の年齢になると自分が男性経験がないという事実に焦ることもあるでしょう。
しかし焦ってセックスをしてもあなたのプラスにはなりません、むしろ後から適当な相手でバージンを捨てたことを後悔するかも…。

無理に処女を捨てる必要はありませんから、たとえ重いと思われていてもあなたらしく生きてください。
本当にセックスしたい相手が現れるまで、処女を守りきることも大事。

重いと思われたくない女性は自分磨きを忘れず、できるだけ一緒ということに誇りを持って胸を張るようにしましょう!