男性が意外と知らない潮吹きのメカニズムとは!?


精力剤 ランキング

潮吹きは男性で言う射精にあたるもの

潮吹きという言葉を耳にしたことがある方は多いでしょう。
特にアダルトビデオなどに、潮を吹く女性はよく出てきますよね。

女性が性的な快感を感じると潮吹きをする…というイメージを皆さん持っているんじゃないでしょうか。
詳しい潮吹きのメカニズムを知っている方はそんなに多くないかと思います。

潮吹きというのは女性がオーガズムに達した時に尿道から液体を分泌することを指します。
男性でいうところの射精にあたのが潮吹き…と言われているようです。

実は潮吹きで尿道から出る液体はおしっこと同じ成分です。この辺りは女性でもあまり知っている人がいないかもしれませんね。

潮吹きをしたことがある女性はどれくらいいるの?

アダルトビデオの中でしか女性の潮吹きを見たことがない方も多いでしょう。
実際に女性にアンケートを取ってみると、今まで潮吹きしたことがある女性はおよそ3割~4割程度。

こうして数値として見てみると、案外多いと感じるかもしれませんね。
女性の3人に1人はオーガズムに達した時に尿道から潮を吹くということになります。

それではこの潮吹きという現象がどのようなメカニズムで起こるのか、もっと詳しく見ていきましょう 。
男性もSEXパートナーの体の原理について知ると、より奥行きのあるセックスができるようになりますよ!

潮を吹くというメカニズムについて

女性は潮を尿道から噴射します。
ただただ気持ちいいから潮吹きをするというわけではなく、とある性感帯を刺激されると潮を吹くのです。

その性感帯の場所とはGスポット。
Gスポットは膣口から2 ~3cmぐらいの場所にある 女性の性感帯の場所を指します。

指で簡単に刺激できる場所なので手吹きで愛撫するということも出来ますし、ペニスを挿入してピストンした時にも刺激できるポイントとなります。
このGスポットが刺激されて女性がオーガズムに達すると膣から潮が噴射するのです。

おしっこが漏れそうな気持ちになるのが潮吹き

女性は潮吹きする直前に「漏れそう」という気持ちになります。
これは潮が尿道を通ってくるから、おしっこをする感覚と潮吹く感覚はとても似ているのです。

よくアダルトビデオなので潮吹きする直前に女優さんが「漏れちゃう」と叫んでいる様子が映っていますが、これは演技ではなく本当にこのように思っています。
潮吹きの液体はおしっこと同じ成分だと言いましたが、厳密には無色透明でおしっこよりも少し粘り気がある液体です。

この潮は人によって出る量や臭いなども異なってくると言います。
とても勢いよく潮を噴射する女性もいるので、プレイの一種としてもよく潮吹きが用いられますね。

彼女と一緒にしよう!潮吹きの練習方法

今まで潮を吹いたことがないという女性でも、練習すれば自ずと吹けるようになるといいます。
もし男性で「彼女に潮を吹いてもらいたい」と思っている方がいれば、彼女と一緒に練習してみてはいかがでしょうか?

彼女がしっかり意思を吹けるようになると男性も「ちゃんと気持ちよくできている」ことが分かって自信にもつながります。

潮吹き練習方法①心をリラックスさせる

潮を吹くにはGスポットを刺激していきますが、Gスポットは体がガチガチに緊張した状態ではなかなか性感帯としての働きを発揮できません。
女性はオーガズムに達する為に出来るだけ体の緊張ほぐしてリラックスした状態を保ちましょう。

SEXで緊張してしまうのはしょうがないことですが、あまりにもガチガチになってしまう時はアロマを焚いたりゆったりとしたBGMを流すなどしてリラックスできるような雰囲気を作り出しましょう。

これに加えて、男性が優しく愛撫してあげれば体の緊張もほぐれていくはずです。

潮吹き練習方法②ローターやバイブを使ってみる

Gスポットを刺激する時に一番簡単なのは指を使う方法です。
Gスポットは膣口から2~3cmのところにあるのでもちろん指でも刺激できますが、ローターやバイブを使うとより簡単に女性がオーガズムを得られるようになるといいます。

セックスのテクニックに自信のない男性はこう言った表に頼るのもおすすめですよ。
ただいきなりおもちゃを挿入すると膣が濡れていなくて女性が痛がってしまう可能性があります。

まずはしっかり全身を愛撫してあげて、女性が愛液を出せるようにしてあげてください。
愛液が出にくい女性もいるのでそういう場合はローションやオイルを活用してあげましょう。

潮吹き練習方法③小刻みに指を動かす

バイブやローターは自動的に振動しますが、指は自分で動かさないと女性を気持ちよくさせることができません。
指の動かし方ですが、ガシガシと大きなグラインドで動かすのはダメです。

アダルトビデオなどでは男性が激しく女性に手吹きをしているシーンを見かけますが、あれは AV 上の演出だということを念頭においてください。
Gスポットを的確に優しく刺激するためには、小刻みに指を動かすことが必要になります。

ガシガシと指を出し入れするのではなく、第2関節だけを振動させてとんとんとGスポットを刺激してみてください。
これが女性の体を傷つけずに効率よくGスポットを刺激する指の動かし方になります。

防水シートを敷いておくのがおすすめ

セックスしている場所がラブホテルなどだったら不要ですが、家で潮吹きの練習をする時にはベッドや布団の上に防水シートを敷くのがおすすめです。
潮吹きで大量の潮が噴射されるとシーツや床がびしょびしょになってしまう可能性があります。

それを防ぐために防水シートを先にしておくと後処理がとっても楽チンです。
彼女がたくさん潮吹きできるようになったら、こういったものもどんどん活用していきましょう。

潮吹きする前に注意しておきたいこと

潮吹きで出る液体があまりにも大量だと体から水分がどんどん奪われていってしまいます。
たくさん潮を吹くということはたくさん汗をかくということと一緒で、水分補給をしないと体が干からびてしまうのです。

男性はパートナーをたくさん潮吹きさせたら、水分を摂るよう促してあげてください。
もちろんセックスの前にしっかり水分補給をしておくことも大事です。

これは潮吹きする女性だけでなく男性にもう必要なこと、セックスでは思った以上に汗をかくので事前に水分を取っておかないと脱水症状になってしまう可能性も出てきます。
水やお茶でもいいですがイオンを補給するという意味ではスポーツドリンクが一番おすすめです。

水分と一緒に塩分も取れると望ましいですね。

Gスポットの場所がわからないという場合…

男性にとって女性の G スポットというのは目視で確認できないので、なかなか探しづらいかもしれません。
いざ潮を吹かせようと思って G スポットのある場所を刺激してみても「本当にここであってるの?」と疑問になる男性も多いでしょう。

実践に女性に自分のGスポットの場所を把握してもらうのが一番手っ取り早いです。
女性がオナニーをするときに指で自分のGスポットを確認しておく、これをしておけばセックスの時に男性に自分のGスポットを探し当ててもらいやすくなります。

男性もGスポットの場所があやふやなまま愛撫するのではなく、思い切って女性に気持ちいい場所を聞いてみましょう。
せっかく一生懸命愛撫したのにGスポットではなかった…なんてことになったらとても悲惨ですよね。

「ここがGスポット?」「ここ触ってるけど気持ちいい?」など女性に聞きながらセックスを進めるのがおすすめ。
コミュニケーションの一環にもなりますよね!