何歳差まで許せる?年上彼女と付き合う男性の心理は?

男性は、年上の彼女に対してどのように思っているのでしょうか?
世間には、彼女が年上で男性が年下というカップルも多くいます。
そんな男性たちは、年上彼女の良いところと、良くないところとどんな風に感じているのでしょうか?
また、愛される年上彼女になるためにはどのようにするべきでしょうか?
そんな方法をご紹介いたします!

男性は何歳上の女性までがOK?

年上の女性との年齢差に関しては、多くの意見があります。
「そもそも年上女性との交際は考えられない」という意見もありますし、「10歳差でも平気」という意見もあります。
5歳差までという考え方が一番多いとは言いますが、こうしていくつかの例を挙げて考えてみると、年齢の差の上限は、あるようでないのかもしれません。
それぞれ、理想としていることはあるようですが、年齢=見た目年齢ではないことも事実です。
同じように、年齢=体年齢でないこともあり得ます。
見た目年とは、 顔つきや動作などの外見から推定した年齢と言われています。
体年齢は基礎代謝などから算出したもの、体を総合判定する指標になります。
男性から見て同じように10歳年上の女性でも、毎日筋トレをして鍛えている人とそうでない人では体の筋肉量が違うため、体年齢にも影響があります。
見た目にすごく気を遣う女性とそうでない女性では、見た目の印象も大きく違うでしょう。
実際の年齢よりも、若々しくいてくれるかということが大切なのかもしれませんね。

年上女性と付き合うメリット

包容力があるので頼れる

年上彼女は精神年齢も高く、考え方が大人のため男性の子供のような所も受け入れてくれるイメージがあるようです。
また、考え方が大人なことから頼れるというイメージも強く、困ったときには的確なイメージを貰えることがメリットとされています。
また、お付き合いの中で考え方の相違で喧嘩になったときも、年上彼女であれば優しく諭してもらえ、男性自身も素直の受け入れることができそうという声もあります。
それと同じように、甘えたいときにも甘えやすいという意見もあります。
年下彼女ですと、どちらかというと男性が甘えられる立場でリードしなければならないという気持ちが強くなってしまいます。
一方年上彼女であれば、そういったことなしに甘えたいときには甘えられるのです。
これは年上彼女ならではのことですね。

気配り上手

年上彼女はとにかくしっかり者で気配り上手というイメージが強いです。
そのため、知人とのお席などにも安心して同席ができると思うようです。
実際に、知人・友人とのお席で彼女が気配り上手だと安心しますし、男性自身も良い気分でいられますよね。
また、気配りが上手ということは、思いやりがあるということと紙一重です。
人の言動を見て、多くのことを察知し気が付く能力が高いということです。
そういった年上彼女との付き合いには不安が少なく安心できますよね。

年上女性と付き合うデメリット

結婚を意識せざるを得ないこと

年上女性は、お付き合いをする時点で結婚を意識している場合がほとんどです。
男性も女性の発言などからそのことを察知してしまうので、結婚を急かされているような気分になってしまいます。
女性が結婚を意識気軽なお付き合いとは
男性が結婚願望が強く早めに結婚をしたいと考えている場合には、年上彼女との相性が良いですね。
しかし、結婚をして出産をする場合の年齢的なリスクも考えなければなりません。
総合的に、考えなければならないことが多いことがデメリットと言えます。
 

母親や姉のようになってしまうこと

年上彼女は、面倒見がよく世話好きなところが多い反面、そのことが災いし鬱陶しく思われてしまうこともあります。
お母さんやお姉さんのようになってしまい過ぎると、女性としての扱いというよりは家族のように接されることが多くなり不満に繋がります。
また、男性自信もあまり細かく口を出されてしまうと嫌な気分になるようです。
年上彼女だからこそ世話を焼きたくなることもあるとは思いますが、そこをグッと堪えて接するようにしましょう。

年下から愛される年上彼女になるために

年齢的なことを気にしすぎてしまうのは、男性よりも年上彼女自信かもしれません。
年上なんだからしっかりしないと、などと思うと自分自信が疲れてしまいます。
また、年上彼女自身が気を遣い過ぎて頑張ってしまうと逆効果になることもあります。
デメリットでご紹介した母や姉になってしまうことになります。
たまには、彼に甘えてみましょう。
年上彼女に甘えられることで、一人前の男性として認められて気分になることができて男性自身にとっても良いのです。
年齢差をあまり気にすることなく、たまには甘えてみましょう。
男性は、頼られると嬉しいものです。

まとめ

年上彼女として彼とうまくお付き合いするためには、あまり年の差を意識しすぎず心からの自分でいることです。
前述のとおり、年齢の差を気にしているのは女性だけだったりします。
男性はそれほどまでに意識はしていません。
年齢差があるないに関わらず、女性としての磨きをかけ続けるという点では同級生カップルと何ら変わりはないのです。
良いお付き合いとなりますように!