セフレが欲しい男性ってどれくらいいるの?

都合のいいときにセックスができる女友達、通称セフレが欲しいという男性は少なくないといいます。
「セックスしたいなら彼女を作ればいいんじゃない?」と思われるかもしれませんが、セフレを作るメリットというのは案外たくさんあるんです。

まずはそこからご紹介していきましょう。

セフレを作るメリット①すぐにセックスを始められる

彼女や狙っている女の子だと、セックスするまでにいろいろな過程を経るもの。
デートに誘う、いっしょに食事をする、信頼度を高めるなど・・・時間もかかりますし段階を踏まなければいけません。

それに対してセフレは、セックスしたい欲求だけを効率よく満たしてくれるありがたい存在です。
性欲を解消したいという気持ちを面倒な過程なくぶつけられるのが、セフレがいるメリットでしょう。

デートや食事を抜きにしてすぐにセックスを始められます。

セフレを作るメリット②彼女に要求できないプレイができる

ニッチな性癖があったり、やってみたいプレイがある男性にとってもセフレはありがたい存在です。
そういった「癖」を彼女とのセックスでぶつけられない男性は、セフレとのセックスで欲求を満たすケースが多いんだとか。

確かに彼女に知られたくない性癖や彼女とはできないプレイでも、セフレ相手だったら心置きなく解放できるという方は少なくないでしょう。

セフレを作るメリット③面倒くささがない

どのような方法でセフレを作るかにもよりますが、まったく知らない他人をセフレにする場合は後腐れなくいつでもさよならできる関係になることがほとんどです。
連絡先は交換しているものの、深い個人情報までは知られないでセフレとは関係を結ぶことができます。

なので面倒くさいことがなく、いつでも切れるという関係性がメリットとも言えるでしょう。

セフレの作り方と注意点

セフレを作る方法には何種類かありますが、今回はその中から3つピックアップして詳しくご紹介しましょう。
どの作り方にもコツや注意点があるので、それらをきちんと頭に入れておくようにしましょう。

できるだけ失敗の少ないセフレの作り方を実践してください。

セフレの作り方①出会い系アプリを使う

いちばんメジャーなセフレの作り方は、やはり「出会い系アプリ」を使うという方法でしょう。
出会い系アプリにもいろんな種類がありますが、セックス前提で出会う趣旨のアプリを使えばセフレを見つけやすいです。

アプリでは女の子が地域別や年齢別でカテゴライズされている場合がほとんどなので、すぐに会える・セックスできる女性を見つけるのに便利だと言われています。

注意点は「未成年者・既婚者に気をつける」

アプリのプロフィールの中にはウソもたくさん紛れています。
年齢を詐称している人や、未婚と偽っている人もいるでしょう。

そういった人たちに騙されたままセックスしてしまうと、あなたが思わぬトラブルに巻き込まれてしまう可能性もあります。
相手が未成年だった、既婚者だったことが周りに露呈してしまと…慰謝料請求や逮捕にまでつながっていきます。

そのあたりはアプリを使う上でも十分に注意したいところです。

セフレの作り方②ナンパをする

コミュニケーション能力に自信のある男性は、街中でナンパをしてもいいかもしれません。
ナンパでセフレを作るのはなかなか難しいかもしれませんが、相手の顔を見れる・直接話すことができるという点ではアプリよりも優っています。

できるだけヒマそうで、お茶くらいなら付き合ってくれそうな女性を狙いましょう。
だんだん打ち解けていって、そこからセックスにつなげられるようにしてみてください。

注意点は「相手を信頼しすぎない」

「ナンパした女性とホテルへ行ってセックスして、朝起きたら財布の中身がすっからかんになっていた」なんて被害報告もよく聞かれます。
セックスできる関係性になったからといって、信頼しすぎてはいけません。

とくにナンパで出会った子とは行きずりになる可能性が高いため、一度サヨナラしたら連絡がとれなくなってしまうことが多いですからね。

セフレの作り方③「女友達の中から探す」

赤の他人をセフレにしたくないという男性は、すでにいる女友達や女性の知り合いの中でセフレになってくれそうな子を探すという方法もあります。
セフレになりやすい女性の特徴は、お酒が好き・彼氏とよくケンカしている・フットワークが軽い・仕事のストレスが溜まっているなど…こういった特徴のある女性はセフレになってくれる可能性が高いです。

女性はメンタル面のマイナスを体で埋める傾向があります。
性欲がそこまで強くなくても、寂しいと感じる機会が多ければセフレを求めていることもあるんです。

注意点は「周りにバレないようにする」

知り合いをセフレにしても、共通の友達にバレないようにするというのは鉄則です。
周囲にバレてしまうといろいろ面倒なことが起きやすいですからね。

二人の関係性はトップシークレットにしておきましょう。
相手の女性にも、自分とセフレ関係にあることは黙っておくように釘を刺しておくといいです。

セフレを作りやすくするポイントは?

最後にどうしたらセフレを作りやすくできるか、あなたが気をつけるべきポイントとまとめていきます。
ちょっとしたことに気を配れば、女性のセックスのハードルはぐっと下がるはずです。

身だしなみももちろんですが、メンタル部分の改善も重要です。

清潔感を大切にする

イケメンでなくても高身長でなくても、セフレができる人はできます。
こういった人はとにかく清潔感を大切にしているんです。

ヒゲを整える・何年も着古した服を着ない・口臭ケアをしている・爪をいつも短く切っておくなど、細かい部分に気を配るだけで清潔感はすぐに出ます。
努力してるのになかなかセフレができないという男性は、清潔感が出るようなセルフプロデュースをしていきましょう。

「ヤりたい」オーラを出しすぎない

セックスしたい!というオーラを出し過ぎてはいけません。
セフレを求めている女性でも、あからさまに男性から性欲求が溢れ出ていると引いてしまうでしょう。

余裕のある雰囲気を持つ男性の方が、女性は性的に惹かれていくものです。

相手の話をよく聞く・聞き上手になる

出会ってすぐにホテルに直行ということはなかなかないと思います。
アプリで出会うにしろナンパにしろ、まずは一定以上の会話が必要です。

自分の意見や思っていることを一方的にぶつける男性は、セフレができにくいといいます。
女性の話をしっかり聞ける「聞き上手」な男性の方が、セフレを作る上では有利なのです。

女性側も自分の話をしっかり聞いてくれる男性の方が、セックスでも自分を満足させてくれるんだろうなという意識を持ちやすいです。
「この人ならセフレにしてもいいかも」と女性に思ってもらえるように、男性は聞き上手になって相手の存在を尊重すべきです。

いろいろなセフレの作り方がある

セフレの作り方といってもいろんな方法があるということが分かっていただけたでしょう。
メリットやデメリットが異なりますので、ぜひあなたにいちばん合った方法でセフレを作ってください。

単発の関係で終わらせないように、セフレ関係を継続させる努力も必要になってきます。
清潔感を出す・聞き上手になるというのは、セフレをつなぎとめて置くのにも重要な要素…常に意識していきましょう!

ちょっとした心がけで、セフレが出来やすくなりますよ!