中高年におすすめの結婚相談所は?

中高年が婚活をするときの注意点

出会いの場選びは慎重に

婚活といえば「婚活パーティー」や「婚活サイト」など色々な方法での出会いを期待できますよね。
しかし出会いの場は慎重に選ばないと、無駄なお金や労力を費やしてしまうことになります。
たとえば日本最大級の婚活サイトを利用したとしても、ユーザーのほとんどが20~30代だとなかなかマッチングできないのですね。
40・50・60代が婚活サイトを使う場合は、自分の年齢のユーザーがどれくらいいるかを確認してから活動したほうが良いでしょう。
また、婚活パーティーに出向く場合も「中高年限定」など自分の世代にあったものに参加しましょう。
ただし異性と会話することに慣れていなかったり奥手な場合は婚活パーティーで成果をあげられる率は低いです。
もともと中高年の婚活パーティーに参加するのは口下手な人が多いのですが、そのほとんどが成果を出せていないといわれています。
ノリがよく異性とコミュニケーションを取ることに自信がある人なら、婚活パーティーで勝負をかけてみるのも良いですね。
無難なのは40・50・60代の成婚実績が高い結婚相談所に登録することです。
結婚相談所にも得手不得手があり色々な口コミを調べることができますが、注目すべきは中高年の実績です。
多くの結婚相談所が相談体験など行っていますので、一度お試しで登録してみてはいかがでしょうか。

年齢条件には妥協も必要

男性の多くは年下の女性を望みますね。
たとえば50代の男性なら40~30代の女性を希望しているのではないでしょうか。
しかし、40~30代の女性は40代の男性を望みます。
つまり、男女の求める年齢にはズレが生じるものなのですね。
男性は、年下を望めば望むほど成婚が難しくなります。
「どうしても若い女性と結婚したい」と意思を曲げずに婚活していると、すぐに時間が過ぎてしまいます。
中高年の婚活は、年齢が高くなればなるほど難しくなりますので、希望条件にはある程度のところで折り合いをつけることが大切です。
「若い人と結婚したい」という希望をそのまま捨てる必要はありません。
ただ許容年齢を3歳上げるだけでも、成婚率は上がりますよ。

再婚の場合は子どもに反対されることも

男性が再婚する場合は、子どもから反対されるケースが多々あります。
再婚すると、再婚相手の女性にも相続が発生するからです。
再婚相手の女性があまりに年下だったりすると、子どもから「財産目当てなのでは?」などと勘ぐられてしまうのですね。
また、気になる女性がシングルマザーだった場合も、相手の子供のことを考えなければなりません。
シングルマザーの女性は自分の気持ちより子どもの気持ちや生活を優先する人が多いです。
そういった面も含めて男性には包容力やある程度の経済力が必要だといえるでしょう。

結婚詐欺に要注意

ミドル・シニア世代の婚活でとくに気をつけたいのが結婚詐欺。
真剣に結婚相手を探しているのに気付いたら詐欺に引っかかっているなんて悲しいですよね。
基本的に結婚詐欺とは、結婚を前提に付き合っていると思わせておき、何かにつけて金銭を要求してくる手口です。
「親の病気の手術代が必要」「開業資金が足りない」など、色々な理由をつけて助けを求めてくるのですね。
「もうすぐ夫婦になるあなたにしか相談できない」と言われると、なんとかしてあげたいと思ってしまう人も多いはずです。
「二人の新居にしたい」と言ってマンションを買わせるケースもあります。
もうすぐ結婚できる!という気持ちを踏みにじる行動ですよね。
多額の金銭を要求された場合は一度立ち止まって相手をよく観察したほうが良いでしょう。
結婚詐欺に引っかからないためには、どんな事情があっても何を言われても「お金の貸し借りはしないこと」です。
恋愛感情がからむと多くの人は判断力が鈍ります。
相手を好きになっただけで思わぬ行動に出てしまうことは多いです。
「お金を貸してもらえないと結婚できない」というような相手には、早々に見切りをつけたほうが身のためですね。

価値観や金銭感覚が似ている相手を選ぶ

若い頃の結婚であれば、何年も掛けてお互いの価値観や生活観をすり合わせていくことができます。
子育てを通して妥協したりぶつかったりしながら柔軟に考えを変化させることができるのです。
しかし、中高年での結婚となると、すでにお互いの価値観が完成していて揺らぐことがありません。
違う考えかたをもつ相手に合わせることが難しくなるのですね。
ですから中高年の婚活では、自分と価値観や生活観、金銭感覚が似ている相手を選んだほうが良いでしょう。
合わない相手と過ごして大きなストレスをためるより、もともと自分と似た相手を選んだほうが楽なのです。

中高年におすすめの結婚相談所3選

ミドル・シニア世代が安心して婚活を進めるためにはやはり結婚相談所がおすすめです。
中高年世代に特化した結婚相談所をご紹介します。

楽天オーネット・スーペリア

男性50歳以上、女性45歳以上からの中高年専門の結婚相談所です。
あなた専任のアドバイザーが、おすすめのお相手と直接合う機会をセッティングしてくれます。
婚活における悩みや身だしなみなどにもアドバイスしてもらえますよ。
楽天オーネット・スーペリアでは定期的に婚活イベントを開催しており、「ゴルフ」「神社巡り」「クッキング教室」などの趣味を介して異性と出会うこともできます。
35年以上運営されている実績ある会社なので、安心して婚活することができるでしょう。

茜会

40代、50代、シニア世代の婚活を応援する結婚相談所、茜会。
会員の中から気になる異性を見つけたらお見合いを申し込み、相手側からもOKが出ればすぐに直接会って話すことができます。
多くの中高年の婚活を手伝ってきたアドバイザーに婚活の悩みを相談することももちろんできます。
茜会では年間400回以上の婚活パーティーを開催しています。
40代以上に合わせた落ちついた雰囲気のパーティーなので、年齢を気にせず安心して参加できますよ。
また、プライバシーマークを取得しているので、個人情報の流失の心配もほぼありません。

M’sブライダル・ジャパン

30後半から40、50、60代以上を対象とした結婚相談所です。
データー重視のマッチングではなく、カウンセラーが個別に話しを聞いてのマッチングを採用しています。
人の手を介して出会わせてもらえるということです。
あなたの性格や身の上、趣味などを総合的に判断しながら、人生経験豊かなカウンセラーが最良のお相手を紹介してくれますよ。
特に再婚希望の方やシニア世代の婚活は個別性が強く、データだけで方向性を決めることは難しいといわれています。
カウンセラー経験が長く、結婚や子育て経験のある人に相談することで安心しながら婚活を進めることができるでしょう。
また、M’sブライダル・ジャパンはフォトスタジオと提携しているので、メイクやヘアスタイリングをお願いして婚活写真を撮れるサービスも用意されています。
成婚が決まったら結婚式場を紹介してもらうこともできますよ。

まとめ

結婚相談所はアドバイザーとの相性も重要です。急がず信頼できるアドバイザーを見つけてから登録するのがベストです。
40・50・60代は、年齢にあった場所や方法で婚活することで、成果をあげることができるでしょう。