彼氏がEDになってしまった・・・改善方法はある!?

男性がEDになってしまう原因とは?

なかなか勃起しなくなってしまう状態を「ED」と言いますが、男性はいろいろなことが要因となってこのEDを起こしてしまうことがあります。
勃起力がなくなると、セックスではさまざまな支障をきたしてしまいますが…

まずはどんなことが原因になっているのか、知っていきましょう。

過度の疲労がEDを引き起こす

BarbaraBonanno / Pixabay

肉体的な疲労がEDの原因になってしまうケースは少なくありません。
とくに仕事で忙しくてしているアラサーアラフォーの男性は、慢性的な疲労が溜まりやすくなっています。

睡眠不足だったり、休日がちゃんと取れていない男性はEDに注意してください。

ストレス過多になっていない?

caio_triana / Pixabay

身体の疲れだけでなく、精神的な疲れやプレッシャーもEDの原因になります。
ストレスというのは私たちが思っている以上に危険な存在で、体のあちこちに不具合を起こします。

その不具合の一つに、EDがあるのです。
ストレスを溜めないような生活を心がけるのがいちばんですが、社会人になるとなかなかそういった生活をするのも難しいでしょう。

なのでストレスを溜めないように「解消できる手段」を持っておくことが、EDを起こさない道になります。

「セックス自体のプレッシャー」の可能性も

 

仕事などで精神的・肉体的擦り減りがあってEDになるという他には、セックス自体がEDの原因になることもあるようです。
男性の中、セックスすることがプレッシャーに感じている方はいませんか?

セックスに対してネガティブな感情を抱いている人も、勃起不全を起こしやすいといいます。
例えば妊活をしていて、「セックスして子供を作らなければいけない」という状況にある場合。

男性はセックスで子供を作るという義務感に縛られてしまうことになります。
そうなると、それが徐々に精神を圧迫して、勃起不全という症状になって現れます。

加齢とともにEDを起こしやすくなる

Monoar / Pixabay

年齢を重ねることもEDの原因になりますので、40歳以上の男性は気をつけるようにしてください。
上記の原因に心当たりがないアラフォー男性は、恐らく加齢によるEDでしょう。

年齢を重ねると体のいろんな部分が衰えていきますが、勃起するために必要なインナーマッスルも弱くなっていきます。
そうなるといざ性的な興奮を覚えても、なかなか勃起しなくなってしまうのです。

若いときにはピンと張るように勃起していたのに、今はしなしなな勃起状態・・・という方は加齢由来のEDでしょう。

EDを治すにはどうしたらいいか

それではEDを改善するにはどうしたらいいのか、その方法を紹介していきましょう。
EDは病気ではありませんし、原因を解明してそこを解消していけばEDの完治も見えてきます

一度EDになってしまっても努力次第でちゃんと治りますので、諦めないでくださいね!

睡眠をしっかりとる

Free-Photos / Pixabay

身体的な疲労が続いている方は、しっかり休息をとるようにしてください。
いちばん大事なのは睡眠です。睡眠はダラダラ長時間とればいいというものではありません。

むしろ重要なのは質、ノンレム睡眠がどれだけできているかで体力回復の程度は変わってきます。
深い睡眠ができるように、寝る前にスマホをいじるのをやめる・ハーブティーを飲む・ストレッチをする・枕をちょうどいい高さにするなど、いろいろ工夫してみてください。

ぐっすり眠れるようになれば慢性的な疲労も解消して、EDの症状を改善できるかもしれません。

食生活を見直してみよう

Sponchia / Pixabay

食生活が偏っている方も、EDになりやすいので注意が必要です。
高カロリーで高脂質、塩分過剰な食事はEDの原因になってしまいます。

外食中心だったり、ファストフードばかり食べている方はすぐに食生活の改善を図ってください。
ED解消に効果的な栄養素は亜鉛です。

亜鉛は精液にも含まれている成分。
十分な量を摂取すれば男性ホルモンであるテストステロンの値が上がって、男性機能をアップさせることができます。

亜鉛はアーモンドなどのナッツ類、ゴマ、抹茶、牡蠣に多く含まれています。これらの食材を積極的に食べるようにしてみましょう。
なかなか食事に気を遣えないという方は、亜鉛のサプリメントを飲むのもおすすめです。ドラッグストアや通販で取り扱いがあるので、ぜひ購入して継続的に飲んでくださいね!

禁煙と禁酒もおすすめの改善方法

guvo59 / Pixabay

アルコールを大量に飲む、タバコをたくさん吸う…これらもEDをひどくする要因になってきます。
EDの症状を改善したいのであれば、辛いかもしれませんが禁煙・禁酒をしてください。

この二つの習慣を生活の中から取り除くことができれば、健康増進の面でもメリットがあります。
健康を意識しながら、EDの改善もしていきましょう。

運動をしてストレス解消

Free-Photos / Pixabay

ストレスが溜まってEDになっている方は、とにかく運動習慣をつけましょう。
一日30分でいいので、軽くランニングしてください。

筋肉がついて代謝や血流量がアップしますし、汗をかくのでいいストレス解消になります。
勃起力が弱まってしまう人は、運動していない多いです。

運動習慣をつけて、勃起力をキープしてください。

薬に頼るのもあり

勃起力をアップさせるサプリメントや薬も販売されているので、そういったものに頼るのもありでしょう。
即効性が欲しい方は、バイアグラ・シアリス・レビトラなどの海外薬品に頼るのがおすすめ。

飲むとすぐに勃起して、セックスに備えることができます。
国内産のサプリメントで、体質改善しながらEDを治すようなものもネット販売されているようです。

生活習慣を改善しながら、薬やサプリメントに頼るのもいいでしょう。便利なアイテムはどんどん取り入れていってください!

EDの彼氏とのセックスを楽しむ方法

最後にEDの彼氏とセックスするときに、より楽しめる方法をご紹介します。
EDのときのセックスですが、「挿入にこだわらない」というのがポイントです。

勃起力が弱くて挿入に至れなくても、他のスキンシップでセックスを楽しみましょう!

キスやハグをたくさんして

Free-Photos / Pixabay

ED中のセックスは、キスやハグをたくさんして愛情を深めていきましょう。
パートナーを触れ合うだけで、ストレス値を下げるホルモンが分泌されます。

とくにストレスが原因でEDになっている男性にとっては、パートナーのぬくもりがEDを改善するためのキーになってくるでしょう。
たくさんハグ・キスをして、愛撫に時間をかけてください。

フェラチオやクンニがおすすめ

挿入が難しいなら、フェラチオやクンニを中心にしたセックスをしてみてください。
パートナーの性器を口で愛撫するこで、性的な快感を与えることになります。

同時にフェラとクンニができる69の体位もおすすめです。
挿入しなくてもオーガズムを感じることは可能、ぜひいろんな愛撫をしてセックスを盛り上げていってください。

女性はEDになったことを責めないで

EDになったことで男性の精神状態はとても不安定になってしまいます。
ここへ女性からの厳しい言葉が襲い掛かると、さらにEDの症状を悪化させてしまうでしょう。

なので女性は彼氏に対して、「なんでEDになったの?」と責めるような言い方をしないでください。
男性自身もEDになった自分を責めているのですから、女性はむしろ「大丈夫だよ!」「挿入できなくてもセックスはできるよ!」と励ましてあげないといけません。

女性からの温かい言葉によって、男性のEDが改善スルケースも珍しくありません。