彼女とのLINE。長続きさせるための話題や頻度は?

大好きな彼女とのLINE。
なかなか会話が続かず、お困りの男性が多いのではないでしょうか?
一昔前は、メールや電話での連絡がほとんどをしめていましたが、今では日常の連絡ツールはほとんどLINEですよね。
チャット形式で受け答えが見やすく便利な一方で、既読機能により、相手が読んだのか読んでいないのかがすぐ分かるのは賛否両論。
彼女からのLINEを既読したものの、話が続かず、返信内容を悩んでいるうちに彼女に急かされるなんてことも、あります。
そもそも女性と男性では、LINEで求めているものが違うので、男性が返信に困ることも無理ありません。
彼女とのLINEが長く続かずお困りの方へ、長く続かせる話題や彼女に嫌がられない話題を解説いたします。

彼女に嫌がられるLINEの特徵・話題

Blogのような長文の内容

彼女には、その日あった出来事を報告したい気持ちになりますよね。
だからといって、1日の終わりに彼女にその日の出来事を長文でLINEをしてしまうと嫌がられます。
1日の終わりは、彼女もお疲れモード。
そんな中、Blogのような長文の内容が彼から送られてくると疲れが倍増してしまいます。
長文で届いた内容を、あまりに短文で返信することも気が引けるために、気を遣って長い文を作成するのにも疲れてしまいます。
また、Blogのような内容のLINEは、意外にもコメントのしようがなく、良かったねなどで済む場合がほとんどです。
そうなると彼女も、なんと返信してよいのかが分からなくなり、返信が来なくなってしまいます。
女性は、自分の話を聞いてほしい場合がほとんどなので、相手の状況が長く書いてあるLINEを好みません。
もちろん、相手のことを知りたいという気持ちもありますが、読むのが大変になってしまうような長文のLINEは避けた方が良いでしょう。

スタンプの連打

LINEの人気の機能の一つにスタンプがあります。
最近では、スタンプだけでも会話が成り立つほど多様なスタンプが出ています。
一見便利なスタンプですが、何事もほどほどが一番です。
乱用してしまうと、女性から誤解をされてしまいます。
男性自身が、文を打つのが面倒になってスタンプを乱用しているのかな、と思われてしまいます。
また、沢山スタンプが送られてきた女性側も、なんと返信していいのかが分かりません。
相手の真意が掴めず、返信に困ってしまうのです。
スタンプは便利な機能ではありますが、使い過ぎには要注意。
ここぞというときに使いましょう!

あまりにも短文なLINE

うん、そうだね、などの短文なLINEも嫌がられます。
彼女はが返信に困る上、私に興味がないのかな、と思わせてしまいます。
細かくマメなやり取りを好む女性に対して、男性は目的のあるLINEを送りがちです。
会話の内容に目的がないと、短いLINEをお送りがちですが、彼女はそれでは満足しないのです。
マメなやり取りを好む女性の立場で言えば、短いLINEを送る男性の気持ちが分からないので、返信に困ってしまいます。
これ以上返信をしない方が良いのかな、つまらない会話だったのかなと不安を与えかねません。
あまりに短くなってしまうときには、何か質問をするなどして次の会話に繋げましょう!

相手の状況を無視した連続LINE

LINEの良いところは、お互いの会話がチャット形式で見ることができることだけでなく、自分のペースで自分の都合の良いときに返事ができることです。
電話だと、都合の悪いときに出ることができません。
折り返し電話を掛けなおしても相手の状況によっては出てもらえず、要件満たすことができません。
一方、LINEは自分の都合の良いときに送ることができ、確認することができます。
読まれたLINEには既読マークがつくので、内容が伝わったかどうか送り主も容易に確認ができます。
そんなLINEですが、一方的に何度も送られてくると疲れてしまいます。
いつでも送ることができるというメリットが災いしいて、彼女に嫌がられてしまいます。
彼女から返信がないときには、今は手が離せないということの現れなので、何度も送ることはやめましょう。
お互いの都合の良いときにできる連絡手段だからこそ、相手への気遣いを忘れないように心がけたいですね。

長続きさせるための話題や頻度は?

彼女とのLINEでは、日常の出来事をお互いにやり取りしたり、デートの約束をしたりということがほとんどだと思います。
デートの約束などの連絡は、必要な時に取るものなので長続きを狙うことはしなくて良いと思いますが、日常の連絡は、コミュニケーションとして続かせたいですよね。
何か変わったことがあったときには、写真付きでその状況を伝えると楽しいですよ。
時には動画でも彼女は喜びます。
文字が羅列してあるだけだと、マンネリ化してしまい、きちんと読まなくなりますが、写真などは見た瞬間に情報がキャッチできるので伝わりやすいです。
百聞は一見に如かず、ですね。
写真に対してのコメントを彼女がくれるはずなので、そのコメントから話を広げましょう。
そうすることで、彼女の話をきちんと聞いているということがアピールでき、自分の話ばかりしているとは思われることもなくなります。
LINEの頻度は、それぞれのペースがあるので一概には言えませんが、大事なことは彼女の返事をせかさないことです。
また、彼女から返信が来る前に何度も何度もLINEを送ることは控えましょう。

まとめ

彼女とのLINEで大切なことは、彼女を思いやることだといえます。
彼女の状況を無視するような連続LINEや、彼女の話を聞く気のない短文LINE、自分の話ばかりの長文LINEは嫌がられてしまいます。
相手の話も聞きながら、日常で起きたことも報告していくことができたらバッチリです。
時には写真を取り入れて連絡をしましょう。
文だけでなく写真を使うことでマンネリ化を防ぐことができます。
また、写真を送ることで新たな話題ができるので、話題に困ることもありません。
彼女とのLINEの頻度や内容には悩んでしまいますが、2人のペースが構築されればとても楽しいLINEになることでしょう。
LINEを有効活用して、彼女と良いコミュニケーションを取りましょう!