彼氏が欲しい!彼氏が欲しくなる時の気持ち・心理、彼氏を作る方法は?

彼氏が欲しくなる時の気持ち・心理

一人で過ごすのが寂しい


一人で休日を過ごすのが寂しかったり、話し相手が欲しいなと思うと恋愛したくなりますよね。
休みの日には楽しくお出かけできて、落ち込んでいるときには優しくなぐさめてくれる。そんな彼氏がいたら幸せだろうなと思うのですね。
大人になると友達との距離もひらきそれぞれの生活を送ることが多いので、いつでも会える存在を求めたくなるのでしょう。
また仕事で失敗したときや人間関係で悩んでいるとき、彼氏に相談できたりアドバイスをもらえたりすると安心しますね。
一人では抱えきれない悩みや寂しさも、大好きな彼と共有すれば心の負担は軽くなります。
トラブルに巻き込まれてしまったときも、自分より体格が丈夫で力の強い男性がいてくれると頼りになりますよね。
安心感や癒やしを求めて、女性たちは彼氏が欲しくなるのです。

まわりに彼氏がいてうらやましい


まわりの友達に彼氏ができると、幸せそうな姿が羨ましく思えますね。
私たちは身近な人の幸せほど、羨ましく感じるものなのです。
女性はまわりの同性と自分をつい比較してしまう生き物です。
自分にないものをまわりの女性が手に入れると、無意識に嫉妬してしまうのですね。
ですが羨ましいと思うのはいいことです。
その気持ちを原動力に「私も恋愛を頑張ろう!」と勢いづけば、恋を叶えるために行動できるはずですよ。

彼氏がいないと退屈

 
クリスマスやバレンタインなど、カップル向けのイベントの季節は彼氏がいないと退屈ですよね。
もちろん家族や友達とイベントを楽しむこともできますが、恋人がいるかどうかで盛りあがり方が違うものです。
スポーツ観戦やフェスなど、一人では行きづらい場所もありますよね。
恋人がいれば旅行やイベントを思い切り楽しめる。予定のない日が退屈過ぎる。そう思うと彼氏を求めたくなるのです。

恋愛ドラマや映画の影響

映画
恋愛ドラマや映画を見ると、ドキドキして自分も恋愛したくなりますよね。
とくに女性は、物語のヒロインに感情移入しやすいです。
「私もあんな恋愛がしたい」「あんなセリフを言われてみたい」と思うと無性に彼氏が欲しくなってしまうのです。
心を揺さぶられる音楽を聞きながらドキドキするドラマを見ていると、人はそれだけで恋愛ホルモンが分泌されます。
空想のストーリーだと頭では分かっていても、まるで自分が恋愛しているように感じて異性を求めたくなるのですね。

特別扱いされたい

女性は特別扱いされたい生き物です。
自分を一番大事にしてくれて、愛してくれる。そんな彼氏の存在がいると心が満たされます。
家族は時々うっとおしいと思うことがありますし、友達はよほど仲良くない限り代わりが効きます。
ですが彼氏なら自分を一番に扱ってくれて遠慮なく甘えられるので、いたほうが良いと感じるのでしょう。
ただし満たされない思いを解消するためだけに男性を求めてしまうと、交際してから悪い依存関係に陥ってしまうことが多いです。
特別扱いしてくれない相手を責めたり、ころころとパートナーを変えたくなってしまうのです。
お姫様扱いされたいと思うのは女性の当たり前の願望ですが、相手にもしっかり愛情を返すつもりで恋愛しましょうね。

彼氏欲しい人が彼氏を作る方法は?

外出する

山登り
彼氏を作るには、とにかく外出することです。
スポーツ観戦やジム、登山など、男性の多い場所に出かけてみましょう。
異性と出会わないことには恋愛は始まりません。まずは外に出ることが大切なのです。
サッカーや野球を観にスタジアムに行けば、同じチームを応援している男性と意気投合できるかもしれません。
スポーツジムに通い始めれば、近くに住むイケメンと顔見知りになれるかもしれませんよ。
SNSが好きなら、色々な場所に写真を撮りに出かけてみるのも良いでしょう。
外に出てみれば、男性との出会いの場は無数にあります。
いつ運命の人と出会っても大丈夫なように、外見には気を遣っておきましょうね。

趣味のサークルに入る


スポーツが得意、楽器演奏に興味がある、ゲームが好き。そのような趣味がある場合は、趣味サークルに入るのがおすすめです。
趣味が同じ男性とは気が合いやすいので、サークルに入ると彼氏が出来る確率がグッと上がりますよ。
趣味について教えあっているうちに恋が芽生えるカップルは多いのです。
自分の好きな趣味のサークルが無ければ、ネットのコミュニティに参加してみるのも良いでしょう。
SNS上で情報交換しあったり、メッセージのやりとりをするうちに気の合う男性と出会えるかもしれません。
仲良くなればオフ会をして実際に会ってみるのもアリですね。

合コンや婚活パーティーに参加する

花火

Free-Photos / Pixabay

思い切って合コンや婚活パーティーに参加して、彼氏候補を探すのも一つの手です。
婚活パーティーなら年齢や職業を絞って彼氏候補をさがせますし、参加者はもちろん恋愛意欲の高い人ばかりです。
仲良くなったけれど実は彼女持ちだった!なんてこともほとんど無いので、効率よく出会うことができるのですね。
ある程度条件を絞って理想の彼氏を見つけたい場合は婚活パーティーがおすすめです。
条件にそれほどこだわりはなく、たくさんの人の中から選びたい場合は街コンが良いでしょう。
いろいろな業種の人が集まるので、普段は出会うチャンスのない人とも知り合えますよ。

友だちの紹介

友達
「彼氏は欲しいけれど、知らない人と知り合うのはちょっと怖い」そんなあなたには友達の紹介がおすすめです。
あなたの好みを知り尽くしている友達からの紹介なら、どこの誰だか分からない人が紛れ込むことはありません。
あなたのタイプに合った人を紹介してもらえるので、安心して出会えますね。
ただし友達の紹介がきっかけで付き合うことになると、別れるとなったときに気まずい思いをするケースが多いです。
「せっかく紹介してくれたのに、悪いな」と気が引けてしまうのですね。

職場の男性を観察し直す

ビジネス街
職場の男性陣を、よーく観察し直してみましょう。
よく見てみたら、性格も趣味もあって一緒にいて楽しい。そんな男性がそばに存在しているかもしれませんよ。
女性だらけの職場ではない限り、打ち合わせや取引先など男性と顔を合わせるチャンスはいくらでもあるはずです。
少しでもいいなと思う人がいたら、アイコンタクトをとって会釈することから初めてみてください。
雑談できるようになったらすぐに意気投合し、付き合うことになるケースもあるのです。
あなたが気付いていないだけで、彼氏候補は意外と近くにいるのかもしれませんよ。

同窓会に参加する

彼氏を作りたいなら同窓会には積極的に参加しましょう。
同窓会に来る男性とはもちろん同世代ですし、共通の思い出も多いので、再会してすぐに打ち解けられることが多いです。
相手の人柄も大体分かるので、意気投合しやすいのですね。
初恋の彼と再会すれば、そこからまた恋愛感情が生まれるかもしれません。
昔は気にも留めていなかった男子が急にかっこよくなっていたら、突然好きになるかもしれません。
見知った男性ばかりが集まるので、同窓会は恋愛の相手を探すにはもってこいの場所ですよ。

好意を持ったら自分から行動する


少しでも「いいな」と思う男性が見つかったら、眺めているだけではなく自分から行動してみましょう。
最初は軽く挨拶したり、笑顔で接することからで良いのです。
「いつもあいさつしてくれる」「笑顔を見せてくれる」と彼に好印象を持ってもらいましょう。
顔見知りになったら連絡先を聞いてみたり、ランチに誘ってみるのも良いですね。
行動すればするほど気になる彼に近づけます。
彼氏を作るためには待っているだけでなく、自分で動くことが大切です。

まとめ

彼氏が欲しいと思ったら、まずは行動することです。
妄想したり待っているだけでは何も始まらないので、出会いの場に出て彼氏候補を探してみてくださいね。
趣味のイベントでも婚活パーティーでも、自分の気が向く場所で良いのです。
出会いのきっかけさえ増やすことができれば、恋が芽生える率はグッと上がりますよ。