告白はタイミングが大切?告白の成功率をアップさせる方法7選

告白はタイミングが大切

告白の成功率を高めるには、タイミングを見極めることが大切です。
間違ったタイミングで告白すると相手を困らせてしまうので、上手くいく筈ものも上手くいかなくなってしまうのです。
思い切って気持ちを伝えたのに相手の迷惑になってしまうのは悲しいですよね。
そのようなことにならないよう、男女別に成功率の高い告白のタイミングをご紹介します。

男性に告白する場合


男性に告白したいなら「彼に余裕があるとき」が鉄則です。
たとえば彼が仕事で忙しいときや行き詰っているときに告白しても「なんでこんなときに」と彼を困らてしまうのですね。
男性は基本的に、シングルタスクで物事を進めます。
一度にひとつのことしか集中できない人が多いので、仕事に熱中しているときに恋愛話を持ちかけられても戸惑ってしまうのです。
男性に告白したいのなら、彼の仕事が落ちついている時期や、彼に余裕がありそうなときを選ぶと良いですね。
彼の様子を見て空気を読めるかどうかも、あなたの印象アップにつながるはずですよ。
告白するときはまわりに人が少なく、落ちついて話ができるタイミングを狙いましょう。
大勢の人がいてガヤガヤしているような時間や場所だと彼の気が散ってしまいますし、話しを保留されやすくなります。
大事な話は落ちついて2人だけでしてほしいと思うものです。
彼も自分も落ちついて話せるタイミングを見極めることが大切ですね。
また、恥ずかしくても直接会って告白するのがベストです。
男性からすれは、どんなに不器用でもいいから女性本人の口から気持ちを伝えてほしいと思うものです。
勇気を出して告白している表情を可愛いと思い、惹かれることもあるからです。
一刻も早く気持ちを伝えたいと思っても、電話やメールはNGです。直接会って話しましょう。

女性に告白する場合

告白

Tumisu / Pixabay

女性へ告白するときには、ムードとシチュエーションが何より大切です。
味気ない場所で告白しただけでも告白の成功率はグッと下がってしまうのです。
女性がうっとりするような雰囲気とシチュエーションがそろうタイミングを見計らいましょう。
具体的には「夜」×「ロマンティックな景色」×「満腹」の状態がベストタイミングです。
私たちは夜になるにつれて副交感神経が優位に働くようになります。
副交感神経が働くとリラックスできて相手に安心感を感じるようになるので、普段より相手を素敵な人だと思いやすいのですね。
また、女性はロマンチックな夜景が大好きです。
うっとりした気分になってテンションも上がるので、告白されたらついOKしたくなるのです。
女性はいくつになってもお姫様扱いされたい生き物です。
自分を気分よくさせてくれたり、素敵な場所に連れてきたりしてくれる男性を好きになりやすいのですね。
ロマンチックなシチュエーションを作ってくれたというだけでも、相手の男性に対しての好感度が上がるのです。
最後のひと押しとして、食後の満腹のタイミングを狙うと良いでしょう。
人は満腹のときほど相手の要求を飲みやすくなるのです。
お腹が空いていると、イライラしたりボーっとしてしまうことありますよね。
そんな状態で告白されても好意的に捉えられないのです。
しかしお腹がいっぱいでリラックスしていれば、気分良く相手の話しを聞いてあげたいと思えますよね。
これを踏まえると、意中の女性にはディナーのあと綺麗な夜景を見ながら告白。このタイミングがおすすめですね。

相手の気持ちを考えてタイミングを決める

カップル 男女

StockSnap / Pixabay

男性でも女性でも、告白となると自分の思いを伝えることで頭がいっぱいになってしまいがちです。
しかし相手の事情や気持ちを考えることも大切です。
まだ全然親しくない状態で告白するのはタイミングが早すぎると言えるでしょう。
たとえばあまり話したこともなく連絡先も知らない場合は、告白しても相手を戸惑わせてしまいます。
よく知らない人から告白されても、その時点では付き合うことはできませんよね。
告白のタイミングが早すぎると成功率は低いのです。
せめて雑談できたり連絡先を交換できる間柄になってから告白したほうが良いでしょう。
また、長年友達の関係でいたのに突然告白しても相手をびっくりさせてしまいます。
ずっと友達だと思っていた人を急に異性として意識するのは難しいことです。
告白のタイミングが遅すぎても、相手を戸惑わせてしまうのですね。

告白するにはどんなタイミングが良い?

LINEの温度感が上がってきてから

Iphone

Pexels / Pixabay

告白を成功させるためには、相手のLINEの反応を確かめてから気持ちを伝えるのがおすすめです。
すぐに返信してくれたり、絵文字やスタンプが増えたり、プライベートな内容をよく話してくれるようになったら告白のタイミングだと言えるでしょう。
とくに女性は気を許した男性にしか「嬉しい」「悲しい」と感情表現することはありません。
LINEの内容が感情的になってきていれば、告白してもOKをもらえる率が高いと考えられますね。
また男女ともに、親しくなればなるほど敬語が抜けてラフな口調になります。
緊張せずにやりとりできて、かつ気持ちがこもっている。そう感じられるのなら告白の成功率は高まってきていると考えられるでしょう。

恋愛の話をよくする

人は相手を異性として意識し始めると、恋愛の話を持ち出したくなるものです。
「好きな人はいるの?」などと探りが入るようなら、そのお相手はあなたに異性としての興味を抱いているということです。
「君みたいな人が彼女だったら」なんて言われたら、すぐに告白できるタイミングだといえるでしょう。
たくさん話しかけてきたり、恋愛話をよくするようなら相手の恋愛感情はかなり高まっているはずですよ。
まるで恋愛話が上がらないようなら、まずは異性として意識してもらうところから始めましょう。
自分から恋愛の話題を振り、相手の恋愛観を聞いてみるのも仲を深めるための参考になりますよ。

相手が弱っているとき


気になる異性が落ち込んでいるときや体調を崩したときなどは、相手の支えになれる良いタイミングです。
つらい時期に支えてあげて、お相手が元気を出した頃に告白すると良いでしょう。
親身になって話を聞いてくれたり支えてくれた人に対して、私たちは恋愛感情を抱きやすくなります。
心理学で「好意の返報性の法則」というのですが、私たちは好意を送ってくれた人に対して、好きという気持ちを返したくなるのですね。
相手がとくに弱っていなくても、好意の返報性の法則は使えます。
自分から毎日笑顔であいさつしたり相手を褒めたりすることで自然に好意を伝えましょう。
お相手からも好意が返ってくるようになったら告白のタイミングです。

季節のイベントを利用する

Nietjuh / Pixabay

告白したいのに、勇気が出せずずっと言えないまま。そんなあなたには季節のイベントに乗じて告白するのがおすすめです。
クリスマスやバレンタインなど、世間が盛り上がるイベントは告白するのに絶好のタイミングです。
男女ともに気持ちが盛り上がるときなので、告白するにも勢いが付きます。
フリーの人はイベントが有ると人恋しくなりやすいので、OKしてもらえる確率も普段より高まると考えられます。

まとめ

告白したいと思うと焦ってしまう人は多いのですが、独りよがりにならず相手の気持ちを考えられるかどうかで成功率は変わります。
相手の事情や気持ちを考えて、タイミングを見極めましょう。
告白の言葉を聞く前に、相手の気持ちはすでに決まっていることがほとんどです。
相手が「この人と付き合ってみてもいいかな」と思い始めた頃。そのときこそ成功できる告白のタイミングなのですね。