付き合い始めのカップルが気をつけるべきポイント5選!デートの頻度など…

付き合い始めというのは、凄く新鮮で、会うたびにワクワクし、好きという気持ちがどんどん大きくなりますよね。
相手のことがいつでも気になり、幸せいっぱいで宙に浮いたようなそんな気持ちで過ごす時間です。
これから好きな人と過ごしていくことへのワクワクでいっぱいな時期ではありますが、付き合い始めだからこそ気をつけたい点がいくつもあります。
魔の3ヵ月を乗り越えて幸せな日々を長く続ける秘訣をご紹介いたします。

カップルが別れやすい魔の3ヶ月に要注意

魔の3ヵ月という言葉をご存知でしょうか?
魔の3ヵ月とは、最初の3ヵ月で別れるカップルが多いためにできた言葉です。
何をしても楽しく初々しい1ヵ月目、ラブラブな2ヵ月目。
そして、初めての倦怠期、3ヵ月目。
3ヵ月目は付き合ってからの初々しさも落ち着き、ラブラブな時期も落ち着き、お互いのことがよく見えるようになってくる時期です。
”恋は盲目”という言葉がありますが、その盲目も落ち着き、よく見えてきます。
そんな3ヵ月目は、お互いのことがよく見えるばかりに意見が食い違ったり、お互いがそれを主張し過ぎてしまったりとして喧嘩をするようになります。
その喧嘩をうまく解決していき、お互いを更に理解し合えるかどうかが長く続いていけるかどうかの分かれ道です。
どんなに仲の良い2人であっても全く同じ考え方の人はいないので、喧嘩をしてしまうときもあります。
喧嘩を、相手のことを更に理解するチャンスに変えて更に深い仲になることができたら素敵ですよね!

付き合い始めのカップルが気をつけるポイント

直接会う回数を増やす

2人の関係が少し落ち着いてくると、LINEや電話などでのやりとりが増えて会う回数が減ってきますが、そんな時こそ会う回数を意識的に増やしましょう!
特に付き合い始めの3ヵ月目は、良くない空気が流れやすく、LINEや電話だと相手の表情が見えないばかりに疑心暗鬼になりがちです。
真意がなかなか伝わらないために、ちょっとのことで誤解を招きかねません。
会っているときには、相手の声のトーンなども分かりやすいことから誤解を招くことも少なく、誤解があったとしてもすぐに話し合いをすることができます。
付き合い始めは、直接会う回数を増やすことにより、LINEや電話の頻度を減らすことができます。
そうすると、お互いに誤解を招くことが少なくなり良好な関係が続くでしょう。
また、男性はLINE等の連絡をマメにするのが苦手な方が多いです。
そんな男性に連絡を強要してしまうのは、関係性の悪化に繋がります。
そういった点からも、付き合い始めは直接会う回数を増やし、こまめな連絡を避けることがポイントです。

自分の仲の良い友人を紹介する

付き合いが少し落ち着いてきたころに、今までとは少し違った要素を取り入れることも効果的です。
自分の仲の良い友人を紹介するというのも、そのひとつです。
仲の良い友人と接する、いつもとは少し違う彼の様子を見ることは、すごく新鮮なことです。
彼との関係に慣れてきたころに、新鮮さを取り戻すことは2人の関係を良好にすることに繋がります。
また、お互いに仲の良い友人を知っておくことで、困ったときに相談する相手ができるというメリットもあります。
彼のことを相談できる相手は、自分の周りには多くても、彼のことをよく知っている彼の周りには少ないものです。
彼とのことをいつでも気兼ねなく相談できる相手がいるというのは、とても心強いことです。
付き合い始めのうちに、ぜひ知り合っておきましょう!

自分だけの時間を楽しむ

平日は仕事をこなし、休日は彼とのデートという生活を続けていると、自分だけの時間がなくなりませんか?
自分の時間が減ると、心に余裕がなくなるのが人間です。
そういった時には、敢えて自分の時間を確保するようにしましょう。
自分の時間を持ち、有意義に過ごすことができるようになれば、彼とのことで一喜一憂することも減るでしょう。
また、自分のことに夢中になっていると、彼へ頻繁に連絡をするともなくなります。
マメな連絡を苦手とする男性も多いので、付き合い始めの2人の関係も良好に保つことができるでしょう。
また、1人の時間を楽しむことにより、彼とのデートもより一層楽しむことができるでしょう。
彼との時間が当たり前のいつもの時間ではなく、大切な、貴重な時間となり充実の時間になります。
2人の時間を楽しく過ごすということは、魔の3ヵ月を乗り越える上で大切なことです。
付き合い始めは、自分だけの時間を楽しむよう心がけてみてください。

小さなことでも感謝を言葉にして伝える

付き合う前の片思いの期間は、相手をすごく大切にして気を遣っていたからこそ、相手への優しさも大きく、感謝の気持ちもマメに伝えていたはずです。
付き合い始めると、少しずつ慣れてきてしまって彼のしてくれることが、当たり前になってきてしまいます。
付き合い始めは、非日常だった出来事が段々と日常となってしまうのです。
これが倦怠期の第一歩ともいえます。
だからこそ、相手への感謝はきちんと言葉にして伝えましょう。
どんなに小さなことでも、感謝をされて嫌な人間はいません。
感謝するということは、相手の小さな言動をよく見ているという証拠です。
いつでも見ているよ、ということをアピールするためにも、感謝の言葉をきちんと伝えましょう。
言霊、という言葉があるように感謝の気持ちを伝えることで、あなた自身の心もとても良い気持ちになれます。

プラスの面に目を向ける

付き合い始めは、彼の良いところを特に見るようにしましょう。
少しずつ彼との付き合いに慣れてくると、マイナスな面に目がいってしまい、一度気が付くと、マイナスなところばかりが気になっていてしまいます。
完璧な人間などいません。
だからこそ、彼のマイナスな面に目を向けるのではなく、プラスのところに目を向けるのです。
就職試験のときに、自分の長所と短所を考え、長所と短所は表裏一体だと思ったことはありませんか?
プラスの面の反対にはマイナスがあります。
逆にいえば、マイナスの面の反対にはプラスがあるのです。
マイナスの面を見ていると裏側にあるプラスは見にくくなってしまいます。
プラスの面を気をつけて見ることにより、相手のことがよく分かってくるのです。
理解をしようと努めることこそ、良好な関係を築くのに必要なことで、付き合い始めには大切なことです。

まとめ

どんなカップルにでも、うまくいかない時期や期間はあります。
そんなときこそ、2人の関係をより良くするチャンスです。
得の魔の3ヵ月目を乗り越えることで、その先の倦怠期も乗り越えていくことができます。
相手のマイナスなところが目につきやすい時期ではありますが、そこに目を向けるのではなく、自分のマインドをコントロールし、自分の考え方や日々の過ごし方を変えていきましょう。
そうすることで、より良い自分とも出会えるでしょう!