スピード婚は離婚率が高い?スピードのメリット・デメリットは?

どれくらいの早さで結婚したらスピード婚?

スピード婚と聞いて、あなたはどれくらいの早さをイメージしますか?
一般的にスピード婚とは出会って半年以内に結婚することだと考えられています。
多くのカップルは、お付き合いをスタートしてから時間をかけてお互いを理解します。
結婚前にお試し同棲をしたり家族への紹介に時間をかける人もいるので、半年以内の結婚は早いというイメージが付いているのですね。
最近では婚活パーティーや結婚相談所などを利用する人が増えてきています。
婚活の場では結婚前提の相手と出会うため、スピード婚の確率も高くなるのです。
また、もともと結婚願望が高い男女が交際するので、トントン拍子に結婚話が進むのも頷けますね。

スピード婚だと、離婚率が高い?

「あまり急いで結婚すると、すぐ離婚したくなるのでは?」と考える人は多いと思います。
しかしスピード婚は離婚率が高い、と一概に言うことはできません。
離婚にはどのような理由でスピード婚に至ったのかが、大きく関わってくるのです。
まずは、スピード婚の2つのパターンをご説明します。

直感タイプ

出会ってすぐに「この人は運命の人!」と一気に燃え上がるタイプの人は、スピード婚をしやすいです。
感情が高まるあまり相手を理想化してしまうので、結婚に対するブレーキが効きにくいのですね。
このタイプは結婚を夢見ていたり、結婚したくてたまらない人に多いです。
好きになるとすぐに深い関係に発展させたくなる。気に入った相手はすぐに独り占めしたくなる。
そんな方はこの直感タイプだといえるでしょう。

高意識タイプ

結婚相手に望む条件をしっかり決めていて、気に入る相手が見つかれば即結婚の判断を下そうと思っている。
そんなタイプの人もスピード婚をしやすいです。
結婚相手に求めるものがハッキリしているので、相手を前に結婚を迷うことがあまりないのですね。
直感タイプとは裏腹に、高意識タイプは冷静です。
楽しく交際しながらも、相手は結婚相手に相応しいのかどうか冷静に見極めているので自信を持ってスピード結婚します。
 
以上のように、スピード婚をする人は大きく分けて「直感タイプ」と「高意識タイプ」に分類されます。
そのうち感情的な直感タイプは離婚をしやすく、冷静な高意識タイプはパートナーと良好な関係を築けるといえるでしょう。
直感タイプは一時の感情に任せて結婚を決めます。
相手が何をしても、何を言っても素敵にしか見えない。
そんな「恋は盲目」状態で結婚するので、感情がクールダウンしてくると相手の嫌な面をガマンできなくなることが多いのですね。
また、好きという気持ちだけで条件を気にせず結婚してしまうので、結婚後に収入やまわりの環境に不満を感じることもあります。
結婚に愛情は不可欠ですが、好きという感情だけで突っ走ってしまうと後悔しやすいのでしょうね。
高意識タイプは冷静に相手を見極めた上で結婚します。
ですからスピード婚でも「こんなはずじゃなかった」と思うことが少ないのです。
よく考えて納得して決めた相手との結婚ですから、あとあと不満を感じにくく離婚もしにくいといえますね。
直感タイプのスピード婚は離婚に至りやすく、高意識タイプのスピード婚は長続きすると考えられます。
スピード婚すべての離婚率が高いわけではないのですね。

スピード婚のメリット、デメリット

メリット

結婚しても新鮮な関係でいられる

スピード婚のメリットは、何といっても結婚後に新鮮さを感じられることです。
時間をかけずに結婚すると、お互いに知らない面がたくさんある状態です。
結婚してから相手の新たな一面を発見することができるので、結婚生活に新鮮さを感じられるのですね。
一般的なカップルに比べれば、会話した時間や一緒に出かけた時間、体験したイベントも少ないはずです。
ですから結婚してからも付き合いたてのカップルのようなドキドキ感を感じられるのですね。
また長年付き合ったカップルに比べると緊張感があるので、関係がマンネリ化しにくいです。
長年付き合っていて関係がマンネリになると、相手の嫌な面が目についたり浮気の心配も増えますよね。
しかしスピード婚ならマンネリ化する前に出産などのイベントが訪れることも多いので、ダラダラしない関係を続けることができるのです。

悩まないで済む

スピード婚なら「もっといい人がいるのでは?」「この人と結婚しても大丈夫?」とアレコレ考える暇がありません。
悩まずに済むので、マリッジブルーに陥る人も少ないのですね。
結婚前は幸せを感じる反面、ネガティブな気持ちになりやすいものです。
義両親との同居はないのか考えたり、自由がなくなることを想像したりすると心配になる人も多いはず。
仕事と家事の兼ね合いや、子育てのことを考えて一人で不安になってしまう人もいますね。
不安や心配が大きくなりすぎて、結婚を保留にしたり、無しにしてしまうケースもあります。
それに比べて何も考えずに済むスピード婚は、気が楽かもしれません。
スピード婚は頭で考えすぎてしまう慎重派や心配症の人に、特にオススメだといえるでしょう。

デメリット

後から嫌なところが見つかる

スピード婚したけれど、後から嫌なところが見つかった。と後悔する人は多いです。
結婚前に相手を観察する時間が少ないので、どうしても「こんな人だと思わなかった」と感じることが多いのですね。
誰しも嫌な面の2つや3つは後から見つかるものですが、それが生理的に受け入れられなかったり、理解できない行動だとツライですよね。

環境の変化でストレスがたまる

結婚すると住む場所や生活スタイルが大きく変わるので、ストレスがたまります。
スピード婚の場合はとくに変化が目まぐるしいので、お互いに負担を感じやすいといえるでしょう。
家族同士の顔合わせから引っ越しや結婚式まで、忙しい時期が続くので身体も心も疲れやすいです。
また長年付き合ってきたカップルのような気楽さもないので、気を張ってしまうことが考えられます。

スピード婚を成功させるために

スピード婚を成功させるためには冷静に相手を見極めましょう。
勢いに乗っていると小さなことには目をつぶりたくなるものですが、相手に対して感じる違和感は無視しないほうが良いですよ。
とくに2人の価値観や金銭感覚がズレていると、結婚後トラブルに発展しやすいです。
あとから「こんな人だと思わなかった」と後悔しないために、よくお相手を観察してくださいね。
またスピード婚を望むなら、結婚願望の薄い異性をバッサリ切り捨ててしまうのも効果的です。
口では結婚したいと言っていても、実際に行動が伴わず何年もズルズル付き合ってしまうカップルは多いです。
特に同棲カップルは要注意。結婚しなくても夫婦のような生活を送れるので、結婚に踏み切るのが遅くなってしまいがちです。
結婚したいタイミングが同じ相手を選ぶと良いでしょう。

まとめ

一般的に、恋愛の賞味期限は12ヶ月~18ヶ月だといわれています。
人の恋愛感情は、意外と早く冷めてしまうものなのですね。
スピード婚のカップルは、恋の賞味期限が切れたあとからが勝負です。
たくさん会話をし、助け合い、お互いを人として尊重できるような関係を築きましょう。
こまめに「ありがとう」と感謝の気持ちを伝えたり互いを褒め合うことで、絆を育んでくださいね。