婚活地獄にハマる女性の特徴5選。婚活地獄から抜け出すための方法は?

幸せになりたくて婚活しているのに上手くいかない。振り振られを繰り返すうちに時間だけがただ過ぎていく。
そんな婚活地獄にハマってしまうとなかなか抜け出せないのをご存知でしょうか。
「つらい思いは回避したい」「どうにかここから脱け出したい」そんなあなたへ、婚活地獄にハマる女性の特徴や脱出法をご紹介します。

婚活地獄にハマる女性の特徴

色々な婚活方法を試して一生懸命がんばっているのに、気に入る相手が見つからない。
お金も時間もかけているのに焦りだけが増していく。
婚活地獄とは、このようなつらい状況のことをいいます。
精神的に疲れきって婚活をあきらめてしまう人もいることを考えると、地獄という表現にも頷けますね。
婚活地獄にハマる女性には共通した特徴があります。
あなたに当てはまるかどうかチェックして、婚活地獄を回避してくださいね。

求める条件が多すぎる

婚活をしていると、色々な条件を相手に求めたくなりますよね。
できれば年収600万円以上で、身長は175cm以上。優しくて義親との同居は無しで……。
そうやって条件をむやみに増やしてしまうと出会いの率が格段に下がります。
好条件の男性を婚活で探すのは、もはや天然記念動物を自力で探そうとしているようなものなのです。
ハイスペックな男性は競争率も高いので、出会えたとしても手に入れられることはほとんどないのですね。
一生のパートナーを探すわけですから、もちろん誰もが素敵なお相手を求めたいはずです。
しかし条件を増やせば増やすほど、それを備えた人は少なくなるので結婚は遠のきます。
相手に求める条件の中に外せるものはないか、よく考えてみると良いですね。

婚活方法が合っていない

婚活サイトや婚活パーティー、結婚相談所など、婚活には様々な方法がありますね。
「婚活をしていてストレスが溜まる一方」「カップル成立まで進まない」という人は、婚活方法が合っていない可能性が高いです。
たとえば消極的で自分からはアクションを起こせない人が婚活サイトに登録しても、気になる異性とデートまでこぎつけるのは大変です。
自分からアプローチして連絡を取り合うまでにストレスを溜めてしまったり、そもそもアプローチの方法が分からないなんてこともあり得るからです。
あなたが恋に奥手なタイプなら、迎うべきは結婚相談所。相談員に婚活を手伝ってもらうことで、デートに集中できるでしょう。
じっくり考えて判断したいタイプの人が、婚活パーティーに行くと疲れることもよくあります。
このタイプの人は、あらかじめ異性とメッセージのやりとりができる婚活サイトのほうが向いています。
頑張っているのになかなか結果が出ないなら、自分の性格と今の婚活方法が合っているかどうか、考え直してみるのも良いですね。

相手の欠点に注目してしまう

「条件には合っているけれど、会話してみて楽しくなかった」「性格は良いけれど、趣味が合わないところが気になる」
婚活地獄にハマってしまうひとは、このように相手の欠点に注目してしまうことが多いです。
相手の良いところよりも悪い所をクローズアップしてしまうのですね。
もともと婚活は条件で相手を選ぶため、人を見る目が厳しくなりがちです。
しかし、相手の欠点にばかり目が行ってしまうと満足する人を見つけることはむずかしくなります。
どんなに良い人を見つけても、一つの点が引っかかり関係を深めることができません。
そうしているうちに多くの異性を逃し、気づけば苦しい状態に陥ってしまうのですね。
「タバコを吸う人は絶対にイヤ」「ギャンブルだけは許せない」このような譲れない条件は死守したほうが良いでしょう。
しかし、むやみにお相手の欠点を探す必要はありません。
もしも欠点が見つかっても、付き合ううちに気にならなくなることもあります。
相手の欠点を受け入れてお互いに成長していくことは、結婚生活の醍醐味だといえるでしょう。

自分を客観的に見られない

相手のことはしっかり観察できるけれど、自分のことは客観的に見られない。
このような人も婚活地獄にハマりやすいといえるでしょう。
自分の市場価値を見極められないと、高望みばかりしてしまうからです。
たとえば30代の女性が歳の近い男性ばかりにアプローチするのは、高望みだといえますね。
婚活中の男性の多くは若くて可愛らしい女性を狙っています。30代や40代の男性でも、ルックスの良い20代女性を望むのです。
また、平均的なルックスの女性がイケメンを狙うのも同じです。
イケメンは自分と似た美女を探しますから、平均的な容姿の女性はなかなか選ばれないのです。
自分を客観的に見られないと、自分と釣り合いのとれない相手を求めてしまうのですね。
多くの人は結婚相手に、自分とよく似た人を選びます。
誰しも自分のことはより可愛く思えますよね。ですが自分のスペックを把握して、似た相手を探すことで婚活のゴールは近づきますよ。
もしもスペックの高いステキな男性と結婚したいなら、その人に見合う女性になるよう努力することが必要ですね。

反省を次に活かさない

どうしてアプローチのメッセージが来ないのか、なぜカップル成立しなかったのか。うまくいかなかった理由を自分で考えることも大切です。
うまくいかない理由を改善することで、出会いの率や男性からの反応も変わるからです。
たとえば婚活サイトのプロフィール写真を変えるだけで、男性からのアプローチが何倍にも増えたりします。
メッセージのやりとりでは聞き役にまわるよう意識したり、明るい話題を心がけるだけでも返信が増えたりします。
うまくいかない状態が続くとストレスが溜まってしまいますから、同じ失敗を繰り返さないことが大切なのですね。
うまくいかない理由がわからない場合は、結婚相談所などでプロに相談するのも一つの手です。
客観的に自分を見てもらうことで、どこを直せば良いのかきっと気づけるはずですよ。

抜け出すために出来ることは?

幸せになるための婚活ですから、できればあまりストレスを感じずに頑張りたいものですね。
婚活地獄から抜け出すためにできることを考えてみましょう。

求める条件を考え直す

長く婚活していると「これだけ頑張ったのだから」と妥協できなくなりますよね。しかし時には初心に帰ることも大切です。
相手に求める条件は多すぎないか、条件が厳しすぎやしないか。一度求める条件を整理してみると良いでしょう。
高望みをしすぎず自分と釣り合う相手を探せば、婚活はそれほど難しくはありません。
条件を緩めるだけで、出会いの数は格段に多くなりますよ。
婚活には運も大きく関わっています。理想通りではないけれど、フィーリングがピッタリ合う相手と出会えることだってあるのです。
条件でがんじがらめにならず、肩の力を抜いて婚活してみてくださいね。

恋活から始めてみる

結婚相手を選ぶとなると、どうしても失敗したくないですから慎重になりますよね。
ですが、慎重になりすぎるといつまでも相手を決めることができず、婚活地獄にハマることも。
そんな慎重派の人には恋活から初めてみるのがオススメです。結婚を前提としない、彼氏をまずは探してみるということですね。
彼氏ならそれほど緊張せず選べますから、心の負担は少ないはずです。
交際して気に入ったら結婚に進めば良いので、相手をじっくり見て考えることもできますよ。

なぜ結婚したいのか考える

あなたはどうして結婚したいのでしょうか?
もしも「まわりの皆が結婚したから」「親に急かされているから」といった理由なら婚活はうまくいきません。
自分の意思で決めていないことに、人は前向きになれないのですね。
なんとなく婚活していることは相手にも伝わるので、男性から選ばれることが難しくなってしまうのです。
また「安定した生活がしたい」「一人でいるのが寂しい」などと理由があるなら、その理由を軸に婚活を進めることで、理想の人と出会いやすくなりますよ。
なぜ結婚したいのかを考えずに婚活することは、大海原をひとりで漂流するようなものです。
目標を明確にすることが、スムーズな婚活につながります。

先の不安を考えすぎない

「高収入の相手じゃないと、子どもが生まれたときに不安」「義理親の介護が必要になったらどうしよう」
そうやって先の不安を考えすぎると、うまくいく関係もうまくいかなくなってしまいます。
誰と出会っても安心できず、結局相手を決められない婚活地獄に陥ってしまうのです。
先のことを考えて、未然に対処することは大切です。
ただ、ネガティブに考えすぎると素敵な人とのご縁まで無駄にしてしまいますよ。

気分転換する

婚活に疲れたら、気分転換するのもおすすめです。
趣味に打ち込んだり、資格試験に挑戦したり。静かなカフェで読書をしたりエステに行くのも良いですね。
そうしてリフレッシュしてみれば、また新たな気持ちで婚活を頑張れるのではないでしょうか。
婚活にのめり込むと余裕がなくなり、緊迫感が相手にも伝わります。「焦っているな」と思われると男性に引かれてしまうのです。
好きなことをしたり息抜きをして、安定した心で婚活しましょう。

まとめ

婚活地獄にハマってしまったら、一度クールダウンして自分を見つめ直してみてください。
うまくいかない原因を改善することで、きっと道は開けるはずですよ。
幸せになるための婚活ですから前向きな気持ちで取り組みましょうね!