婚活バーってどんなところ?婚活バーのメリット、デメリットは?

婚活バーってどんな所?

相席スタイルの居酒屋やカフェなどいろいろなお店が婚活市場に乗り出す中、今回ご紹介する婚活バーはお酒を楽しみながら婚活ができるバーです。
では、婚活バーを詳しくみてみましょう。

婚活バーの仕組み

婚活バーと通常のバーとの違いは、入店時に会員登録が必要である点です。
年齢や職業などのプロフィールに加え、アルコールを提供する場なので年齢確認ができる身分証明書の提示が必要となります。
さらに、社員証の提示を求められることがある点には驚かれる方も多いのではないでしょうか。
実は、婚活バーの会員登録の審査は非常に厳しく、男性・女性を問わず無職の人は登録することができません。
軽いノリで飲みに行くのではなく、出会いを求めている人だけが入店することができる場所だと考えてください。
また、他の婚活スタイルと同様、出会いの場なので、登録時に婚活でよくある「自分が求めるタイプ」や「自己アピール」なども必要になる場合がありますが、各婚活バーによって違いがあります。

入店後の流れ

各婚活バーによって、席決められている場合もあればフリースタイルで自由に出会いを求めることができる場合もあります。
スタッフがどの程度サポートしてくれるかもお店によって違いがあります。
自分の希望するタイプの異性を席まで連れてきてくれる場合もあれば、自動的にすべての方と会話をする時間を設ける場合までさまざまです。
自分の性格に合った婚活バーを選ぶことが、その場を楽しみ出会いにつなげるコツです。

他の婚活との違いは?

婚活パーティーや街コンの場合、司会による進行に従って行動するのが一般的ですが、婚活バーに司会者はいません。
そのため、自分で行動する「行動力」や 「コミュニケーション能力」が必要となります。
魅力的に感じた相手には、自分から話しかけたり、連絡先を交換したりしないとただお酒を楽しんだだけになってしまうので要注意です。
また、カジュアルすぎる服装はNGなどドレスコードがある場合もあります。大人向けの婚活がコンセプトであるからこそ、質の高さにこだわっている場合が多くみられます。

婚活バーの料金は?

さまざまな婚活スタイルがある中で、気になるのが料金ではないでしょうか。
婚活バーの飲食代はチャージ制や飲み放題など店舗によって違いがあります。
ただ、共通して言えることは「男性と女性とでは料金が違う」ということです。
1回あたりの料金は、男性が1万円前後~であるのに対し、女性は無料や500円~1,000円程度のかなり手頃な価格です。
似たような出会いの場に思える、相席スタイルの居酒屋でもここまで男女の金額差はないので、これは婚活バーの特徴と言えます。

婚活バーのメリット・デメリット

婚活バーにもメリット・デメリットが存在します。
婚活という目的は同じでも、タイプや婚活に対する考え方は人それぞれ。自分に合った婚活法を選ぶためにもメリット・デメリットを知る必要があります。

婚活バーのメリット

婚活バーの一番のメリットは、大人の時間を楽しむことができるということです。
男女で料金差があることはお伝えしましたが、男性の金額は他の婚活スタイルよりも高額である場合がほとんどです。その金額を支払うことができる経済力を持ち、なおかつお酒を楽しむ大人の余裕を持った男性が集まる場なので、女性もそれ相応の年齢・タイプの人が集まります。大人の場であることから、年齢だけでなく定職に就いていることの証明が必要であることにも納得です。
居酒屋等でワイワイ楽しむ!のではなく、お酒を飲みながらゆっくりお互いのことを知る時間は、婚活バーならではの強みと言えるのではないでしょうか。

婚活バーのデメリット

婚活バーのデメリットとしては、男性の負担が大きいことを挙げることができます。
言ってみれば、女性側のドリンク代を負担する料金システムになるのでお金に余裕がある人でなければ参加することができません。
また、店舗によっては「サクラ」を用意している場合もあります。もちろん、全てのお店でサクラがいるわけではありませんが、宣伝効果を促すためにもとびきり美人な女性をサクラとして導入している場合も…。でも、素人目には見極めが難しいのが難点です。

婚活バーの注意点

婚活バーを利用する際に注意しておきたいことをご紹介します。

男女比に差がある

料金に差があることで、参加する男女比に差があることがあります。
通常、婚活パーティーなどであればある程度男女比を揃えることが多いのですが、婚活バーの場合男性と女性の割合が3;7あるいは2:8程度といわれており、明らかに女性の割合が高いです。店内に入るとより顕著にわかり、女性がほとんどである場合もあります。
裏を返せば、男性はかなりの有利で、数多くの女性との時間を設けることができます。
料金が高い分、得をするシステムと言えます。

決められた規則を守る

高額料金が必要となる男性に対して、女性はかなり安い金額で利用することができますが、お店によっては規則が設けられてる場合があります。
その規則としては「〇時間以上滞在する」というもので、どれだけ魅力的な男性がいなかったとしても、この決められた時間未満の滞在の場合、ペナルティーとしてテーブルチャージと飲み物代を請求されてしまいます。
無条件で無料なわけではないので注意が必要です。

お店の数が限られている

婚活バーの店舗数はまだそれほど多くはありません。婚活ブームに伴い、今後さらなる増加が期待されていますが現段階は主要都市の繁華街にある場合が多いため、地方都市にはまだ店舗数が少ない状態です。
もしも通いやすい場所にお店がオープンした際には、一度覗いて魅力を実感してみてください。

大人としてのマナーを守る

婚活バーは質の高い婚活であることから、ドレスコードが決まっている場合があるとご紹介しましたが、ドレスコードがない場合であっても身だしなみを整えて入店することがマナーです。
清潔感を重視し、露出の激しい服や奇抜な服装などは避けてTPOに合った服装を心掛けましょう。
また、いくら楽しい時間を過ごしていたとしても、飲みすぎて酔っぱらう…なんてことはNG。場合によっては入店を断られてしまう場合もあるので注意が必要です。
アルコールの強い・弱いは人によって差があるので、無理のないペースで飲むようにしましょう。

婚活バー まとめ

さまざまな婚活スタイルがある中で、より確実な出会いを求めるのであれば、自分にあった婚活スタイルで攻めることがポイントとなります。
婚活バーは、大人の出会いが可能である上、お酒とともに時間を楽しむことができるので、お酒好きにはたまりません。
他の婚活では期待していたような出会いを得ることができなかった…という方でも、バー特有のオシャレで暗めの店内でお酒の力を借りることができる婚活バーであれば勇気を出して一歩踏み出すことができるのではないでしょうか。
考えていても婚活は進みません。まずは一度体験することからはじめましょう!