どうしたらワンナイトできる!?ワンナイトしやすいシチュエーションとは

 
色々なシチュエーションで起こりうるワンナイトラブ、今まで生きてきてワンナイトラブを経験したことがあるという人も少なくないでしょう。
ワンナイトラブというのはどういった状況で起こるものなのか、ワンナイトラブしようと思ってできるものなのか、今回はそう言ったことにスポットライトを当てていきます。
 
女性がワンナイトライブしたくなってしまうような状況を理解することができれば、気になる女性とベッドインまでこぎつけることができるかもしれません。
まだワンナイトラブを経験したことがないという男性は、狙い撃ちできるように知識を身につけておきましょう。

4割近くの女性がワンナイトラブの経験があり

意外に思えるかもしれませんが、ワンナイトラブを経験したことがあるという女性は全体の約4割近くにのぼります。
かなりの割合の女性が今までワンナイトラブを経験しているのです。
 
勢いでやってしまったという人が多く、計画的なワンナイトラブはほとんどありません。
お酒を飲んでいるシチュエーションだとやはりワンナイトラブが起こりやすいようです。
 
お酒が入ると人間は心も体も緩んでしまうので、一夜限りの関係性が成立しやすくなります。
男性諸君はこういったところを狙い撃ちすると、気になる女性とベッドインできるかもしれません。

逆にワンナイトラブしたことない女性の意見は…

ワンナイトラブしたことない女性の中には、色々な生きを持っている人がいます。
「そういった関係性になっても後々ろくなことがない」と妙に達観しているような人もいれば、「興味はあるけどいざワンナイトできる状況になったら怖気づいてしまう」といったような人まで、さまざまです。
 
大好きになった人としか体の関係を持てないという潔癖な人もいるようですし、ワンナイトラブには向き不向きがあると考えられます。
どれだけシチュエーションを工夫しても、相手の女性が一夜限りの関係にあまりいい思いを抱いていなければベッドインするのは難しいかもしれません。

女性をワンナイトラブに誘うシチュエーションとは?

ワンナイトしやすい状況①お酒の場

とにもかくにもまたはアルコールを摂取しないとワンナイトは始まりません。
お酒を飲むことによって SEX のハードルが下がり、ワンナイトできる可能性が高まります。
 
ワンナイトしたい女性がいたら、まずはお酒の場に誘うというところから始めてみてください。
もちろんお酒を飲んでもガードが固い女性がたくさんいますが、心のどこかにはんないとしてもいいかもという気持ちがある女性は、お酒を飲むとコロリと気を許してくれる可能性も高いです。
 
大勢の飲み会でも二人っきりのデートの場でも、とにかくまずはお酒を飲むということが求められます。
相手がお酒に弱い場合は無理に飲ませてはいけませんが、ある程度飲めるようであれば酔っ払わまで一緒にお酒を飲み交わしましょう!

ワンナイトしやすい状況②終電を逃す

お互い終電を逃してそのままラブホテルへ…といったようなワンナイトのシチュエーションも非常に多いです。
気になる女性とワンナイトしたくて、相手に時間を気にさせないようにするという手法をとる男性もいます。
 
相手が帰ろうとしているのに無理やり引き止めるというのはNGですが、終電近くになってもなかなか帰ろうとしない女性はワンナイトを狙える可能性が高いです。
相手にさりげなく「終電そろそろじゃない?いいの?」「このままどっか泊まっちゃう?」なんて声をかけてみてもいいかもしれません。
 
ワンナイトに対して乗り気な気持ちがあれば、相手の女性もそのまま終電を逃してくれるはずです。

ワンナイトしやすい状況③合コン帰り

友達同士や知り合い同士など、元々ある程度の関係性がある状態からはなかなかワンナイトが生まれません。
合コンなど初対面の人たちと交流する場所の方が、一夜限りの関係性を築きやすいと言われています。
 
なので女性とはないとしたいと思っている男性は、積極的に合コンなどに参加するのがベター。
一次会でいいなと思う女の子を見つけたら、その後二人っきりになれるようにさりげなく誘ってみてください。
 
相手がイエスと言ってくれれば、ワンナイト一歩近づいた証拠。
その後も一緒にお酒を飲んで、相手のハードルが下がってきたなと思ったらホテルなどに誘ってみましょう。

ワンナイトの後に女性に連絡を取ってもいいの?

ワンナイトした相手と連絡先を交換するということも珍しくありません。
ただなんとなくワンナイトセックスした後に連絡するのは気まずい感じがしますよね。
 
女性の中でワンナイトを後悔しているという人は、全体の約2割程度にとどますそうです。
つまり大半の女性はワンナイトしたことに対して後悔を抱いていません。
 
もう一度連絡を取ってまたきっかけがあればベッドインしたい…そう考えている男性も多いでしょう。
案外相手の女性はさっぱりした感情を持っていると思うので、ワンナイトした後でも普通に連絡を取って大丈夫です。
 
心配する必要はありません、電話でもメールでも LINE でも普通に話しかけてみてください。

ワンナイトしやすい女性の特徴まとめ

特徴①彼氏と別れてかなりたつ

彼氏がいない女性は欲求不満なことが多いです。
彼氏と別れてすぐの女性はなかなか one night に誘えることが少ないですが、長い間彼氏がいない女性は比較的応じてくれることが多いと言います。
 
ワンナイトすることによって自分が求められているという喜びを得ることが出来ますし、今好きな人がいない状態であれば「遊びの一環」としてベッドインしてくれる可能性も高いです。
ご飯を食べている時に色々聞き出して、現在彼氏がいない状態かつ長い間いないということであればホテルに誘ってみてもいいかもしれません。

特徴②エッチなことが好きな女性

会話していく中で、エッチなことが好きだなと思うような節があれば…その女性とワンナイトできる可能性は非常に高いです。
エッチなことが好きな女性は好奇心旺盛で、大好きな相手でなくても体を重ねることができます。
 
軽い気持ちでセックスしてくれる貴重な存在、相手の女性がエッチなことが好きということがわかればホテルに誘ってみてもいいでしょう。
中には自分の部屋に招いてくれるような女性もいるかもしれません。
 
体の相性がよければ一度だけでなく、その後の関係性が続くこともあるでしょう。

特徴③自分に魅力がないと思っている女性

ワンナイトしている女性は男性慣れしているというイメージが強いですが、案外そういうわけでもないんです。
逆に男性経験が少なく自分に自信を持っていない女性の方が、セックスに誘いやすいという噂もあります。
 
そういった女性は自分に対して魅力がないと思っていることが多いので、褒めてあげたり求めてあげたりすると one night に応じてくれるかもしれないです。
男性経験が少ない女性でもコミュニケーションをしっかりとって相手の良さを伝えてあげれば、あなたに対して心を開いてくれるのも時間の問題。
 
ワンナイトできる可能性は決して低くありません。

相手の了承をしっかりで手からワンナイト!

相手がそこまでの力ではないのに無理やりにホテルに連れ込むというのは、絶対やってはいけない行為です。
ワンナイトといえどもしっかり相手に許可を取らなければだめ、ホテルインしたあとも本当にセックスに進めていいのか確認を取るようにしてください。
 
ベロベロに酔っ払っていると正常な判断ができないので、相手の女性がそうなってしまったらセックスするのはやめましょう。