ED 治療薬レビトラ!通販でも購入できるって本当?

日本で取り扱われている ED 治療薬にはいろいろな種類がありますが、今回はその中でもレビトラという治療薬にスポットライトを当てていきましょう。
レビトラを使ってみたいと思っている人は、参考にしてみてください。

またレビトラを通販で購入したいと思っている人もいるでしょう、 ED 治療薬であるレビトラの通販事情についても見て行きましょう。

ED療薬レビトラの特徴

値段は一錠1500円程度

レビトラは ED 治療専門クリニックなどで取り扱いがあります。
医師の診察を経て、レビトラを使用してもらうことができます。
レビトラ10mg/錠で大体1500円程度、1錠で1500円と言うととても高く思われるでしょう。
レビトラに限らず日本で扱われている治療薬はこれくらいの値段が一般的、即効性があり効果が高い分料金がどうしても高くなってしまうのです。
診察は特に洋服を脱いだり下半身を触ったりすることはないようなので、恥ずかしがりやの男性でも安心。
これから ED 治療を受けようと思っている人は、躊躇せずにクリニックの門を叩いてみてください。

刺激を与えると勃起する

ED 改善薬と言うと飲んだ瞬間に勃起が始まりそうなイメージですが、そういったメカニズムではないので安心してください。
レビトラを飲むとその成分がじわじわと体に浸透し、勃起しやすい体を作っていきます。
勃起しやすい体だからといってすぐに勃起するわけではなく、物理的な刺激や視覚的な刺激を受けた時に初めてペニスは勃起します。
ペニスに触ったり、パートナーの裸を見たり、そういった性的な刺激を受けることで勃起が始まるのです。
自分の意思とは全く関係なく勝手にペニスが勃起するということはないので、安心してレビトラを服用してくださいね!
逆に性欲が全くない時にはレビトラを飲んでも勃起しません。
パートナーとのセックスの時に勃起を流したい場合は、物理的または視覚的な性的刺激を与えるようにしましょう。

同じ日に2回服用してはいけない

大きな副作用もなく安全に ED を改善できる治療薬がレビトラ、ただ一つ注意しなければならないことがあります。
それは、「同日に2回飲まないようにする」ということ。
一度レビトラを服用したら必ず24時間空けて、次を服用するようにしてください。
24時間空いていれば連日飲んでも構いません、しっかり間隔をあけて連続服用するようにしましょう。

レビトラは通販でも購入することができる!?

病院のサイトなどを閲覧すると、「レビトラは必ず医師の診察を受けてから病院で処方してもらうようにしてください」と記載があるようです。
しかしネットでレビトラの購入方法を調べていると、通販で購入したという人も多く見られます。
一般的には病院でレビトラを処方してもらうのが正しい購入方法ですが、個人輸入サイトを使ってレビトラを入手しているという人も少なくないようです。
個人輸入サイトを使って買うのは違法ではありません、ただ安全性という面を考えるとおすすめできないというのも事実…。
実際に個人輸入サイトでレビトラを買った人が、「偽物をつかまされた」「通販したレビトラの配合成分がおかしい」と言っているケースも珍しくありません。
通販サイトは非常に便利で病院に行かなくても購入できるという点でメリットがありますが、安全性を欠くというデメリットがあることも忘れないでください。

レビトラは通販サイトで購入した方が安い?

ネットを見てみると沢山の個人輸入サイトがあります。
病院でレビトラを購入すると一錠1500円程度しますが、通販サイトだと2/3程度に費用が抑えられることも多いです。
安くレビトラを購入したいのであれば、病院よりもネット通販に軍配が上がると思います。
しかし、安すぎるレビトラは偽物の可能性があり、注意しなければなりません。
ネットでのレビトラの価格が、一錠1000円以下である場合は少し疑った方がいいですね。

商品が届かないこともある…保障がないのもデメリット

海外から商品を発送している個人輸入サイトも多いです。
海外から発送となると商品を送る際のトラブルもつきもの、注文した商品が届かないと言う自体も珍しくありません。
これはサイトに悪意があるというわけではなく、単純な郵便事故。郵便事故が起こった場合保証してもらえる個人輸入サイトは多くないので、場合によっては「届かなかったら諦めてください」状態になってしまうことも…。
郵便事故があった場合にしっかり保証してもらえるのかどうかは、購入する前に確認しておきたい事項のうちの一つです。
対応スタッフの中に、日本語が通じる人がいるのかどうかもチェックしておきましょう。

どういった個人輸入サイトなら信用できるのか?

ここ数年で薬の個人輸入サイトの数というのも爆発的に増えていて、消費者からするとどのサイトを選んでいいのか分からない部分も多いと思います。
明らかに商品数が少ないサイトは、避けた方が無難でしょう。
詐欺サイトである可能性が高いですし、商品が来たとしてもそれが偽物かもしれません。
特定商取引法などの記載がないサイトもアウト、管理者情報やお問い合わせ窓口があるかどうかというのもしっかりチェックしておきましょう。
事前に個人輸入サイトの細部を確認しておくことで、トラブルというのは未然に防ぐことができます。
病院に行かなくてもお手軽にレビトラを購入できる次第、リスクもありますが事前準備を怠らなければ便利にリーズナブルにレビトラをゲットできるはずです。
個人輸入サイトを利用している人の口コミなどにもきちんと目を通して、安全な買い物ができるようにしましょう。
信用できる個人輸入サイトを見つけることができれば、レビトラ以外の薬も色々購入できるようになって生活の利便性が高まります!