産後にセックスレスになってしまうのはなぜ!?解消方法は?

子供を産んだら夫婦間でのセックスがぱったりとなくなってしまった、これはリアルでもネットでもよく聞く話です。
産後にセックスレスになってしまう原因にはいろいろなことが考えられます。

セックスレスで悩んでいるという人は、まずは原因を解明することが先決です。
原因を解明することができれば解消方法もおのずと見えてくることでしょう。

自分たち夫婦のセックスレスに貶めている原因について、まずはじっくり考えてみてください。

産後セックスレスになってしまう原因①妻の体調が元に戻らない

出産してすぐに女性の体調が元に戻るとは限りません。
しばらくの間なかなか体力が回復しなく、子供を見ているだけで精一杯という状況が訪れることもあります。

そうなるとなかなか夫とのセックス生活が再開しなくなるのです。
男性がどれだけ育児に熱心で、妻の体に気を使っていたとしても、女性の体に復調の兆しが見られなければセックスレスは続いてしまうでしょう。

起き上がれないほど体調が悪いという場合は病院に行くべきですが、「そこまでではないけど日常生活を続けるだけで精一杯」という女性が多いといいます。
自然に妻の体調が回復するまで待たなければいけないので、男性からするとなかなか辛いセックスレスの状況が続いてしまうかもしれません。

産後セックスレスになってしまう原因②子供がいるからセックスする場所がない

子供が生まれるとどうしてもセックスをする場所がなくなってしまいます。
今までは夫婦共同の寝室を使っていてもおそらくそこに子供と一緒に寝ることになりますよね。

そうなるとなかなかセックスのムードを高めることができません。
広い家を持っている人であれば子供が寝ている部屋と別の部屋でセックスをすることができますが、そんなにたくさん部屋を持っている家庭もないですよね。

産後にセックスをするとなるとどうしても子供が寝ている隣ですることになるので、後ろめたい気持ちになってしまうのもしょうがありません。
セックスしたいという気持ちはあるのに場所の確保ができない、これも産後にセックスレスになってしまう要因のうちの一つです。

産後セックスレスになってしまう原因③子育てにいっぱいいっぱいで時間がない

子供を産んだ後は家庭の中心が子育てになってしまいます。
子供を育てることでいっぱいいっぱい、時間も精神的な余裕もなくセックスというものが日常から外れてしまう…そういった夫婦も珍しくありません

。特に子供が2人目3人目になると、セックスどころか自分たちの自由な時間も全くない状況に陥るでしょう。
夫婦で協力して子育てしていたとしてもセックスの時間が取れないということは多々見られます。

どうにかして時間をやりくりしてセックスするという無理な状況が続くと、いつのまにかセックスレスの状況になってしまうのです。
夫婦どちらかに原因があるわけではなく、これは家庭環境的にしょうがない部分もあるので自分を責めないようにしましょう。

産後セックスレスになってしまう原因④妻の性欲がなくなってしまう

出産を機に、女性の性欲が全くなくなってしまうというのはよくあることです。
これはホルモンバランスが大きく関係していると言われていますが、女性も自分で驚くほど性欲が減退してしまうという状況が起こり得ます。

先ほどの体調が戻らないという原因とは逆、体は元気なのにセックスをしたいというモチベーションが全く削がれてしまうような状況です。
ホルモンバランスをどうにかして元に戻さないと、産後のセックスレスは続いてしまうでしょう。

男性としてもどうにかして打開策を打たないと、そのまま子育てに追われ夫婦がセックスに向き合わないような日々が続いてしまうと思います。
自然にホルモンバランスが元に戻る女性もいれば、そのままずっと性欲がわかずセックスレスが続く女性もいるのです。

どうしたらセックスレスを解消することができるのか?

夫婦どちらかがセックスレスの状況に対して不満を持っているのであれば、打開しなければなりません。
セックスレスで悩んでいるということをパートナーに隠し続けることは良くないこと、我慢する状況が続けば離婚にも発展するでしょう。

もしもパートナーにセックスレスで悩んでいる事を打ち明けられたら、二人でしっかり向き合うようにしてください。
仕事や子育てがあって大変かと思いますが、良好な夫婦関係を継続させるためにはセックスレスという悩みの種を解消する必要があります。

産後のセックスレスを解消する方法についても言及しましょう、実践できるような方法があればどんどん取り入れてみてくださいね!

産後のセックスレスを解消する方法①ベビーシッターを雇う

ベビーシッターに預けられる経済的余裕があれば、子供を預けて夫婦二人だけの時間を持つようにしてみてください。
子育てから解放されることによって心の余裕が生まれますし、日常ではなかなか確保することができない夫婦の時間を楽しむことができるでしょう。

二人っきりになることで直接的なコミュニケーションができますし、ちょっとしたふれあいからセックスにつながることも多いです。
丸1日子供を預けなくてもいいので、まずは数時間預けることから始めてみてください。

たまには子供を誰かに預けて二人だけの時間を享受するというのも、セックスレスを解消するために必要なことです。
妻の性欲がなくなってしまったケースや、子供が家にいることでセックスする気になれなくなったケースに有効な方法と言われています。

産後のセックスレスを解消する方法②挿入なしのセックスをする

産後の女性の体はとても敏感で、特に陰部はまだ傷が癒えていないかもしれません。
ナイーブな体のうちにセックスを再開してしまうと、痛みを感じることも多いので注意が必要です。

挿入しないセックスを実践することによって、体をいたわりながらお互いコミュニケーションを取ることができるでしょう。
キスやハグをメインに、オーラルセックスやポリネシアンセックスを行ってみてください。

素肌で触れ合うという習慣をつけることができれば、体が回復した後にスムーズにセックスに持って行きやすくなります。
子供を産んだ後に完全に夫婦のふれあいをなくしてしまうと、「恥ずかしい」「触るのに抵抗がある」という感情が生まれやすくなるのです。

そういったマイナスの感情を産む前に、挿入なしのセックスなどで夫婦のふれあいを継続させるようにしてください。

産後のセックスレスを解消する方法③雰囲気作りをしてみる

子供が生まれると家の中も生活感が溢れるようになり、なかなかセックスをするムードに繋げるのが難しいです。
なので寝室だけは雰囲気作りがしやすいような環境に日々整えるというのが重要、なかなか妻がセックスする気持ちになってくれないとお悩みの男性はムードづくりを徹底しましょう。

常に清潔なベッドシーツに切り替え、アロマや香水を振っておく。おしゃれな間接照明を取り入れてムーディさを出す。
落ち着いた BGM を流して女性をリラックスさせる。

こういった地道な雰囲気づくりをすることができれば、産後のセックスレスにも終止符を打つことができるかもしれません。
ただただセックスしてほしいと口でお願いするだけでなく、行動でやりたいという意思を示すことも重要です。

色々な工夫を凝らして家庭内の一部に、セックスの雰囲気を漂わせるような空間を作りましょう!