女性でも加齢臭がしてしまう!?加齢臭の原因と対策を知ろう

加齢臭と言うと男性だけが悩むものだと思いがちですが、女性にも起こりうる体のトラブルのうちの一つです。
昔はほとんど気にならなかった体の匂いが、年齢を重ねることに穴になってしまう…。

これは立派な加齢臭です。どうして女性でも加齢臭がしてしまうのでしょうか?
まずは加齢臭が起こる原因を探っていきましょう。

原因を明らかにすることによって、加齢臭の改善策が見えてくるはずです。

女性でも加齢臭が起こる原因

女性ホルモンの減少

年齢を重ねることに分泌される女性ホルモンの量というのはどんどん減っていきます。
女性ホルモンは男性ホルモンの活動を抑える働きがある存在、加齢によって女性ホルモンが減ると男性ホルモンが活発になってしまうのです。

活発になった男性ホルモンは体における皮脂量を増やし、体臭を引き起こしてしまいます。
若い時にはドバドバと女性ホルモンが出ていて男性ホルモンの働きは抑えられていたものの…年を取るとそれが出来なくなってしまうのです。

個人差もありますが、女性ホルモンは20代後半をピークにどんどん減少していきます。
アラフォーになると減少が加速するとも言われているので、より一層加齢臭の対策をしなければなりません。

匂い成分であるノネナールが増える

男性でも女性でも年齢を重ねるごとに、脂肪酸の一種である9-ヘキサデン酸という物質と活性酸素によって酸化された過酸化脂質という物質が増えます。
この二つが組み合わさるとノネナールという、体臭の原因になる匂い成分が作られてしまうのです。

あの独特な加齢臭の匂いを引き起こしているのはこのノネナールという成分…。
しっかりケアをしないと身体全体から慢性的にノネナールの匂いがしてしまいます。

ノネナールは汗や皮脂と混ぜるとさらに嫌な臭いを発生させる存在、ノネナールの量を減らす対策をすると同時に汗や皮脂を逐一ケアするマメさも求められます。

抗酸化物質の働きが低下

年をとるごとに体の細胞というのはどんどん酸化して行きます。
20代や30代の時には抗酸化物質が体の中で活発に働き、体の内側が酸化するのも防いでくれるのですが…。

年齢を重ねると子の働きが鈍っていきます。
体内の活性酸素によって人間の細胞はどんどん酸化、臭いのもととなる皮脂も例に漏れず酸化します。

皮脂を生み出さないようにするというのも大事ですが、体から生成された皮脂を酸化させないという努力も必要になるのです。
特に頭や耳の後ろ、脇の下やデリケートゾーンなどの皮脂が酸化しやすいと言います。きっちりケアしていきましょう!

どうしたら体から加齢臭がしなくなる?

このように年齢を重ねることに女性の体から、加齢臭がしやすくなる要因はたくさんあります。
加齢というのは普通に生きていれば誰でも起こってしまう現象、止めることはできません。

できるだけ体から加齢臭をさせないためにはどのような対策をとればいいのでしょうか?
誰でも簡単にできる加齢臭の改善策についてご紹介してます。

誰でも簡単にできる!加齢臭の解消方法

食生活の改善を図る

bigfatcat / Pixabay

加齢臭がしてしまう女性の大半が、乱れた食生活を送っています。
最近は女性でもバリバリ働く人が増えたので、そのぶん食事が適当になりがちです。

体臭を引き起こしやすい食べ物として、肉・揚げ物・冷凍食品・お酒などがあげられます。
体の中で活性酸素が発生しやすくなるので、こういった食べ物はできるだけ控えた方がいいでしょう。

毎日のように口にしているという女性は、今すぐ改めて別のものを食べるようにしてください。
体臭を改善する効果のある食べ物としておすすめなのが、大豆・発酵食品・無添加の食べ物・緑茶などです。

特に大豆には抗酸化作用のあるイソフラボンが含まれているため、加齢臭改善にはもってこいの食べ物!
積極的に口にするようにしてください。

サプリメントを摂取する

cenczi / Pixabay

忙しくてなかなか自炊ができないという人は、サプリメントで栄養を補うようにしましょう。
ビタミン c やビタミンE、 ベータカロチンなどのサプリメントを毎日摂取すると体臭改善することができます。

この他にもコエンザイム Q 10、アルファリポ酸、アルタキサンチンなどのサプリもおすすめです。
サプリメントはすぐに効果は出ませんが飲み続けていれば少しずつ体質改善ができるアイテム。

気長に飲み続けていきましょう!

定期的に運動する

skeeze / Pixabay

社会人になるとなかなか運動する時間が作れなくなります。
運動習慣がなくなると汗をかく機会も少なくなって、それが体臭に繋がる可能性が高いです。

汗をかかない体は古い皮脂がたまりやすく、慢性的に体から嫌な臭いがしてしまいます。
しっかり汗を流す習慣をつけて、汗腺から新しい汗をどんどん流していきましょう。

また運動をすることで体の中で抗酸化物質が作られ、臭いの元を生み出す活性酸素を減らすこともできます。
強度の低い運動を、長時間するのがベター!

ウォーキングやランニング、ホットヨガといった有酸素運動をするようにしてください。

お風呂では湯船につかる

風呂

最近は女性でもシャワーでささっと済ませるという人が増えてきたように思います。
こういったシャワーだけで済ますという習慣も、体臭の原因になるので注意しましょう。

体臭を改善するためにはしっかり湯船に浸かり、毛穴を開かせる必要があります。
湯船に浸かった暖かさで体の毛穴がしっかり開き、溜まった皮脂も洗い流すことができるのです。

お風呂の温度はだいたい40℃程度にしておくのがベスト、湯船に浸かると全身の血行が促進されて美容効果も得られるので非常にお勧めですよ!
年齢を重ねると頭からも加齢臭がしてくるので、若い時以上に頭部をしっかり洗う必要があります。

指の腹でしっかり頭皮を揉み解しながら、髪の毛を洗うようにしましょう。
シャンプーもできるだけ臭いを消す効果のあるものを使ってください。

加齢臭で悩んでいる女性におすすめの成分

シャンプーや石鹸を選ぶときに、できるだけ加齢臭を改善できる効果のある成分が含まれているものを選ぶのがオススメです。
最近注目されているのがカキタンニン、柿タンニンにはポリフェノールが多く含まれていてそれが体を抗菌してくるといいます。

ポリフェノールの効果で気になる体臭を撃退していきましょう。
竹炭も、消臭効果のある成分としておすすめ。

竹炭には小さな穴がたくさん空いていて、その穴が嫌な臭いの成分や物質を吸着してくるのです。
ミョウバン・茶カテキンなども加齢臭改善のために役に立つ存在。

こういった成分が含まれているシャンプーや石鹸を使うようにすれば、体からに発生する加齢臭を解消することができるはずです!

ストレスをためないということもポイント

RyanMcGuire / Pixabay

ストレス社会の現代でストレスをためないというのはなかなか難しいですが、精神的な負担も加齢臭の原因になるので注意が必要です。
人間の体はストレスを感じると、活性酸素が増えると言われています。

なのでできるだけストレスをためず、活性酸素を発生させないようにするのが体臭解消のポイント。
強いストレスを感じても発散できるような術を身につけておくのがオススメです。

しっかりストレスケアをして体臭のない体を目指しましょう!