女性が感じるポルチオ性感帯!上手な責め方とは?

女性には色々な性感帯がありますが、中でもポルチオ性感帯という場所は大きなオーガズムを得られるポイントです。
セックス中によりパートナーを感じさせたいと思っている男性は、上手なポルチオ性感帯の責め方を勉強していきましょう。

クリトリスや G スポットなどが有名な性感帯ですが、ポルチオ性感帯のことについても学んでみてください。
ポルチオ性感帯は膣の一番奥深くに存在していて、責めづらいというのが困難なところ…。

ただ一度開発すると、今まで感じたことのない大きなオーガズムの波を感じることができるといいます。

まずはポルチオ性感帯の場所を知ろう

G スポットは膣口を入ってすぐの、お腹側にある性感帯です。
これよりもさらに奥に位置しているのがポルチオ性感帯、大体膣口から八センチぐらいの所にあると言われています。

子宮の一歩手前にあるコリコリしたポイント、それがポルチオ性感帯です。
G スポットでオーガズムを得られる女性は、ネクストステージとしてポルチオ性感帯を開発していきましょう。

G スポットにおける快感をさらに上回るような気持ち良さが、ポルチオ性感帯には秘められています。
指ではなかなか届かない位置にあるので、前戯や愛撫の時にポルチオ性感帯を刺激したいのであればおもちゃを使うようにしてください。

長めのバイブやディルドであればポルチオ性感帯にも届くはずです。

どのようにポルチオ性感帯を責めればいいのか!?

具体的にどのような責め方をすればいいのか、ポルチオ性感帯を上手に刺激できるセックスのやり方についてご紹介しましょう。
ポルチオ性感帯は目視できない場所にあるので責めるのが難しいですが、一度コツをつかめば難しいという意識がなくなるでしょう。

パートナーの女性の新しい扉を開くために、セックスにおけるポルチオ性感帯の上手な責め方を勉強していきましょう。

上手なポルチオ性感帯の責め方①正常位で女性の足を持ち上げる

ポルチオ性感帯をペニスで刺激する時には、正常位で行うのがおすすめです。
他の体位だとなかなかうまくいかないので、まずは正常位から始めましょう。

正常位であれば平均的な長さのペニスでも、しっかりポルチオ性感帯まで届くはずです。
正常位になった後、女性の足を男性が持ち上げてできるだけペニスを奥まで挿入できるようにしてください。

女性の足の角度を調整しながら、一番深く挿入できるところを探してみましょう。
最初から大きなグラインドでピストンするのではなく、まずはゆっくりやさしく出し入れしてください。

ポルチオ性感帯はとても敏感な部分なので、強い刺激を与えてしまうと女性が痛いと感じることがあります。

上手なポルチオ性感帯の責め方②クリトリスやGスポットの愛撫から入る

ポルチオ性感帯を刺激した時にできるだけ大きなオーガズムを感じるためには、そこに至るまでのプロセスが重要です。
まずは女性のクリトリスや G スポットを刺激して、一度イかせてあげましょう。

オーガズムに導くことによって、ポルチオ性感帯は膣口に近づいてくると言われています。
ポルチオ性感帯が膣口の近くに来ればペニスでも刺激しやすくなるので、まずは女性をイかせてください。

クリトリスは目で見える位置にあるので愛撫しやすいと思いますが、問題は G スポットです。
G スポットは膣に指を第二関節あたりまで入れた時に当たる、 比較的ザラザラした部分。

ここをぐいぐいとを優しく押し込むような感じで刺激してあげましょう。
女性が気持ちよさそうにしていたら、トントンと叩くような刺激に変えてより気持ちよくさせてあげてください。

上手なポルチオ性感帯の責め方③円を描くように刺激

クリトリスや G スポットを責めてしっかり準備が整ったら、勃起したペニスを挿入して女性のポルチオ性感帯を刺激しましょう。
ペニスを一番奥まで挿入したらしばらく動かないようにしてください。

じっとしていることであなたのペニスと女性の膣が馴染み、女性がオーガズムを感じやすくなるのです。
しばらくしたらペニスの先端を奥に押し込み、円を描くようにポルチオ性感帯を刺激していきましょう。

ここでは腰使いが非常に重要になります。できるだけ上手に腰を動かして、円を描いてみてください。

慣れてきたら2点責めもおすすめ

ポルチオ性感帯を刺激することに慣れてきたら、マルチオーガズムにも挑戦してみましょう。
マルチオーガズムというのは、同時に2点以上の女性の性感帯を刺激することをさせます。

例えばクリトリスを指で愛撫しながら、ペニスでポルチオ性感帯を刺激するというやり方。
この2点責めをすることによって女性はより大きな快感を得ることができます。

しかも言っときの大きな絶頂ではなく、長時間にわたる波のようなオーガズムを得ることが可能なのです。
女性をオーガズムの波に導くことができれば、あなたはセックスマスターと呼ぶに相応しい存在になります。

セックスの技術を磨きたいと思っている男性は、マルチオーガズムができるように努力していきましょう。

ポルチオ性感帯は責める前に男性がすべきこと

これはにセックスにおけるマナーにあたりますが、しっかりと爪を切って衛生的にしておきましょう。
クリトリスや G スポットを愛撫する時には、女性の陰部に触れることになります。

陰部は粘膜でできていてとてもナイーブ、少し爪が引っかかっただけで簡単に傷ついてしまうでしょう。
女性の体を傷つけないためにも、セックスの前には必ず爪を切って膣口や膣内を傷つけないように心がけてください。

またポルチオ性感帯を刺激する時には優しく責めるのが鉄則です。
アダルトビデオの見過ぎで、「強く責めればいい」と思い込んでいる男性も少なくありません。

ガシガチと責めれば女性は気持ち良くなれる…というのは幻想なので注意しましょう。
優しくせめて女性をオーガズムに導いてあげてくださいね。

慣れてきたらバックや騎乗位でもイけるようになる

まだポルチオ性感帯を開発したことがない女性に対しては、正常位で責めるのがお勧めとお話ししました。
正常位がおすすめなのはより深い挿入ができるからです。

パートナーの女性のポルチオ性感帯の位置を把握し、挿入に慣れてきたら、バックや騎乗位などの体位でもポルチオ責めを行ってみましょう。
相手の女性のポルチオ性感帯の位置が分かれば、これらの体位でも十分オーガズムに導くことができるはずです。

特にバッグは女性のお尻を叩くことができる体位、一度オーガズムの波に乗った女性はお尻をたたかれることでより感じることもあります。
スパンキングが好きという女性には、こういった挿入以外の刺激を与えてあげるのもオススメです。

もちろん叩かれて不快に思う女性もいるので、そこをしっかり相手の意思を確認しなければなりません。

愛液が少ない時にはローションやオイルを使う

より深い挿入をするためにはペニスの滑りというのが重要です。
女性は性的快感を得ることで体内から愛液が出て、それが潤滑剤になります。

ただ体質によってはこの愛液がなかなか出ない人もいるので、そんな時はローションやオイルを活用するようにしてください。
ローションやオイルで滑りを良くすれば、ペニスが大きくない人でも女性のポルチオ性感帯に届きやすくなります。

また女性の膣口や膣内をしっかり濡らしてあげることによって、女性が痛みを感じるリスクを減らすことにもつながるでしょう。
きちんと陰部をトロトロにしてあげて、快適なセックスができるように配慮して行ってください。

ポルチオ性感帯を責めている時は、女性に「痛くない?」と逐一声掛けしてあげるといいかもしれませんね!