すぐに病院に行けない時には…性病検査キットを使おう!

セックスをした後に下半身の様子がどうもおかしい、そんな時は性病を疑った方がいいかもしれません。
性病にはいろいろな種類がありますが、陰部から変な臭いがしたりかゆみや腫れを伴ったりしたら、性病の可能性が高いです。

できればすぐに泌尿器科に行った方がいいですが、デリケートな部分なので病院に駆け込みづらいという人も多いでしょう。
そんな時は性病検査キットを使ってみるのがおすすめです。

性病検査キットとはどんなものなのか、使うことで何がわかるのか、ご紹介しましょう!

性病検査キットにも色々な種類がある

性病検査キットには病気に合わせた様々な種類があります。
ひとつの検査キットではひとつの病気しか検査することができないため、まず最初に自分がどの性病の可能性があるのか見極めなければなりません。

例えば性病Aにかかったかもしれないと思ってA用の性病検査キットを使ったとします。
ここでわかるのはあくまで性病Aにかかったかどうかだけ、性病BやCに関しては判断することができません。

症状別におすすめの検査キットをご紹介しますので、該当する性病検査キットを使ってみましょう。

新しいパートナーとゴム無しでセックスをした場合…

コンドーム

ワンナイトの相手や知らない相手とゴムなしのセックスをした時、一番懸念しなければならないのは HIV です。
相手がもし HIV になっていたとしたら、陰部を通してあなたに感染している可能性があります。

コンドームをつけないと HIV の感染率は高まってしまうので注意が必要です。
お酒に酔っ払った勢いで知らない相手と関係を持ってしまった…なんてことがあれば、症状が出ていなくても検査キットを使うべきでしょう。

HIV 検査キットを使って自分が感染していないか確認するようにしてください。
また新しいパートナーができたときに、念のため検査しておきたいという人にも HIV 検査キットがおすすめです。

尿道に違和感がある・おしっこをした時に痛みがある

クラミジアや淋病に感染した時は、尿道に炎症が起きることがあります。
いつもは感じないような尿道への違和感があったり、おしっこをする時に痛みを感じる場合は、この二つを疑った方がいいかもしれません。

クラミジアや淋病クラミジアの性病検査キットを使ってみてください。
クラミジアの検査方法は尿検査と同じような要領です。

専用の容器に自分の尿を入れて、キャップをしてからあらかじめ入っている液体と尿を混ぜ合わせるようにします。
採取した尿はそのままレターパックなどを使って病院へ送るようにしましょう。

陽性の判断が出たら、必ず通院するようにしてください。

ペニスから白い膿が出てしまっている

知らないうちにパンツにシミのようなものができている…。
セックスがした後にこのような症状に悩まされることがあれば、これもクラミジアや淋病の可能性があります。

特にペニスから白い膿が出ているような場合は注意が必要です。
クラミジアと淋病は症状が似ているため、一度に同じ検査で判断することができるというのが特徴。

症状がひどくならないうちに早めに検査キットで検査しておくようにしましょう。

ペニスがヒリヒリしてかゆい

異常にペニスがかゆい、そんな症状に悩んでいる方はクラミジアや性器カンジタの検査キットを使ってみてください。
カンジタは女性がなることも多い性病として知られています。

セックスによる感染だけでなく免疫力が落ちているとき(疲れているとき)に感染してしまうこともあるので、長い間性行為がなかったとしても発症する可能性があるとのこと。
性器周辺が異常に痒いという方はクラミジアや性器カンジダを疑ってもいいかもしれません。

性器カンジタは尿を採取して行う検査キットと、亀頭周辺の粘膜を採取する検査キットの2種類があります。

性器が腫れてヒリヒリしている

性器周辺が腫れてしまったりヒリヒリしている場合は、梅毒かもしれません。
梅毒は自分で採血をするような検査です。

バイアスピリンなどを服用している人は止血困難になる可能性があるので、この検査キットを試すことはできません。
使い方は石鹸で綺麗にした手でまずは指先をマッサージします。

血行が良くなったらランセットのキャップを回して針を出しましょう。
指の腹の柔らかい部分にランセットの先を当てて、先端が見えなくなるまで針をしっかり押し込みます。

採血用のろ紙の該当部分に血液を落としたら、検査完了です。
採血した後の指輪ティッシュペーパーで軽く押さえて、絆創膏を貼るようにしましょう。

どの検査も一度キットを返送して、専門家からの診断が出るまで待たなければなりません。 「病院に入っていくのを他の人に見られたくない」「仕事が忙しくて病院が空いてる時間に帰れない」など特殊な理由があるのであれば、検査キットを使うのもやむなしですが…。病院に行く時間がないという人は検査キットを使ってもいいですが、効率を考えるなら手っ取り早く最寄の泌尿器科に通った方がいいでしょう。

割高だけどフルセットでの検査も検討しよう

基本的には一つの検査キットで一つの病気しか判明しません。
しかし病院によっては、フルセットという一つの検査キットに 色々な種類の検査が含まれているセットを取り扱っていることもあります。
色々な性病の可能性が尿検査しておきたいという人は、これを活用してみてもいいかもしれません。
ただ非常に割高で、経済的余裕がないとなかなか購入するのは難しいでしょう。

HIV や梅毒、 カンジダ、淋病、クラミジアなど15種類の性病チェックができる検査キットは4万円近くします。
病院で一度に検査を受けた方が安く済むと思いますので、その辺りはしっかりお財布と相談するようにしてください。

性病検査キットの精度は?正確な診断は下るのか?

性病検査キットは、病院に行かずとも性病かどうか判断できる非常に便利なアイテム。
しかし気になるのがその精度です。

使って陰性の判断が出たものの、それが本当に正しいのかどうか…というのは心配になるところ。
検査キットを取り扱っている病院によると、「性病検査キットは病院で行っている方法と同じ方法による検査なので精度はかなり高い」ということでした。

なので検査キットの精度に関しては安心していいでしょう。
正しい使い方をしさえすれば、きちんと正しい結果が出るようです。

性病検査キットは使い捨てなので注意

衛生面もしっかりしている性病検査キット、自分の手をきれいにすれば衛生的な検査をすることができます。
全ての検査器具は使い捨てタイプになっているので、一度使用したら必ず破棄するようにしてください。

使い回したり他の人と兼用したりするのはやめましょう。
どんな性病検査キットも医療廃棄物として捨てるようにしてくださいね。

ちなみにどの検査キットにも使用期限があるので、届いたらまず期限をチェックするようにしましょう。
ほとんどの方が届いてすぐに使うと思いますが、中には万が一のためにストックしておきたいと思っている人もいるかもしれません。

性病検査キットの使用期限は大体半年、それ以上ストックするのは検査キットの質の劣化につながるのでお勧めできないです。
注文した性病検査キットが家に届いたら早めに使うように心がけてください。

また採取した尿や血液なども、早めに送るように心がけましょう。
正確な診断結果が出るように、迅速な対応をしなければなりません。