アブノーマルなセックスがしてみたい!おすすめプレイ6つ

普段のセックスに満足していない方や、マンネリを感じている方。
そういった人たちは是非アブノーマルなプレイを取り入れてみましょう。

アブノーマルなセックスをすることで、今まで感じたことのない性的な興奮を得られるかもしれません。
ギクシャクしていたパートナーとの関係も改善する可能性がありますし、これを機会にぜひ取り入れてみてはいかがでしょうか。

アブノーマルなセックスと言うと危険なイメージがありますが、ソフトなものであれば初心者でも躊躇することなくチャレンジできるはずです。
おすすめのアブノーマルセックスプレイ、どのようなものがあるのでしょうか?

セックスでおすすめのアブノーマルプレイ①目隠しプレイ

誰でも手軽に取り入れられるアブノーマルプレイの一つとして、目隠しプレイがあります。
セックスの最中に目隠しをすることで、これから何が起こるか・何をされるかわからないワクワク感を感じることができるでしょう。

視覚を遮ることで人間の感度は上がると言われているので、気持ちいいセックスにも繋がるはずです。
男性が目隠ししてもいいですし、女性に目隠しをしてあげてもOK。

じゃんけんで目隠しする方法を決めるなど、ゲーム性を取り入れてみてもいいかもしれません
。目隠しプレイを取り入れることで想像力もアップするので、ぜひ定期的に行ってみてください。

目隠しする時は顔の血行を止めないように、柔らかい布でやさしく縛るようにしましょう。

セックスでおすすめのアブノーマルプレイ② コスプレをする

こちらもアブノーマルセックスの定番、コスプレセックスです。既にコスプレセックスの経験がある方もいるでしょう。
普通に着たい衣装を着るだけではつまらないので、コスプレくじのようなものを作ってランダムに引いてそれを切ると言うプレイがおすすめです。

どのコスチュームを引くかわからないというドキドキ感があるのがこのプレイのいいところ。
最近はドンキホーテや Amazon などで、リーズナブルな価格のコスプレ衣装がたくさん販売されています。

気軽に始められるというのもコスプレセックスの魅力です。
コスプレと言うと男性が女性にさせるイメージがありますが、アブノーマルさを極めるのであれば男性が積極的にこすぷれすべきでしょう。

セックスでおすすめのアブノーマルプレイ③NGワードをつくる

セックスの間にこれを言ってはダメという NG ワードを作ってみましょう。
NG ワードを作ることで、最中の緊張感がアップして今まで感じたことのないドキドキを体験できるはずです。

例えば「気持ちいい」という言葉を使わないルールを作ったとします。
気持ちいいという言葉を表現したいのであれば、「もっと○○を触って欲しい!」「○○されるの好き…もっとして!」など他の言葉を用いる必要があります。

言葉数も自然と増えていくので、カップル間のコミュニケーションもはかどるでしょう。
また NG ワードを言ってしまったら罰ゲーム、というルールを作っておくのもおすすめです。

何かエッチな罰ゲームを作り、是非パートナーと盛り上がってみてくださいね!

セックスでおすすめのアブノーマルプレイ④鏡の前でセックスする

意外と実践してないアブノーマルなプレイの一つとして、鏡の前でするというものがあります。
鏡の前でセックスすると自分たちのプレーしている様子が、リアルタイムで反映されて刺激的です。

プレイしている自分たちの姿を見ながらセックスすることで、新しい気付きを得ることができるかもしれません。
「自分って最中はこんな顔してるんだ…」「パートナーの気持ちよさそうな顔見ながらやるのって新鮮…」などの気づきが、マンネリ化している二人の関係に刺激を与えてくれるでしょう。

ラブホテルには壁や天井に鏡を設置しているところも多いので、自宅に大きな鏡がないという人はラブホテルで鏡プレイをしてみてください。

セックスでおすすめのアブノーマルプレイ⑤オナニーを見せ合う

普段からオナニーをしているというカップルは、セックスの前戯としてそれをお互い見せるというプレイもおすすめです。
どれだけ体を重ねていても、相手の一人でしている姿というのは見たことがない…という方も多いでしょう。

大好きなパートナーがどうやってオナニーをしているのか、興味があるという人も多いはず。
自分のエッチな姿を相手に見られるのも興奮しますし、相手のオナニーを見るという普段なかなかできない行為にも性的興奮が高まります。

手だけを使うシンプルなものでもいいですし、おもちゃを使ったオナニーを見せあうのもいいでしょう。
オナニーも色々なバリエーションがあるので、何回やっても飽きずにできるというのがこのプレイの強みです。

セックスでおすすめのアブノーマルプレイ⑥お尻を叩く

海外では一般的ですが、日本ではまだまだ受け入れられていないのがスパンキング。
いわゆるお尻を叩くと言う行為です。

主にバックの体勢の時に行うプレイですが、日本人でこのスパンキングというプレイをセックス中に取り入れているカップルはあまり多くないと思います。
相手のお尻を叩くということに抵抗感を覚える人もいるでしょう。

しかしお尻にはたっぷり脂肪がついているので、軽いスパンキングであればそこまで痛くありません。
スパンキングされると M っ気のある女性はたまらず、身悶えてしまうでしょう。

スパンキングは男性から女性にするプレイというイメージがありますが、もちろん逆で行ってもOKです。
女性にお尻を叩かれたいと思っている男性も少なくないのではないでしょうか!?

これを機にパートナーに、スパンキングしてもらうように掛け合ってみてください。

アブノーマルなセックスを提案するときのポイント

「セックス中にアブノーマルなことをしてみたいけど、したいという気持ちもなかなかパートナーに打ち上げられない」。
そんな恥ずかしがり屋な人も多いと思います。アブノーマルなことを提案したら相手に惹かれてしまうのではないか、という懸念もあるでしょう。

できるだけナチュラルにアブノーマルなプレイを提案するにはどうしたらいいのか…。
または相手の好奇心を高めることが重要です。アブノーマルなプレイをしているアダルトビデオを一緒に見るのも良し、「友達でこういうプレイしたやつがいて~盛り上がったみたいだよ~」と吹聴するのも良し。

相手にいろいろアクションをかけて、興味を持ってもらうというのが先決です。
少しでも耳を傾けるような姿勢があれば、そこからアブノーマルなプレイに持っていくのは難しくありません。

場所を変えてみるのがおすすめ

アブノーマルなセックスというのはなかなか日常の中に溶け込みにくいです。
普段自宅でセックスをしているというカップルは、思い切って外に出てアブノーマルなプレイに挑戦してみましょう。

車の中やラブホテル、旅館などいつもと違う環境にいるとアブノーマルなことにもチャレンジしやすくなるのです。
日常的な生活の延長にある場所ではなく、普段は行かないような場所に行ってみましょう。

パートナーも開放的な気分になって、アブノーマルなプレイに寛容になってくれるかもしれません。
費用など出し惜しみせず、どんどんいろんな場所に繰り出してみてくださいね!

自宅以外の場所でしたセックスというのは案外良い思い出に残るものです。
二人の信頼を高めるためにも、どんどん自宅外セックスの経験を積んでいきましょう。