婚活プロフィールの書き方は?魅力的にうつるプロフィールのポイント

婚活においてプロフィールは、就活の際に用意する履歴書・職務経歴書と同じです。プロフィールは婚活をする人、そのものを現すものですからないがしろにするわけにはいきません。
実際に会って人となりを見てからではなく、話題作りのきっかけがプロフィールからはつかめず書類選考から落ちてしまっては婚活のスタートラインに立つことすらできません。
魅力的にうつるプロフィールのポイントをおさえ、自分らしさが相手に伝わるようなプロフィールを書きましょう。

婚活でプロフィールはいつ使う?

婚活でプロフィールを書く機会は、結婚相談所の登録時や婚活パーティーに参加する時など様々です。
結婚相談所でプロフィールを登録する際は、相談所のスタッフに相談しながら書くこともでき、また後から訂正や追記をすることも可能です。
しかし、婚活パーティーなどイベントに参加する場合は、事前にプロフィールを記載できる場合と当日、その場で記載しなければならない場合があります。
その場でプロフィールを書かなくてはならない場合を想定しておくと慌てずにすみます。
慌てて書いたプロフィールは、内容が薄く本来の自分を知ってもらえなくなってしまいます。
プロフィールを書く場のシチュエーションに合わせて記入できるようにいつくかのパターンを用意しておくのもポイントです。

婚活にプロフィールは重要?

婚活においてプロフィールは、基本情報を知るための大切なアイテムです。相手の名前・年齢・職歴・住所・趣味は勿論、時には家族構成や性格などが書かれていることもあります。
プロフィールの内容を通して相手の概要を知ることに加えて、婚活時の話題作りのきっかけにもなるためとても重要なものになります。
初めて会う相手に、どこまで親近感や信頼を与えられるか、会ってみたい、話してみたいと思ってもらえるかを左右します。
プロフィールの書き方にも人となりがでますので、書かれているプロフィールの字が適当なものであったり、内容にも誠意や工夫が全く感じられないような人は、日常生活においてもだらしなく適当な人と思われる可能性が高くなります。
そのような人は、婚活がなかなかうまくいかないとしても納得です。

プロフィールに記載する内容は?

プロフィールに記載する内容は、結婚相談所や参加するイベントなどで多少の違いがあります。
基本情報である氏名・年齢・住所・血液型・星座・身長・職業・趣味に続き、性格(長所や短所)・家族構成・年収まで記載内容に含まれることがあります。
さらに、詳しく記載項目がある場合もあり、結婚歴や喫煙者かどうか、親と同居しているかなど、好みのタイプを記載する欄があることもあります。
結婚歴や年収などプライベートなことですが、嘘を記載してしまうと後々になって大きな溝となってしまいます。
記載時は、嘘を記載したり大袈裟に取り繕うことはせず、正直にそして詳しく記載できるところを埋めましょう。お互いにとっての第一印象を決めるものです。話題作りのきっかけを相手に作ってあがられるようなプロフィールは、自然と好感が持たれるはずです。
あまりに空欄が目立つのもよくありません。婚活に前向きに取り組んでいることがアピールできるようにしましょう。

魅力的にうつるプロフィールに書き方は?

プロフィールを手書きで書く際は、履歴書と同じように丁寧に誤字などがないよう書きましょう。いくら内容がアピール力に長けていても字があまりに読みづらいようでは好感度が下がってしまいます。字の美しさもそうですが、それよりも丁寧に書かれていること、相手が読みやすいように適度な改行などを入れて書くのもポイントが高いです。
言い回しもダラダラとまわりくどく書かず、簡潔に相手にアピールできるように書きましょう。できるだけ多くを知ってほしいとプロフィールを文字でぎっしり埋めるほど書いてしまうのも好ましくありません。婚活に余裕がない、細かすぎる性格にみられるなどマイナスの印象を相手に与えかねません。

入れたほうが良い内容、入れないほうが良い内容

では、プロフィールに入れたほうが良い内容と入れないほうが良い内容はなんでしょう。
プロフィールはまず自分の大まかな人物像を伝えるものですから、限られたプロフィール欄をできるだけ有効に活用したいものです。
表現の仕方を少し変えるだけで、相手によりわかりやすく、好印象を与えたり、長所はよりよく短所ならばやんわりと伝えることができます。

職業

OLや会社員といった書き方ではなく、アパレルメーカーの事務員、広告会社の営業などわかりやすく記載すると話題作りになります。

趣味

例えば映画鑑賞であれば、恋愛映画・アクション映画などジャンルを記載し、特にお気に入りの映画があれば映画のタイトルを加えてみるのもアピールにつながります。
また相手と一緒に楽しめるようなスポーツや、アウトドアなども趣味の欄にひとつ記載できると好感度があがります。
逆に男性ならギャンブル、女性であればショッピングなどはあまり好印象を与えません。嘘を記載してはいけませんが、あまりに包み隠さずプロフィールに記載してしまうと相手に悪い印象を与えてしまうこともあります。
読書やゲームなどが悪い趣味なのではありませんが、一人でしかできない趣味だけしか記載していないのも対人関係が苦手な印象を与えてしまう可能性がありますので、+αに他の趣味と一緒に記載できると印象がかわります。

長所や短所

長所や短所は表現の違いで大きく印象がかわります。例えば、潔癖症も、掃除や整理整頓が好きでいつもきれいにしていますと言えば長所になりえますし、喜怒哀楽が激しいというのも、感情表現が豊かと言い換えることができます。
また怒りっぽいとは書かず、正義感が強いと書けば短所も長所になります。長所をうまくアピールできるような書き方を心がけましょう。
短所についても、ストレートに書きすぎるのは好ましくありません。もし交友関係が苦手であれば、恥ずかしがり屋と書くなどワンクッション置いた表現ができるようにしておくとベストです。

好みのタイプ

自分が仮に相手のプロフィールを読んだ時にあまりに細かい好みが記載してあればどう感じるでしょうか。
男性に対する高身長・高学歴・高収入とレベルの高さを求めた上に、さらに180cm以上・四大卒・年収〇〇〇万以上と限定した書き方では相手に不快感を与えてしまいます。
逆に女性に対しても家庭にはいってくれる、共働きをしてくれるなどと記載するのは結婚相手と将来を話し合う気がないととられてしまいかねません。
結婚後の将来を共に歩むパートナーの理想として、共に歩んでくれる人、老後も一緒に旅行に行ってくる人など、パートナーとして尊重しあいたい旨を付け加えると、印象もよくなります。

まとめ

たくさんの婚活者の中で自分のプロフィールに一目置いてもらえることができれば、婚活のスタートラインにいち早くつくことができます。
相手がプロフィールを読んだ時に、自分をどう印象付けてもらえるのかをよくシュミレーションしながら、自分に自信を持った内容を記載できるように文面を考えておきましょう。
プロフィールを読ん相手から話しかけやすいな、話しかけてみたいなと思ってもらえれば成功です。
ただし、プロフィールだけが着飾っても中身が伴わなければ嘘を書いたことになってしまいます。
普段から字を丁寧に書くように心がけてみたり、姿勢を凛と正してプロフィール以上の自分磨きを楽しんでみましょう。