セックスの相性って何?相性って大事?

 

皆さんはセックスすると際に、どんなことが重要だと感じていますか?

セックスはコミュニケーションですから、相手と体を通じて信頼関係を深めることが大切ですが…その中でもやはり気持ちよさは感じたいですよね。

 

セックスでは体や心の相性というのもがあります。

より相性のいい相手とセックスするこで、大きな快感を得られるといいますが…果たしてこの「相性」というのはどういった感覚なのでしょうか!?

 

なかなか言語化しづらい相性について、考えていきましょう。

 

相性がいいとセックスが楽しみになる

セックスの相性がいいと、まずセックスがスムーズになります。

余計なことを考えず、与えられる快楽に集中していればいいですからセックスが捗ります。

 

相性のいい相手とエッチすることで、脳内にも快楽物質が溢れて「次もまたしたいな」という気持ちが芽生えるのです。

 

体の相性と心の相性

相性と一言で言っても、いろんな「セックスの相性」があります。

単純に体を合わせるときの相性もありますし、セックスに対する価値観や気持ちに関するものも相性に含まれるようです。

 

全ての相性がバッチリ合う相手にはなかなか出会えませんが、「コレだ!」という相性のいいもの一つ見つかるだけで格段にセックスの質は上がっていきます。

 

セックスの相性が悪くて別れることも…

セックスの相性ばかりを気にするなんて、なんだかセックス至上主義みたいでイヤだと感じる方もいるでしょう。

確かにセックスの相性=彼女との相性という捉え方をするのは、ちょっとまずいように感じます。

 

ただエッチの相性が悪いと、普段の彼女との関係性も悪い方向へ進むことが多いです。

「彼女とのセックスいまいちなんだよな・・・」と思いながらお付き合いを続けていると、それが普段の態度や愛情表現につながってしまいます。

 

これは人間の性、気をつけていても自然に出てしまうものなのです。

 

セックスの相性がいいなと感じるとき

さてそれではセックスの相性がいいと感じるのは、どのような瞬間なのでしょうか。

セックスの相性はいろんな観点から見ることができます。ここに挙げるものも、ほんの一例だということを念頭に置いておきましょう。

 

相手の体臭が好き・においが落ち着く

彼女の体から発せられるにおいが好きという人は、セックスをより気持ちよく楽しく進めることが多いです。

においというのは人が本来もっているので、それを好きと思えるのは本能的に相性がいい証拠だとも言われています。

 

セックスする両者がお互いに相手のにおいが好きと思っていたら、それはもうバツグンにセックスの相性がいいと言っていいでしょう。

大好きなにおいを感じながらセックスすると、すごく気持ちがいいです。

 

人間の感覚における、嗅覚が占める割合の大きさを実感しますね。

 

好みの体型をしている

彼女の体型が好き、というのもセックスの相性の良さにつながっていきます。

胸が大きい・お尻がきれい・足が長い・腰が細いなど、女性の体の好みは男性によって異なりますね。

 

自分の好きな体型と彼女の体型が合致していると、セックスの相性は上がっていきます。

 

男性の「早漏」「遅漏」問題

挿入してから射精に至るまで、あなたはどれくらい持つでしょうか?

数分足らずでイってしまうことを早漏、10分20分かけてピストンしてもなかなか射精できないことを遅漏といいます。

 

早漏遅漏は一概に悪い症状と言えません。それは女性によって男性の射精時間の好みがあるからです。

「挿入したらすぐにイって欲しい」という女性もいれば、「できるだけ長くピストンしていて欲しい」という女性もいます。

 

例えば遅漏なあなたの彼女が、長くピストンして欲しい派だったら…相性がとてもいいと言えます。

逆に早く射精してくれと思っている彼女だったら、相性はかなり悪いです。

 

好きな体位によって相性が分かる

好きな体位があなたと彼女で合致していることも、セックスの相性の良さにつながるでしょう。

どんな体位が好きか、事前に確認しておくのもおすすめです。

 

相手の嫌いな体位を強要しないように、注意しなければ相性は最悪になってしまいます。

 

セックスの相性が悪いなと感じるとき

セックスの相性が悪いと思う瞬間についてもご紹介します。

セックスしているときに、「この子と相性悪いかもしれない…」と感じるのは、セックスのどんなシーンなのでしょうか?

 

挿入のときに女性が痛みを感じてしまう

ペニスを挿入したときに、彼女が痛がってしまうのは体の相性が悪い証拠です。

彼女の入り口のサイズと、あなたのペニスのサイズが合っていないとこういった事態に陥ってしまいます。

 

体のサイズを変えることは難しいので、こういった相性の悪さを改善するのはなかなか困難です。

 

抱き合ったときにフィット感がない

お互いハグしたときに、いまいちフィット感がないときがあります。

これもセックスの相性が悪いケースです。

 

あなたと彼女の体の凹凸が噛みあわないときに、こうした違和感というのが生じてしまいます。

身長でいうと、10~15センチくらい差があると抱きしめ合ったときにフィットしやすいようです。

 

ただそれだけではなく、体の肉付きなどでもフィット感は変わってくるといいます。

 

エッチしたいタイミングも重要?

エッチしたいタイミングや求める頻度も、セックスの相性につながっていきます。

例えばあなたが「週末しかセックスしたくない」と思っているとします。

 

しかし彼女は「平日でも時間があればセックスしたい」という女性だったら…相性は決してよくありませんよね?

またセックスしたい頻度についても同じです。

 

週1回でいいのか、二日に1回はしたいのか…男女で求める頻度に差が出るとセックスの相性はたちまち悪くなってしまいます。

 

相性が悪かったらどうすればいい!?

最後に彼女とセックスの相性が悪かった場合の対処法を伝授してきましょう。

相性が悪くても、ある程度の悪さなら良くしていくことは可能です。

 

セックスの相性の悪さを実感しても、落ち込まないでくださいね!

 

とにかくテクニックを磨こう!

セックスはテクニックを磨くことで、もっと気持ちいいものにしていくことができます。

体臭や体のサイズなど生まれ持ったもの同士の相性は良くなくても、お互いがテクニックを磨いて相手を気持ち良くさせる術を見につければ…そういった従来の体の相性を凌ぐこともできます。

 

男性は彼女の体の愛撫の仕方や雰囲気づくりのテクニックを上げていきましょう。

女性は物理的な刺激よりも、雰囲気やムードによって脳内を興奮させる生き物です。

 

また体内にGスポットやポルチオといった性感帯があるので、セックスでそこを重点的に刺激できるようおにテクニックを積んでみてください。

 

痛いときには潤滑油を

サイズの相性が悪く、挿入すると彼女が痛がってしまう場合は潤滑油を使っていきましょう。

女性は性的興奮を感じたら自然と性器が濡れてくるものですが、それでは足りないケースも多々あります。

 

ローションやオイルなど、ピストンの滑りをよくするアイテムを積極的に使ってください。

女性器の入り口は、ちょっとずつ広げていくこともできます。

 

ペニスの挿入が痛いのであれば、最初は指で慣らしてどんどん広げてあげるようにしてください。

男性の地道な努力で、体の相性もクリアすることができます。

 

サイズの相性が解消できれば、セックスの相性も良くなっていくはずです。頑張ってください!!