アラサー女性の婚活事情。30代の男女が結婚できる確率は?

アラサー女性の婚活事情

婚活をしている女性の中でも、すんなり結婚へと進む女性と、そうでない女性がいます。オーネットのアンケート調査では、20代から30代の女性の65%は恋人がいないと答えています。つまり、アラサー女性の半数以上は恋人がいない現状です。
そのため周りには独身女性だけではなく、素敵な独身男性もいます。アラサー女性は素敵な独身男性を見つけられず、素敵な男性はみんな結婚をしていると勘違いしがちです。なぜ婚活をしているのに見逃してしまうのか…。
それは、婚活女性のほとんどが男性への理想が高すぎるからです。

30代の男女が結婚できる確率は?

2010年の総務省による国政調査によると、30代女性が5年間で35,5%です。あれ、そこまで低くないと思いませんでしたか?
ちなみに男性は29、1%です。こちらは女性より、仕事にいそしんでいる男性が多いからだと思われます。

結婚できない女性が高望みをしてしまう理由は?

理由は大きく4つに分かれます。

たくさんの男性を見てきて目が肥えているから

たくさんの男性と交際をしてきた男性は、逃した魚の大きさに気付いていません。
もっといい男性がいるはずだし…プロポーズをしてくれないし…と別れを切り出してしまうのです。会社でも、男性ばかりだと男性の悪い部分をたくさん知ります。だからこそ素敵に見える男性も存在します。
結婚したいと思う上司は既婚者なんてケースもあります。諦める気持ちも出てくるけれど、結婚はしたい…その時、上司のような男性を美化して理想化してしまうのです。

友達が、好条件の男性と結婚をしたから

先に結婚していく友達を素直に祝えない女性は実はかなり多いです。
悔しくて泣いてしまう女性もいます。私だって幸せになってやる、その気持ちが、妥協という言葉を消してしまいます。友達が結婚したからといって焦って近くにいる男性を選ぶのは20代までです。30代女性は、時間がありませんが、その分プライドがあります。その子以上のものを求め、どんどん高望みをするようになっていくのです。

男性経験がほとんどないから

男性経験のない女性ほど好条件の男性を待っています。現実を見た経験がない場合は、男性を極端にアリ、ナシで分けてしまうのです。
それでも自分からは動きません。男性からアプローチをするものだと信じているのです。
もしくは現れても、どうしたら恋人になれるのかわからないまま、他の女性に取られてしまいます。そうなると、その女性よりも条件のいい男性を求めるようになります。

誰よりも幸せになりたいから

周りに自慢したい、見栄を張りたい女性は多いです。年齢を重ねるごとに人は頑固になりがちです。そのため、SNSで大いに自慢ができるような男性を求めています。
盛大な結婚式ができる財力がある男性、自分から話したくなる職業、可愛い子供になるためのルックスのいい男性を求めます。

高望みしすぎ?アラサー女性の婚活が上手くいかない原因は?

2018.03.22

高望み?結婚相手に望む条件はどこからが高望み?

年収

女性が望む男性の平均年収は600万円です。それを超えれば高望みといえます。
地方と都市部だと望む年収の差はあるでしょう。子供が欲しいケースや高層マンションに住みたい女性は、特に年収に高望みをしてしまいます。掲示板などでも一千万円以上は論外などと書き込む女性もいます。
都市部で600万円以下でも幸せな結婚生活ができている夫婦がいる人も多くいます。そんな女性から見ると理想が高すぎる、と思われてしまいます。
さらに、男性に年収を求めている女性は自分で家庭を支えるつもりがないと判断されます。それでは、男性がなんらかの理由でお金が稼げなくなったらどうするのですか?

職業

人気なのは医者、弁護士、会社経営者、公務員です。こちらも年収とリンクしています。
敬遠されがちなのは、転勤のある仕事や、世間的に言いにくいチェーン店の飲食店などでしょう。自分も働きたい女性は、転勤のある男性だとついていくのは無理ですし、子供を転勤族にしてしまうのも嫌でしょう。こちらの意見は理解できます。
しかし、世間体だけで、理想の職業を決めている場合は、高望みだと思われます。
理由としては、彼ではなく職業が好きだと彼にも周りにも思われてしまうからです。
さらに、他の職業を馬鹿にしているように見られます。そのような女性を男性は好きだと思うでしょうか?自分、という存在を好きだと思ってくれる女性を男性は愛します。

ルックス

身長は170㎝後半で、顔は俳優の○○に似ている男性を探し続けている女性もいます。それ以外の男性は排除してしまいます。
男性はアクセサリーではありません。見た目の中にきちんと中身が入っています。それを踏まえた上のルックスで、つまりおまけのようなものです。
ルックス重視の女性は、容姿の良くない男性を馬鹿にする傾向にあります。口には出さなくても無意識に態度に出ています。
例えば、合コンで隣に座らないようにしたり、会話を振られても返さなかったりします。そんな態度を周りは見ています。

理想が高すぎて婚活がうまくいかないときの対処法

婚活を長期戦だと考える

実は、理想を持っていない女性のほうが年収が高い男性やイケメン男性と結婚をしています。理由は何故だと思いますか?
それは、結婚したいと思った相手が理想に変わっていったからです。
最初はイケメンだと思わなくても付き合っていくうちにイケメンに見えていく現象を経験したことのある女性は多いです。
学生時代から交際をしていて、お金がなくても気にせずお付き合いしてきた女性は、彼が就職してから高年収になっていったのです。
つまり、理想が高い女性は、タイムリミットに焦りすぎて、時間の我慢ができないのです。最低限の理想はある気持ちは分かります。

理想の一つを排除しましょう。

こちらは多くの理想を抱えている女性のケースになります。
かなり思い切った決断になりますが、あまりにも高望みをしている女性はそれくらい振り切らなくては、婚活を成功させることができません。もしくは、理想を平均値まで下げて平等化させてみましょう。
まずは恋をすることを大切にしてください。恋をした男性はフィルターがかかり素敵に見えてくるものです。もちろん恋に溺れて、悪い男性に騙されてはいけません。気を付けてくださいね。妥協は必要ですが、妥協のバランスをきちんと取らなくてはなりません。
しかし、30代女性のほとんどが一度は恋愛で痛い目にあっています。同じ経験を繰り返さないように、最低限の目は肥えているでしょう。

もっと広い世界を見る。

焦るあまり、友達の紹介などの近いところでしか男性を探さない女性もいます。もしくは、いろんな婚活場所に参加して好条件の男性がいないからと一回で行かなくなってしまう女性もいます。
さらに悪化すると、婚活自体を楽しみだします。例えば、相席居酒屋は、女性は無料でお酒が飲めます。そこで、タダ酒目的で何度も通い、本来の目的を忘れてしまいます。
婚活は疲れ切ってしまうものです。そのため、現実逃避に走ったり、時には諦めようとします。そんな時は、一人でずっと見たかった映画を見に行ったり、デパートに行って新しい洋服を購入しましょう。
おひとりさまを楽しんでほしいのではなくて、一度、婚活市場から離れてリアルな楽しさを知るのです。
それを共有したい男性とお付き合いから始めようと考えると、理想より、一緒に楽しみたい男性像が見えてきます。