あっ!この人のこと好きかも!?好きになる瞬間てどんな時?

そもそも好きになる瞬間の心理状態って??

そもそも「人を好きになる」という感情は何なのでしょう?
まず生物学的に話をすると「その人と子孫を残したいのか?」ということになります。
生理的になぜか受け付けない異性がときどきいますが、それは本能的に、その人との子孫は残したくない。と考えているのかもしれません。
その人と子孫を残したいと考えると、何となく気になる相手になり、その人が異性といると嫉妬したり、その人と一緒にいるときはドキドキしてしまうのです。
「誰かに取られたくないくない!」と感じたり、自分のことよりも相手を優先できると感じたときは、もう恋なのかもしれません。

男性が女性を好きになる瞬間 5選

1.笑顔に癒しを感じたとき

毎日仕事で、気が張り詰めた状態が続いている男性は、女性の笑顔に癒しを感じます。
特に見ていて癒されるような笑顔をする子や、癒される行動をする子が気になってしまう男性は多いようです。

2.頼られたとき

やはり男として女に頼られるのは嬉しいことです。
仕事でわからないところを質問されたり、プロジェクトの発表で尊敬の眼差しで見られたりすると、意識してしまう男性は多いようです

3. 女性らしさを感じたとき

お弁当を毎日手作りしていたり、ハンカチをそっと貸している瞬間を見かけたり、毎日パンツスタイルの女の子が、いきなりスカートを履いてきたりするだけで、すごく女性らしさを感じ、友達や同僚から、女性として見てしまうことが多いのだとか。

4.ボディタッチをされたとき

男は本当に単純な生き物です。
ボディタッチをされたら変に意識をし始めてしまったなんて話はよく聞きます。
そしてあからさまなボディタッチよりも、何を物を渡すときに手が触れてしまったり、エレベーターのボタンを押そうとしたら手が触れてしまうような、なんだか恋が始まりそうな瞬間の方が、好きになってしまうそうです。

5.女の子らしい香りを嗅いだとき

ふとシャンプーや香水の香りを嗅いだときに、恋に落ちてしまうこともあるそう。
セックスと匂いは、とても深い関係があるらしく、女性らしい香りを嗅ぐことでいやらしいことを想像してしまう男性は多いそうです。

セックスの満足度を上げるにはどうしたらいい?

女性が男性を好きになる瞬間 3選

1.仕事ができる

年齢が上がるにつれ、結婚について意識する女性も増えるでしょう。そうなると、やはり仕事ができる男性の方が、女性としては安心できるもの。
会議中ズバッと確信をついた意見を言えたり、クライアントへの資料が完璧だったり、往訪中の笑顔がとても爽やかで素敵だったりすると、女性は恋に落ちてしまうんだとか…

2.いつも適切なアドバイスをくれる

適切なアドバイスができるということは、自分についてよく知ってくれているということでもありますし、叱ってくれる、褒めてくれる、慰めてくれるということにもなるでしょう。
そんな相手には、自然と心が開いていってしまうものです。
相談されるためには、口が堅そうで、優しそうな雰囲気があることが大事かもしれません。そして頼り甲斐がありそうなところをアピールするのも重要な要素かもしれません。

3.自分と価値観が合うと感じたとき

一緒にいる上で価値観が似ているのはとても大切なことです。
何を1番大事に考えているのか、物事を考えるときの指標が同じか、何を嫌っているのか、など、価値観はとても大切な要素です。
飲み会などで話をしているときに、ふと「あれ、考え方がすごく似ている」と感じると親近感を抱きやすく、そのまま恋に落ちてしまうことは少なくありません。

好きになる瞬間にも男女差が?

女性は冷静に長期的な目線で恋をすることが多いです。
「本当にこの人と付き合って幸せなのかな?」「もっと他にいい人がいるんじゃないかな?」など様々なことを考えます。
そして、恋をしたとしても、初めは興味関心が高いレベル。お互いに話し合いを行い、好きな部分や付き合うメリットを増やした上で付き合いを決めることが多いです。
しかし男性は、そんな複雑に色々考えたりはしません。
ただ「かわいいな」「キレイだな」「セクシーだな」と感じたら、もう恋に落ちていることがほとんど。そして「付き合って幸せになれるかな?」とは考えません。
どうしたら、付き合ってもらえるかを考える人がほとんどです。
そのため、男性の方が一目惚れが多いし、アタックするのも女性よりも男性の方が多いのです。

まとめ

いかがでしたか?
人を好きになる瞬間については、思い当たる点はあったでしょうか?
ぜひ気になる異性には、異性の恋に落ちる瞬間をうまく利用して、恋に落としちゃってくださいね!