EDってどんな症状?年齢とともに深刻化する?

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

年々精力の衰えを感じている男性は多いでしょう。
精力が減退するとそれが男性機能の低下につながっていきます。
 
昔は少しでもムラムラすると簡単に勃起していた男性器も、年齢を重ねるごとに 勃起しづらくなってしまうのです。
個人差はありますが大抵の男性はこうして、加齢とともに勃起不全の症状が出ると言われています。
 
この勃起不全をEDというようです。
EDは加齢による勃起不全を指すだけでなく、精神的なものからくる勃起不全も内包しています。
 
いずれにしても勃起がしづらくなり、セックスにおいて支障をきたすような症状があればそれはEDと言うのです。

EDの改善方法は?治療法にもいくつかある

EDの改善方法にはいくつか種類があり、自分の体に一番合ったものを継続するというのがおすすめです。
一番即効性があり大きな効果が期待できるのは、ED治療薬による改善。
 
ED治療薬には大きく分けて三つの薬があります、バイアグラ・レビトラ・シアリスという三つです。
この中でもバイアグラは一番古い歴史を持つED治療薬、世界で初めて開発された治療薬だと言われています。
 
最も即効性があるのはレビトラ、一番新しい薬で体内で分解されにくいという特徴を持つのがシアリス。
このようにED治療薬でもそれぞれに特徴があり、ニーズによって使い分ける必要があります。
 
こういった薬は個人輸入サイトから通販で入手することもできますが、初めて使う方は医師の診察を受けてから使うのがおすすめです。
「最近ペニスのたちが悪いからED治療薬で直治してみようかな~」何て言う軽い気持ちで使うのはやめましょう。

薬以外の病院での治療法は

病院へ行ってEDを改善する方法としてメジャーなのは薬を用いたものですが、クリニックによっては陰茎海綿体注射というものを使ってEDを治す方法を実施しています。
この注射はペニスに直接、勃起を誘発する成分を注入すると言うED改善方法です。
 
塩酸イソクスプリンという成分が使われていましたが、最近はそれ以外にも有用な成分が見つかり何種類かの成分を混合して注射することが多いとのこと。
今まで即効性のある治療法としては薬が最も有効的と言われていましたが、最近はこの注射による治療方法も利用する人が増えてきたと言います。
 
データによると60%~90%脳男性が、陰茎海綿体注射をした後に「勃起力の改善効果があった」と実感しているようです。
海外でも積極的に受けられている治療方法だと言います。
 
特に難しい工程はなく、10分ほどで治療は完了するため、手軽に受けられる治療方法として口コミでも話題です。

自宅でED改善治療をする方法はあるの?

確実性は即効性を求めるのであればやはり病院に通うのが一番ですが、自宅で筋トレをして勃起力を復活させるという方法を実施している方も多いです。
自主トレのいいところは、一時的に勃起力を高めるのではなく、体質改善を行い抜本的に勃起力を復活させることができるという部分。
 
自宅でできるセルフ筋トレの方法のご紹介しましょう。

自分でできるED改善方法①勃起補助器具を使う

物理的に陰茎への血流量をアップさせるために、勃起補助器具を使うというのもひとつ手段としてあります。
勃起補助器具というのは主に圧力を用いて、 陰茎に血を集めるというもの。
 
物理的なチントレ方法で、基本的にはどんな人にも一定以上の効果があるとされています。
勃起補助器具のシリンダーの中にペニスを入れて、後は繋がっているポンプをシコシコしてシリンダーの中の圧力を一気に下げる…こうすることで擬似的な勃起状態を作り出すことができるのです。
勃起しづらさを感じている方は、セックスの前にこの勃起補助器具を使い半ば強制的にペニスを勃起状態へ持っていくことができます。
 
ただセックスのパートナーに補助器具を使っているのを見られるのはかなり恥ずかしいので、見られないように隠れて使うようにしましょう。

自分でできるED改善方法②運動習慣をつける

EDの原因が精神的なものでなく肉体的な衰えから来ている場合、運動習慣をつけることで改善することができるかもしれません。
男性が勃起するためには実は男性器周辺のインナーマッスルを使っているのですが、このインナーマッスルが弱体化することで勃起不全が加速するとも言われています。
 
骨盤底筋と言う筋肉は、勃起する力を支える筋肉。ここを積極的に鍛えるとペニスへ流れた血液が戻りにくくなると言われています。
骨盤底筋を鍛えるのは非常に簡単、おしっこを止めるような感覚で下半身の筋肉を3秒間しめる→そしてゆるめる…というのを数回繰り返すだけでOKです。
 
休憩中や電車の中でも簡単にできるので、是非毎日の運動習慣として取り入れていきましょう。
他にもスクワットやベンチプレスでも勃起力をアップさせることができると言われています。
 
基本的に全身の血行が促進されればEDは改善しやすくなりますので、運動する習慣をどんどんつけていきましょう。

自分でできるED改善方法③食生活を見直す

食生活が乱れている男性はEDになりやすいので気をつけてください。
スムーズに勃起するにはビタミンやミネラル、タンパク質と言った栄養素をしっかり取らなければいけません。
 
これらの栄養素が不足しがちだと、どんどん勃起しづらい体が出来上がっていくでしょう。
加齢とともに勃起不全を悪化させている方は、もしかしたら長年積み重なった食生活の偏りが原因しているかもしれません。
 
特に性力を高める食べ物としておすすめなのが牡蠣やレバーです。
牡蠣やレバーには亜鉛やビタミンBが豊富に含まれています
 
良質な精子を作るため、そして男性機能を向上させるためにはこういった食材を積極的に摂取しなければなりません。
またタンパク質を取るために良質な肉や野菜を毎日食べるというのも、ED改善には必要なことです。

これらの方法で治らない場合は…

運動する習慣をつけたり食生活のバランスを見直したりしても、なかなかEDが改善しない場合があります。
そういった場合は精神的なことが原因でEDを引き起こしている可能性が高いです。
 
セックスに対して何らかのトラウマがあったり、セックスにおいて過度なプレッシャーを感じていたりすると、勃起不全を引き起こすことがあります。
「過去にセックスで女性に恥ずかしい思いをさせられた」「妊活をしていてセックスで絶対に子供を作らなければいけないというプレッシャーがある」などなど…
 
セックスをすることで精神的なストレスを感じてしまうと、男性はEDを引き起こしてしまうのです。
精神的なものが原因している場合、セルフトレーニングをしてもなかなか勃起不全を解消するのは難しいでしょう。
 
病院に通いカウンセリングをしながら、精神的な原因をクリアにしていくことが望ましいです。
自分の勃起不全の原因がなにか掴めない方は、とりあえず病院へ行くのがおすすめ。
 
原因をはっきりさせてからの方が、明確な改善方法やトレーニング方法を選択することができます。

勃起改善方法は長期にわたって行う

バイアグラなどの薬を使ったり、勃起補助器具を使ったりすれば一時的に勃起不全を解消することができます。
ただ根本的な解決にはなっていないので、やはり筋トレをしたり食生活を変えたりして体質改善を行っていかなければなりません。
 
勃起しやすい体づくりのためには、日々の努力が欠かせないのです。
生活習慣が乱れに乱れてしまっている方は、これを期に一度見直してみましょう。
 
EDも早めに改善策に取り組めば症状としては軽いもので済みます。
いつまでも生活習慣を見直さずにいると、EDの症状もひどくなってしまうので注意してください。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SNSでもご購読できます。

コメントを残す

*