スローセックスのすすめ!愛情が深まるコツとは!?

セックスで中々なかなか愛情が深まらないと思っている方は、スローセックスを実践してみましょう。
スローセックスは相手を気持ちよくするセックスです。

即物的な快感を求めるようなセックスではないので、相手を思いやりコミュニケーションを深めるセックスができるでしょう。

インスタントなセックスに飽き飽きしているという方は、これからスローセックスを極めてみてください!

スローセックスがなぜおすすめか?

スローセックスがなぜおすすめなのか、どういう部分が推奨できるのかご紹介しましょう
今までの短時間のセックスよりも、スローセックスの方がたくさんの恩恵を受けることができます。

男性も女性もセックスに対する価値観が変わるかもしれない…それがスローセックスなのです。
初めは戸惑うことも多いかもしれませんが、一度その魅力にはまってしまうと抜けられなくなってしまうといいます。

女性が感じやすくなるのがスローセックス

スローセックスはなにより女性が感じやすくなるセックスです。
女性の中でセックス中にイったことがないという方は、実はかなり多いのです。

それは男性にテクニックがないからというケースもありますが、女性自身が自分の性感帯に関してまだあまり理解できていない…というところも大いにに関係しています。
スローセックスでは愛撫を中心としてセックスを進めて行きます。

なので女性が自分の感じるポイントについて把握しやすくなるのです。
スローセックスを通じて女性はどんどん感度を高めていくことができるので、体そのものを作り変えられている感覚に陥るかもしれません。

男性の快感が長続きするようになる

男性もすぐに射精してフィニッシュしてしまうようなセックスから卒業できる…それがスローセックスです。
一般的なセックスでは射精をゴールにしてしまいがちですが、スローセックスはそうではありません。

セックスにおける過程、つまりボディタッチや愛撫をメインとしています。
なので徐々に性的興奮を高めることができるのです。

少しずつ性的興奮を高めることで、射精をゴールにしない家庭を大事にするというセックスができるようになります。
これは男性にとっても大きなメリットです。

特に早漏ぎみの男性は、スローセックスによってそれが改善できるかもしれません。
セックスを始めてすぐに興奮度 MAX になるのではなく、 徐々に高められると 言うのがポイントになってきます。

マンネリの解消になる

今までのセックスにマンネリを感じているカップルにも、スローセックスはお勧めできます。
普通のセックスだとどうしても単調になってしまって飽きることも多いでしょう。

スローセックスはそういった慣れや既視感を打破する意味でもぜひ取り入れてほしいです。
いつもは触らないような相手の秘部に触れたり、触り方を工夫したりするのがスローセックスの醍醐味です。

相手を開発するようなセックスをするため、マンネリになりづらいというメリットがあります。
義務感でセックスをしているような方は、マンネリから ED になる可能性も出てきます。

そうなる前にスローセックスを実践して防止しましょう。

スローセックスの手順!流れをご紹介

では具体的なスローセックスのやり方を見ていきます。
特に難しいテクニックなどはありませんので、まずは流れだけ理解していきましょう。

スローセックスは片方から片方へ一方的にするようなセックスではありません。
お互いを愛撫して相互理解するようなセックス…それがスローセックスなのです。

相手を思いやる気持ちをまず忘れないでください。

全身をじっくり愛撫していく

スローセックスでは愛撫がとても重要なポイントになります。
挿入よりもとにかく愛撫!相手の体をたくさん触って気持ちよくしてあげましょう。

愛撫にかける時間ですが、上半身だけでも15分以上は絶対にかけてほしいです。
挿入やピストンの気持ちよさじゃなく、触れ合うことの喜びを見出してください。

スローセックスにおける愛撫は性感帯へのタッチだけでなく、いつも触らないような場所を触ることをメインにしてください。
例えば首の裏や背中、おへそやお尻など、普段女性が触られ慣れてない場所を攻めていくのがスローセックスの質を上げるポイントです。

パートナーの新しい感じる場所を開発できるかもしれません。

円を描くようなボディタッチを

ボディタッチする時は強くガシガシ触ってはいけません。
指が肌に触れるか触れないかくらいの距離をとって、ボディタッチしてみてください。

相手の肌が粟立つ感じがあれば、それはとても感じている証拠です。
また円を描くようにボディタッチすると、より相手が感じることができるといいます。

小さな円をくるくる描くように上から下へと愛撫して行ってください。
ソフトタッチが基本です。

下半身の愛撫はクリトリスから

下半身にも愛撫してあげてほしいですが、特にクリトリスを重点的に愛撫してあげると女性もゆっくり気持ちよくなれます。
女性が愛液で濡れている場合は、そのまま指で撫でてあげましょう。

あまり濡れていない場合は、ローションやオイルを使って触っても摩擦が出ないようにしてあげてください。

ゆっくり挿入したらしばらく静止

たっぷり全身の愛撫に時間をかけたら最後は挿入です。
ただスローセックスにおける挿入は添え物のようなもの…、ここをゴールにしないようにしてください。

挿入してもしばらくピストンがせずに、自分の体と相手の体が馴染んでいくような感覚を楽しみましょう。
挿入したまま静止していると、相手の体と一体になれる感覚を味わえるはずです。

上手に進めるコツは?スローセックスのテクニックを磨く

スローセックスに慣れてきたら、徐々にテクニックをアップさせましょう。
少しずつで構わないので、パートナーの女性と一緒にスローセックスの質を上げていけるとグッドです!

どのようなことに気をつければいいのか、コツをご紹介します。

胸への愛撫を徹底する

スローセックスでは胸の愛撫がキーポイントとなります。
もちろん女性にとってクリトリスや G スポットも気持ちいい場所ではありますが、胸を気持ちよく愛撫されると女性の幸福度は大きく高まるのです

直接乳首に触れるのではなく、胸全体を指先で焦らすように撫でてください。
女性は「早く乳首を触ってほしい」と言う焦燥感を性的興奮に自ら変換していきます。

「口」を使ってみる

スローセックスにおいてはオーラルセックスもどんどん取り入れていきましょう。
キスはもちろん口で胸を愛撫したりお尻を舐めたりすると、女性もゆっくり興奮度を高めることができます。

男性自身も女性の素肌を口で感じ取るという、普段あまりできない快感を味わえます。
男性にとっても新しい快感の発見につながるのです。

フェラチオやクンニにも、スローセックスでは長い時間をかけて行いましょう。
ポイントは最初から強い刺激を与えず、チロチロと舐めるところから始めるというところ。

また相手に自分が愛撫している表情を見せるのもおすすめです。
視覚的な性的興奮を高めることができるでしょう。

言葉を交わすことを忘れずに!

とにかくコミュニケーションを深めるのがスローセックスの一番の目的です。
瞬間的な性的発散に惑わされず、パートナーと言葉を交わしながら愛情を確かめ合ってください。

愛撫に時間をかけて、挿入までお互いを焦らすようなイメージでセックスを進めていきましょう!