婚活で重要なのは3回目のデート?婚活デートで気をつけるべき7点!

婚活デートは3回目が大事?

婚活デートは3回目が勝負と言われています。その理由は、女性の気持ちが1番盛り上がり、告白を待っているという女性も多いのが3回目のデートだからです。
1回目のデートは、相手がどんな人物なのかもまだよく分からず、すごく緊張している人がほとんど。お話したことも中々頭に入ってこない状態です。また、1回目のデートは長時間のデートを避けて、少し早めの解散をすることが多いですよね。
そのため、1回目の婚活デートは様子見状態のことが多いのです。 2回目のデートでは、1回目のデートよりは緊張も解けて、楽しむことができたはず。
相手のことを少し知り、「話が合いそうだなあ」など、お互いの相性を確認。2回目のデートで好印象でないと、3回目のデートの約束に繋げることができません。 そして3回目のデートは、1回目・2回目の婚活デートを経て相手へ好印象を持ち、新たな恋の予感に胸を高鳴らせている人が多く、この3回目のデートで良い時間を過ごすことができるかどうかが、その後の2人の婚活の進展に大きく関わってきます。
1番盛り上がっているそのタイミングをおさえることこそが非常に重要です。そして、そのタイミングこそが、3回目のデートというわけです。

3回目のデートで告白はあり?無し?

大いにありです。むしろ、3回目のデートで告白を待っている女性が多くいます。もちろん、ひとそれぞれのタイミングはありますが、女性は3回目のデートでは期待をしていることが多いのです。
婚活では、付き合うまでのスピード感が大切です。あまり何回もデートを重ねすぎると、恋愛対象ではなく、友人感覚へとなってしまいます。女性も婚活をしている方は、なるべく早くお付き合いをして、結婚へと進めたい方が多いので、ある程度のスピード感・決断力が求められます。
1回目のデートでは、まだどんな方か分からないため様子を見て、2回目のデートで自分の気持ちを固めます。3回目のデートの約束をしたときには、もう気持ちは大体決まっているのです!多くの場合、3回目が大きな告白のチャンスと言えるでしょう。

3回目のデートを成功させるために気をつける点は?

1.これまでのデートとはまた違ったプランを立てる!

女性に行きたい場所を尋ねても、特に希望のないときには男性がデートのプランを主体的に決めていかなければなりません。
3回目のデートでも、1・2回目のデートと代り映えのないプランだと、つまらないと感じる女性もいます。 3回目のデートがつまらないという印象は、「この人との結婚生活もつまらないのかも」という印象を与えてしまいます。
それを避けるために、3回目のデートでは、これまでとまた違ったプランを立てて二人で楽しみましょう!自分の趣味があまりに入り過ぎたプランは、女性が楽しめない可能性が高いのでNG。これまでとはまた違うプランのデートを2人で楽しむことができれば、女性は、「この人となら結婚生活も楽しめるかもしれない!」と、前向きな気持ちになれるのです。その前向きな気持ちこそが婚活にはとても大切ですよね。

2.告白をする前に、きちんと好意を伝えておく!

3回目のデートでは、少しだけ相手に好意が伝わるようにしましょう!相手に伝えるようにすることで、「自分のことが好きなのかな?」と恋心をくすぐることができます。
相手の心をくすぐり、2人の恋心を盛り上げましょう。予期せぬ告白は、女性を驚かせてしまいます。事前に考えるタイミングがないと、即決もなかなかできません。
事前に好意をアピールすることで、女性の期待を高めることができます。 「私のことが好きなのかな・・?」と感じてもらうことができれば、その後の告白の成功率も高くなることでしょう!多くの場合、3回目のデートを約束した時点で女性の気持ちは良い方向に固まっているので、その恋心をくすぐってあげてくださいね!

3.事前に多くの話題を用意しておくこと!!

3回目のデートは、2人の婚活が進展していくかどうかの分岐点です。女性は、1回目・2回目のデートを経て、3回目の約束をしている時点で前向きに考えています。「3回目のデートに行ってみたら話が途切れてしまい、重い空気になってしまった・・・」そんな失敗談も少なくありません。 話が途切れないように事前に話題を準備しておき、それにまつわるエピソードも考えておきましょう。とはいえ、自分ばかりが話してばかりでは女性が退屈になってしまいます。聞き役と話し役、一人で二役こなすことが重要です。聞き役に徹してしまい、自分の話を全くしないようでは、自己アピールに欠け、自分自身を知ってもらうことができません。 かといって、話し役に徹するのも考え物です。女性の多くは、お話しをすることが好きで、自分の話を聞いてもらいたいと思っているからです。用意した話題には自分自身のエピソードと一緒に女性に質問する内容も考えておくと安心です。

4.共感するポイントではオーバーリアクション気味に!

女性は、共感されるととても嬉しい気持ちになります。無理して共感するのではなく、共感するポイントを見つけたら少しオーバー気味にそのポイントアピールしましょう。共感してもらえることで、自分を認めてもらえたような気持になることができ、安心感が生まれます。 結婚生活に安心感は欠かせませんよね。共感ポイントを大げさに伝えて安心してもらうことで、「この人と一緒にいると安心するなあ」と思ってもらうことができます。そしてその気持ちが、より婚活を進展させます。共感ポイントは多ければ多いほど好印象です。似ている人との間には同属意識が芽生え、相性が良いという印象に繋がります。

5.これまでのデートで知った彼女の趣味などをリサーチしておく!

1回目・2回目のデートで、趣味などの話が挙がり、情報を得たと思います。3回目のデートでは、そのことについてリサーチをし、自分の感想を伝えましょう!
好きな映画を聞くことができたら、その映画を見て感想を伝えるなど、方法は沢山あります。実際に体験ですることが難しい場合には、知人や同僚から情報を集めて、女性との会話を盛り上げることができるはずです。
自分のことに興味を持ってくれたこと、女性に合わせた会話のできることは印象アップ間違いなし!!1回目・2回目のデートを無駄にしないで!!

6.会話内容に距離感を保って!

3回目のデートで、お互いに結婚を意識しているとはいえ、2人の愛が深まっていないうちに収入や家族の込み入った話までするのは避けた方が良いです。非常にデリケートな部分ですので、交際がスタートしてからでも遅くはありません。愛があれば受け入れられることも沢山あるはずです。最初から全てを知ろうとするのではなく、この後の交際で相手のことをもっと知るためにも、デリケートな話題には触れない方が吉。2人の未来に関しても話し過ぎはNG。結婚を前提としたお付き合いを求めているとはいえ、数回のデートで結婚観までマッチさせるのは難しいものです。2人の結婚観についても、デートでは話すことを避けるのがベター。

7.しっかり女性をリードして!

女性は男性にリードされたいもの。女性の希望を配慮した上で、リードをしてあげてください。女性の希望を配慮する思いやりと、その中でもきっちりリードする頼もしい姿に、女性は惹かれます。「頼りがいがあるなあ」と思ってもらえることで印象アップ。 1回目や2回目のデートでは緊張して中々リードができなかったという人こそ3回目のデートが逆転チャンス!緊張も解けてきているこのタイミングで、しっかりとリードし、男らしさを見てもらいましょう!

まとめ

婚活の3回目のデートで気を付けるべき7点をお伝えしました。いかがでしたか? 婚活において、3回目のデートは今後の進展を決める大きなポイントです。
自分のことも伝えながら、相手のことも聞いていくことが大切です。お伝えした7点を意識して、好感度をアップさせてください!2人の心の距離を縮めるために、しっかり事前準備をして3回目のデートに臨んでくださいね!