彼氏が大好きすぎる人へ。これからも仲良しでいられる方法

彼氏が大好きすぎる女子の特徴

いつも彼氏のことばかり考えている

仕事をしていても、一人で過ごしているときも、常に頭の中は彼氏のことでいっぱい…。
彼氏が大好きすぎる女子は、いつも彼のことばかり考えています。
「次はいつ会えるかな?」「今日は何してるかな」と思考は彼氏一色。
正に恋は盲目状態なのですね。
人を好きになるのは素晴らしいことですし、それだけ愛情を注ぎたいと思える相手に出会えること自体幸せですよね。
しかし彼のことばかり考えて、生活を彼一色にしてしまうと恋は上手くいきません。
男性にとって自分を愛してくれる彼女は可愛いものですが、あまりに行きすぎると「重たい女」だと思われてしまうのです。
彼を思う気持ちは大事にしても、彼一辺倒にはならないこと。
学校・仕事・趣味・美容・友達との交流など、大切なものをたくさん持っている彩り豊かな女性になりましょう。
「彼が…彼が…」と頭の中が彼一色の女性より、そのほうが魅力的ですよね。

彼氏を束縛しがち

「今何してるの?」とメールを何通も送ったり、少し連絡が取れないだけで過度に不安になってしまう。
毎週デートできないと浮気を心配してしまう。
恋をすると、大好きな彼とはいつもつながっていたいと思いますよね。
いつでも彼の声を聞きたいし、時間があれば彼に会いたい。そんなふうに燃え上がる女子は多いです。
しかし男性にとって過度な連絡や心配はまるで束縛。
連絡が来すぎると常に彼女に監視されている気がして窮屈さを感じてしまうのです。
好きだからと言って、彼に窮屈な思いをさせてしまうのは自分本位というもの。
恋愛を長続きさせるには、相手を縛るのではなくお互いの自由を尊重することが大事です。

彼氏の顔色を窺ってしまう

「彼に愛してもらいたい」「彼に嫌われたくない」
彼氏が大好きすぎる女子はそんな思いを強く抱いています。
そして、彼が離れていくことを恐れるあまりいつも顔色を窺ってしまう…。
デートは彼が行きたい場所に行くし、服装も彼の好みにバッチリ合わせる。彼に嫌われないように自分の意見はなるべく言わない。
一見奥ゆかしく見えますが、個性を失ってしまっている人も多いのです。
いつも彼の顔色を窺っていると、自分がどうしたいのか分からなくなってきます。
彼に無理に合わせて気に入られても、それは恋愛ではなく主従関係。
男性だって、何でもかんでも言うことを聞いてくれる女子にはやがて飽きてしまいす。
どこに行きたいのか、何を食べたいのか、どう過ごしたいのかなどと、自分の意思を失わないよう気をつけて。

予定は彼氏が最優先

彼とのデートのために週末は必ず予定を空けておく。
友達や家族よりも彼のことが最優先。
そんなふうに彼氏に合わせて予定を決めていませんか?
恋する女子なら、大好きな彼とはいくらでも会いたいと思いますよね。
しかしすべての予定を彼に合わせる必要はありません。
自分の趣味や友達との交流も、当たり前に楽しんで良いのです。
お互いの生活を大切にできる関係のほうが、ストレスが掛かりづらく長続きしますよ。

彼氏に大きな愛情を求めている

「彼はずっと私だけを愛してくれるはず」「こんなに好きなのだから、優しくしてくれて当然」
彼氏に大きな愛情を求めると、それは相手に伝わります。
男性はプレッシャーを感じやすい生き物です。
あまりに彼女の期待が大きいと、プレッシャーから逃げたくなってしまうので要注意。
大きな愛情が欲しくても、あまり表には出さないほうが無難です。

もしかして重い女??大好きすぎて依存してませんか?

最近彼からのメールの返信が遅い…電話も折り返してくれない…。
彼に不穏な変化を感じたら「彼に依存していないかな?」と考えてみてください。
重たい女だと判定されると、男性はさりげなくフェードアウトする兆候を見せるんです。
もしも彼がよそよそしくなっているなら、行動パターンを変えて「重い女」というイメージを塗り替えましょう。

連絡し過ぎに気をつけて

連絡をしすぎると「重い女」への道まっしぐら。
「今何してるの?」「返信待ってる」などと彼を詮索したり返信を要求するメールはなるべく送らないようにしましょうね。
男性は基本的に連絡不精です。
伝えなくてはならない連絡事項がない限り、メールや電話しようと思わないのです。
女性と男性の考える心地よい連絡頻度は違います。
少し控えめにしたほうが彼に負担をかけずに済みますよ。

彼氏の意見に合わせすぎてない?

デートのプランを彼に丸投げしていると「自分の意志がないのかな」「つまらないな」と思われてしまいます。
あまりに彼の意見に合わせすぎると重たい女判定されるのです。
あなたの行きたい場所、したいこと、彼にどんどん伝えてみてくださいね。
男子は従順な女子が好きですが、それ以上に魅力的に感じるのは、はっきりと自分の意思を持っている女子。
思い通りにならない女子にほど強く惹かれるものなのです。

交流できる人が彼氏しかいない

連絡も出かけるのも彼氏とだけ。
彼といないと不安になったり、声を聞けないだけで気分が落ち込む。
そのような状態では彼への依存が深まってしまいます。
彼氏としか関わっていない…そんな女性は誰から見ても「重たい女」
彼氏はあなたの生活の一部に過ぎません。家族や友達など他の人との交流も大事にしてくださいね。
一人の人としか関わらないようにしていると、相手を中心に世界が回るので自然と心が不安定になります。
恋愛がつらいものにならないよう気をつけましょうね。

彼氏を長ーく大好きでいるために気を付けること

一人の時間を持つ

彼と良い関係をキープするためにはお互いのプライベートな時間を大切にしましょう。
一人で過ごす時間は趣味などに思い切り打ち込んで、デートの日は存分に楽しむ。
そうやって交際にメリハリをつけると、お互いにストレスが溜まりにくく会えた時間を大事にすることができますよ。
どんなカップルでも、常につながっていると息が詰まってしまいます。
自分のためにも相手のためにも、ときにはカフェでのんびり読書したり、エステに通ったり、一人で過ごしてリラックスしてみてくださいね。

愛情を求めすぎない

「彼氏なんだから毎日連絡してくれて当たり前」「毎週デートしてくれて当然」
そんなふうに彼に愛情を求めすぎてしまうと、相手を追い詰めてしまいます。
関係を長くつづけるためには、愛情を求めすぎないことも大切です。あまり期待されると人は苦しくなってしまうもの。
多くを求めなければ、彼のしてくれたことに素直に喜ぶことができますね。

ほっとできる存在になる

束縛するのではなく彼にとって安らげる存在になりましょう。
誰だって、自分の同行をいつも気にしているような人と一緒にいても安らげません。
彼には彼の仕事やプライベートを大事にさせてあげて、二人で過ごすときには思い切り甘えてみる。
そんなメリハリが大切です。
彼にとって居心地の良さを感じられる女子になりましょうね。

大好きな彼氏と結婚したいって思ったら?

結婚相手として意識させる

手料理を振る舞ってみたり、彼の部屋の掃除を手伝ってあげたり、意識的に家庭的な一面を見せましょう。
「男をつかむなら、まず胃袋をつかめ!」とよく言いますが、好きな人と結婚するにはこれはとても効果的。
男性は美味しいご飯を作ってくれる彼女を手放したくないと思うんです。
「結婚しても美味しい料理を作って、帰りを待っていてくれるんだろうな」なんて妄想させられれば、結婚相手としてのポイントは一気に急上昇。
外見の可愛らしさをキープすることも勿論大事なのですが、交際中に家事スキルもある程度身につけておきたいですね。

自分を磨く

男性が結婚を決意するのは「この子を手放したら絶対に後悔する!」と思ったときです。
彼にとって「手放したくない女」になりましょう。
美容に気を使うのはもちろんのこと、打ち込める趣味を持ったり家事スキルを身に着けたり、自分磨きを忘れずに。
自分が「やってみたい」と興味をもったことを頑張ってみれば良いのです。
あなたにしかない魅力を伸ばしてくださいね。

同棲しない

結婚するためにはまず同棲!と思うものですが、同棲は結婚を2~3年遅らせてしまうケースが多いです。
結婚していなくても結婚しているのと同じ状態になるため、男性は「一緒に住んでいれば彼女はいなくならないだろう」と安心してしまうのですね。
結婚後の制約も社会的な責任もなく彼女と過ごすことができるので、彼氏にとっては結婚するより同棲状態をキープしたほうがラクなのです。
同棲すると段々とお互いに慣れてしまい、恋愛感情が薄れてしまう…彼のお母さん代わりになってしまう…なんてことも。
同棲するなら期間を決めてすることをおすすめします。

まとめ

人を好きになるのは素晴らしいことです。
ただし重たい女にならないよう他の友達とも交流したり、打ち込めるものを見つけることが大切です。
仕事や趣味など、色々な楽しみを持っている女子は、男性から見てとても魅力的です。